FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

パンローリング本のおすすめ 〜ジェシーリバモア〜



今回オススメするのはパンローリングのホンダ(オヤジジョーク)。

パンローリングは玉が多めの玉石混交の出版社で、私も何冊も持っている。

今回紹介するのは「世紀の相場師ジェシー・リバモア」である

 ribamoa-image-2.gif
ジェシー・リバモアは20世紀前半アメリカを代表する相場師の一人であり、1929年の大暴落の時にも大きな富を得た。彼の伝記である。


 彼は、未成年の時に実家を離れ、自らの力で生活を始めた。彼の父はニューイングランドで農民をしていたが、
こんなことしていても幸せにはなれないと若き日のリバモアは考えたのだ。
 それから、かれはマフィアの経営する株を対象とした賭博場で投機をはじめ、自らのルールを創りだした。

そして、彼は自らのルールに忠実なときに巨万の富を得て、破った時にすべてを失った。

リバモアは何度も破産をしたが(つまり全力信用取引)、すぐにルールを再構成し、再び蘇った。
彼はいい車に乗り美女を愛し、フロリダでの釣りとヨットを好んだが、最後の破産の後、彼はある事件をきっかけに
再起する希望を失いそして…
おすすめである。






 おすすめ記事一覧

シドニアの騎士で発見したおもしろシーン シドニアの騎士面白いです

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww

財務について学びたいならこの3冊を読むこと

スタバで飲むコーヒーのまずさよ

富を生み出してきたのは新しい産業であって評価しつくされた古い産業ではない ハイテクの妙味

ALSOKが政府と結びつき始めた時代の変化、民営刑務所の恐怖 (警察国家へようこそ、政府は貴方を監視するし拘束する)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック