FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

TOPIX強いな、26年ぶり高値

8日の東京株式相場はTOPIXが小幅に続伸し、26年ぶりの高値を付けた。日本企業の収益力向上を評価する買いが根強く入り、午後の取引で持ち直した。上期営業利益が計画から上振れたバンダイナムコホールディングスなどその他製品株が高く、業績へのアナリスト評価が高まったロームなど電機株も高い。
  半面、米国の長期金利低下や為替のドル安・円高推移は重しで、銀行や保険株など金融セクターは終日軟調。主要株価指数の移動平均乖離(かいり)などテクニカル分析上の過熱感も投資家心理の底流にある。
  TOPIXの終値は前日比4.31ポイント(0.2%)高の1817.60。リーマン・ショック前の2007年2月に付けていたバブル経済崩壊後の高値(1816.97)を10年ぶりに更新、1991年11月以来の水準を回復した。一方、日経平均株価は23円78銭(0.1%)安の2万2913円82銭と5営業日ぶりに反落。


日本株弱すぎやろ

日本株上がっていると言っても海外のハンセン指数やナスダック指数と比べたらあんまよくない

年初来だと遅れを取っている
2017年11月8日TOPIX

やっぱ中国やアメリカの勢いを受けているだけなんかなぁ(´・ω・`)

株式市場では株価を上げるためには「材料」が必要だ

例えば増収増益のニュースや経営者の入れ替わりや新製品の発売、新しい受注、店の前に並ぶ熱狂的なファンのお客の写真、などだ

それには「注目」を浴びていることが大事でテレビや雑誌を始めとするマスコミに』取り上げられる事が大事だ

やはり注目されていないと機関投資家意外の人は気づかないから買ってくれない
<日本市場から逃げ出すガイジン>
日本市場がダメなのは日本取引所(つまり東証の親会社)の経営陣が無能過ぎて、日本の株式市場に、
世界の投資家の目を引きつけることができていないのだ

その証拠に上場している外国籍企業の数も東証ではバブル期に比べ激減している

ネスレやヒューレットパッカード、そしてなによりアップルコンピュータも以前は東証に上場していた時期があったのだ

が次々と逃げ出した
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東証で上場廃止となった外国企業[編集]
1991年[編集]
Kマート
ロンロー
1993年[編集]
ウェイスト・マネジメント(1993年6月30日)
ファースト・シカゴ(1993年6月30日)
ジョージア - パシフィック コーポレーション(1993年6月30日)
エスシーイーコーポレーション(1993年6月30日)
カナダロイヤル銀行
ディクソンズ・グループ
ベルサウスコーポレーション
ワーナー・ランバート
1994年[編集]
ヒューレット・パッカード(1994年3月31日)
ホスト・マリオット・コーポレーション(1994年5月31日、9772)
フォーリン・アンド・コロニアル(1994年11月30日)
スコット・ペーパー(英語版)(1994年12月31日)
ブリティッシュガス(1994年12月31日)
1995年[編集]
カナダコマース銀行(1995年1月31日)
スタンダードチャータード銀行(1995年1月31日)
ゼネラル・エレクトリック(1995年6月30日)
ロックウェル・インターナショナル(1995年10月30日)
ウォルト・ディズニー・カンパニー
1996年[編集]
バンク・オブ・アメリカ(旧、1996年3月4日)
シアーズ(1996年5月19日)
エクソン(1996年12月27日)
1997年[編集]
AT&T(1997年6月29日)
アルキャンアルミニウム(1997年12月13日)
アンハイザー・ブッシュ(1997年12月30日)
テキサス・インスツルメンツ
1998年[編集]
オクシデンタル・ペトロリウム
ケーブル・アンド・ワイヤレス(1998年8月21日)
ダイムラー・ベンツ(1998年12月23日)
3M
1999年[編集]
マクドナルド(1999年5月19日)
2000年[編集]
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(2000年12月15日)
2001年[編集]
BSCH(2001年1月1日、8654)
ネスレ(2001年3月27日、2960)
2002年[編集]
クレディ・スイスグループ(2002年11月29日、8653)
2003年[編集]
イーライ・リリー(2003年4月21日、4857)
2004年[編集]
プロクター・アンド・ギャンブル(2004年5月7日、4852)
コメルツ銀行(2004年5月29日、8644)
アップルコンピュータ(2004年12月25日、6689)
2005年[編集]
IBM(2005年5月6日、6680)
ペプシコ(2005年5月19日、2953)
モトローラ(2005年7月25日、6686)
2006年[編集]
ダイムラー・クライスラー(2006年7月28日、7663)
ナショナルオーストラリア銀行(2006年9月10日、8637)
ドイツ銀行(2006年9月29日、8651)
2007年[編集]
ボルボ(2007年3月23日、7652)
ウエストパック銀行(2007年7月13日、8641)
ヘンダーソン・ランド・ディベロップメント(2007年7月20日、8990)
フォルクスワーゲン(2007年12月21日、7659)
2008年[編集]
バークレイズ・ピーエルーシー(2008年6月28日、8642)
ビーピー・ピーエルシー(2008年8月1日、5051)
ザ・ボーイング・カンパニー(2008年8月15日、7661)
アジア・メディア・カンパニー・リミテッド(2008年9月20日、マザーズ 2149)
バイエル・アクツィーエンゲゼルシャフト(2008年12月5日、4863)
アルカテル・ルーセント(2008年12月19日、6687)
ソシエテ・ジェネラル(2008年12月19日、8666)
トロント・ドミニオン銀行(2008年12月20日、8640)
2009年[編集]
BNPパリバ(2009年4月28日、8665)
2010年[編集]
エイゴン・エヌ・ヴイ(2010年3月27日、8689)
ユービーエス・エイ・ジー(2010年4月16日、8657)
ドイツテレコム(2010年7月15日、9496)
2011年[編集]
テレフォニカ・エセ・アー(2011年12月25日、9481)
2015年[編集]
ジェー・ピー・モルガン・チェース・アンド・カンパニー(2015年4月26日、8634)
ポスコ(2015年12月14日、5412)
2016年[編集]
シティグループ・インク(2016年8月29日、8710)
アキュセラ・インク(2016年11月28日、4589)
ザ・ダウ・ケミカル・カンパニー(2016年12月8日、4850)
2017年[編集]
バンク・オブ・アメリカ・コーポレーション(2017年5月1日、8648)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どうだろう?錚々たる一流企業の株が東証で以前は買えたのだ

フォルクスワーゲン、IBM,ペプシコ、シティグループ、みんないなくなっちゃった

これはつまり日本の東証が外人からスルーされているのだ

だからめぼしい世界レベルの企業は東証を必要ないと考えている

そして、さらに言うと上場企業がそうなのだから当然証券会社も東証から逃げ出していった歴史がある

何しろ日本株が冴えないから売り込む株がないのだ

だから日本に事務所置いとく理由がない

するとこうなる

日本株弱い→日本株を外人買わない→日本に上場するメリット減る→外国の証券会社の日本勤務者減る→海外に宣伝してくれる人が減る→日本の株式市場弱くなる→株価下がる→日本企業の時価総額下がる→研究費だせない→日本株弱い

まさに負のスパイラルですやんかいさ


<無能な東証と天下り>
エクソンとかプロクター・アンド・ギャンブルとかが逃げ出すのを手をこまねいていたのが東証だ

株価上がらないとか嘆く以前に東証無能過ぎる

ちなみに今の日本取引所の会長は当然財務省からの天下りだ

津田広喜
北海道天塩郡幌延町出身。

北海道天塩高等学校、東京大学法学部を経て、1972年大蔵省入省。

2007年7月10日 - 財務事務次官
2008年7月4日 - 同退任。後任は杉本和行主計局長。財務省顧問就任。
2008年9月 早稲田大学大学院公共経営研究科教授(~2013年8月)[1]。
2011年 三井住友海上火災保険株式会社顧問、格付投資情報センター顧問[2]
2013年 三菱重工業株式会社取締役、株式会社大和証券グループ本社取締役[3]
2014年7月 岩田合同法律事務所特別顧問[4]
2015年6月 株式会社日本取引所グループ取締役会議長[5]



ほんと馬鹿みたいだ

何故かと言うと証券取引所の会長なのに証券会社で働いた経験がないのだ
これはどういうことかというとサッカー協会の会長が歯医者みたいなもんだ
つまり畑違いといっていい

本当ならグローバルに活躍した人になってもらうのがいいと思うんだけど、
例によって天下り

天下り官僚にいいたいのは「断れよ」ということだ

あいつらなんでもホイホイ引き受けるwww

ほんと節操がない

<新産業を興さない日本政府>
株価を上げるには未知の産業が必要だ

未知の産業とはつまり新技術や新製品のことで、評論家やアナリスト、取り引き参加者の想像の範疇外の産業だ

未知の産業はしばしば株価の恐ろしい上昇を引き起こす

なぜなら業績を予測できないからだ

例えば運輸業や石油採掘は大きなトレンドで動くが、株価が予想外の動きで成長することはあまりない

しかし未知の産業は別だ

誰にも(経営者にすら)未来を予測できないから、株価が上がりやすいのだ

例えば3Dプリンタとかどうだろう?
こんご成長するのはわかっているけど実際にはどこのメーカーが勝ち抜くか未だ未知数だ

しかも日本中にたくさんある運送屋と違い、未知の産業はライバルがほとんどもしくは全く存在しないことが多々ある

つまり無人の野を行くが如く成長する事がある

円安ゆうどうして好景気になるなど考えるな、新産業を興せ

そうしなくては株価を上げることはできない
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック