FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

スキスキ病にご注意  株取引の塩漬けの原因と注意点

好き好き好き好き好き好き好き好き好き

絶対〇〇株買うううううううう


スキスキ病にご注意を
株式取引をするとスキスキ病にかかる

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スキスキ病は、熱心な投資家がよくかかる病気で、あまりに銘柄研究をしすぎた結果、
一つの銘柄に心奪われて、手放すこともできずダラダラ保有し続けてしまう病気であり、
初期症状は〇〇株って素敵と思い込み気に入った株がすでに時代遅れ(もしくはタイミングが悪い)にも
関わらず、大量に買うことから始まる

スキスキ病は愛情深い人、あるいは所有欲の強い人がかかりやすく、
自分の研究結果買った株に無条件の愛を注いでしまう

その結果、お金を失うという症状を招く
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


同じような病気としてはだめな男に引っかかりやすい病、ほっとけないんだもん病がある

私の経験ではスキスキ病は行き場をなくした所有欲、そして調べた結果の愛情の持って行き場を無くした結果だと
みている


もはやチャートや、直近の売上高の前年度比などではなく自分が調べた時点での「素晴らしい情報」を
もとに〇〇株という自分が一生懸命調べた株に愛情を注いでしまうのだ

その結果、買いのタイミングも最悪、損切りも最悪、なぜかまたナンピン買いという酷いことになる

株式投資は「金儲け」という本質を忘れてはいけない

例えば大きい会社・有名な会社の株を持っていればいい気分だけど、
すでに大きい会社がそこからさらに大きくなることは稀だということだ
平成29年7月14日りばあねっと

気に入ったからといってスキスキ病にかかると、もはや企業の将来性なども目に入らなくなる

スキスキ病は完全に根治するクスリ、治療法は確立されていないが、
最低単位買うことで症状を和らげる事ができると私は考えている

つまり10株とかそういう単位で、損してもあまり痛くない

水準だけ、その株を買うのだ

そして、メインの資金は自分のルールでの取引に使う

スキスキ病はしばしば致命的な判断ミスを誘発する

それは、取引での損失だけでなくプライドの喪失も含む

スキスキ病にご注意を

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック