FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

厚生労働省また無駄な金の使い道を思いつく

2017101814105917a.png
私たちの税金を食い物にする厚生労働省がまた私たちの税金を無駄遣いする方法思をいついたようだ

それがお仕事アドバイザーだ

これは履歴書の書き方や自己分析のやり方等を厚生労働省から委託された企業が就職希望者に対して指導することで失業者を減らそうとする試みだ
2017101814191201a.png
仕事アドバイザーのホームページの最後のほうに書いてある


当事業は厚生労働省の委託事業です

これこそ厚生労働省の金の無駄遣いを意味している

なぜならこのお仕事アドバイザーでは求人情報を教えてくれないからだ

そのためいくらここにお金をつぎ込んだとしても無職者の就職につながるわけがないのだ

ちなみにこのお仕事アドバイザーの委託事業はマイナビが引き受けている

マイナビはリクルートや電通などと並んで潰れて欲しい企業上位ランキングに入っている

株式会社マイナビ(Mynavi Corporation)は、就職・転職・進学情報の提供や人材派遣・人材紹介などを主業務とする日本の大手人材広告企業である。また、同名のブランドで人材情報サービスのポータルサイトを運営している。

思うんだけどエン・ジャパンとかマイナビとかリクナビとか人材広告企業が増えてきた頃から日本はおかしくなったように感じる

いつの間にか就職活動が「しきたり」になってしまっているような気がするのだ

求人広告を出すインターネット企業が発達するにしたがって私たちの人を見る目は衰えていく一方だ

本来であれば使えそうな人を探し出して雇うための求人広告のはずなのにいつの間にか学歴フィルター住所フィルターそれから顔のフィルター等で濾過しまくっている
その結果としていつの間にか優れた人を採用したいはずなのに企業は「普通の人」を雇おうとしてしまっている

SPIや作文でそして本当に優秀な人を採用できるのかどうか私にはわからない

だから歴史上で偉大なことをした人たちが果たして人格も優れていただろうか見た目も優れていただろうか?そう思うのだ

しかも志望動機を履歴書に書いて自己PRを履歴書に書いているにもかかわらず何故か面接の時にももう一度聞いてきたりするわけわからないことが実際ある
そこに書いてあることが全てだろうと私は思うんだけど日本の就職活動のしきたりではそうなっている

じつに面倒だ


そのくせそこでする仕事の内容については全くと言っていいほど教えてくれない
なぜならたいした仕事ではないからだ

そうつまり今の日本ではたいした仕事でもないくせに大げさな志望動機と優れた自己PRを求めている

その求められる水準に対して就職希望の人たちのテンションはもうついていけないのだ

以前書いたように宇宙飛行士や戦闘機のパイロットなど楽しい仕事であれば給料が低かったり待遇が悪くてもやりたい人はたくさんいるし実際、火星移住計画で二度と地球には帰って来れないような酷い計画でも応募した人は世界中でたくさんいた

もし今の日本で求人票を見てみるとわかるがあんまり夢がある仕事はない

九州のハローワークで見られるような仕事なんてたかが知れていてルートセールスや看護師そして買い越しそれからタクシーの運転手に建設作業員などしょぼくれた仕事しかない

どうしてこんな仕事に自己PRや志望動機なんて必要だろうか?

「一生懸命がんばります」一言だけでいいと思うのだがwww

俺をややこしくしているのがエン・ジャパンやリクルートやマイナビのような就職活動のホームページを運営している企業だはっきり言ってリクルートやマイナビのような企業の奴らは全員処刑するべきだ(ポルポトかw)

世の中をややこしくして利益を得ているからだ

そして企業にとっては悲劇的なことにわざわざ何百万もお金をかけて就職活動をリクルートやマイナビを使ってしたにもかかわらずリクルートやマイナビで就職活動するような学生は実はあまり働くのに向いていないと言う事実だ

何故かと言うとリクルートやマイナビの仕組みの中では一部の人たちに内定が集まる、スクリーニングをかけるから仕方ないことだが

だからせっかく「この人は優秀な学生だ」そう考えて内定を出しても内定を辞退されてしまうと言うことになりがちだなぜならその優秀な学生にとってはただの滑り止めでしかなかったからだ

だからまず優秀な学生には逃げられる次に働き始めてからもだがその会社のレベルに合わない優秀な人たちはさらにより良い環境を目指して転職活動始めてしまうだから入社した優秀な人たちにも逃げられる

でもそれは仕方がないことなのだもはや労働者と経営者の信頼関係はかなり危機的なレベルで失われてしまった

さらに言うとこれまで会社に尽くしてきたおじさんたちおばさんたちの忠誠心を企業は評価してこなかったのでそれを見てしまうと若者達は一生懸命頑張ろうと言う気持ちなんて起きない

だから雇用のミスマッチ以前に待遇がミスマッチなのだ
若者はめぼしい企業全部に履歴書を送る

かといってエン・ジャパンやリクルートマイナビを使わないと大学生に企業の存在を知ってもらうことすらできない

こうやって日本は就職活動がしきたりになってしまったのだ

厚生労働省のやってる事は完全に間違いだ

リクルートやマイナビを潰さないといけないので

複雑化してしまった就職活動はもはや個人の力では止めることができない水準に足していて政府の介入が必要だ

日本の事なかれ主義の社会では政府以外にこれを止める事はできない

なぜ複雑化してしまった就職活動が良くないのかと言うと既にその企業内で働いている人たちができないようなマナーを新しい新卒のもしくは求職活動中の人たちに求めてしまうからだ

自民党を選んでいる限り私たちのこの複雑化したしきたりとなった就職活動のめんどくささは解消されない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック