FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ひょっとして罠か?

株価が上がる

株価は上がる

私は怯える

この株高は政府による経済の好況の演出ではないのか?と私は怯える

昨日書いた通り国内の個人投資家も法人も日本株を買ってない

証券会社の自己取引と海外投資家が相場を作っている

これほど株価は上がっているのに新時代を予感させる企業と産業クラスターが発生していない
牛 2017年5月5日

そこが怖い

日本経済を牽引する産業が勃興してこないのだ

電子部品関連が上がっているがこれもアメリカからの影響を受けているだけで後追いしているだけにしか見えない

この「かりそめ」の株価高を利用して「よからぬ」法律や政策を実現されることが怖い

実際悪いことをしようとする時自民党はせっかちになる

振り返ると郵政民営化や最近のTPPの国会でのせっかちな行動が思い浮かぶ

一方、本当に国民のためになることはゆっくりかもしくは放置しがちだ

つまり自民党が急ぐ時は国民に対してよくないことをしている最中なのだ

自民党はせっかちな時に売国政策を企てる

現在の株価の裏を見逃してはいけない

今はブルなのかキャトルなのかオックスなのか考えて見るべき時間だ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック