FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本破滅へのフラグ来た  原発

日本を終わらせるフラグをたてに来た日本原電

茨城県の原発を20年さらに運転するようだ

<原電>東海第2原発、20年延長へ 社長が申請方針表明
11/21(火) 21:18配信 毎日新聞
<原電>東海第2原発、20年延長へ 社長が申請方針表明
東海第2原発(手前右側)=本社ヘリから長谷川直亮撮影
 日本原子力発電(原電)は21日、運転開始から来年で40年を迎える東海第2原発(茨城県東海村)の運転期間の20年延長を原子力規制委員会に申請する方針を表明した。延長申請は関西電力の3基に続いて全国4基目で、事故を起こした東京電力福島第1原発と同じ「沸騰水型」原子炉の延長申請は初めて。


当然だけどこれはやばい、というかフラグ立ちすぎだ

南海トラフ巨大地震で中部電力の浜岡原子力発電所とこの東海第二原子力発電所は恐ろしく大きい津波に襲われるリスクが有るにも関わらずろくに安全対策は取られていない

平成29年11月21日23時49分

原発のように危険な建築物をこんな海岸線に作ったというのがそもそもの間違いで、
これはすでに津波によって試された福島第一原発第二原発を始めとする太平洋側の原発はすべて高リスクだ

日本政府は日本には数百年に一度大地震が起きるのに、むき出しの場所に原発をたててしまった

本当なら津波被害を受けにくい東京湾の最深部が一番原発に向いている(船橋とかよいよね)

私は原発のような損害保険にすら入れないような発電方法に反対だ

結局原発は電力会社のものであり、電力会社の金儲けの為に数万人〜数十万人が健康被害や経済的損失を受けるリスクを引き受ける道理はないのだ

静岡の浜岡原発と茨城県の東海第二発電所がトラブって放射能汚染が広がったら首都圏と太平洋ベルトの産業地帯が死んじゃう

茨城県から三重県までの太平洋岸に原発を配置するのは日本にとっては自分の心臓の横に針を埋め込むようなものだ

停められるものならとめたほうがいい
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック