FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

サバイバルゲームで逮捕される アメリカ軍の迷彩服

ミリオタの中には土日や休日を使ってエアガンを使ったサバイバルゲームを楽しんでいる人も多いはずだし、アメリカ軍や自衛隊やドイツ軍が使っているようなアイテムを集めるのも好きな人が多いはずだ

しかし今回はそんな皆さんに私から警告をしたい

日本国内でアメリカ軍の迷彩服を着ていると逮捕される恐れがある

本物とか偽物とか言うことでは無いアメリカ軍風の迷彩服を着ていても逮捕される恐れがある


この法律だ

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定の実施に伴う刑事特別法(にほんこくとアメリカがっしゅうこくとのあいだのそうごきょうりょくおよびあんぜんほしょうじょうやくだいろくじょうにもとづくしせつおよびくいきならびににほんこくにおけるがっしゅうこくぐんたいのちいにかんするきょうていのじっしにともなうけいじとくべつほう、昭和27年5月7日法律第138号)

つまり普段自民党信者やネトウヨが崇拝をしている日米安全保障条約が根拠になる



第一章 総則(第1条)
第二章 罪(第2条―第9条)
第三章 刑事手続(第10条―第20条)


第2章の第2条から第9条まで、および第3章の規定のうち罰則規定のある条項は、特別刑法としての性質を有し、「合衆国軍隊」に関連する刑罰を規定している。

(合衆国軍隊)施設等侵入罪
(合衆国軍事裁判所関連)証拠隠滅等罪
(合衆国軍隊)軍用物損壊等罪
(合衆国軍隊)機密等侵害罪
(合衆国軍隊)制服等不当着用罪←これ

第9条 (制服を不当に着用する罪)
  正当な理由がないのに、合衆国軍隊の構成員の制服又はこれに似せて作つた衣服を着用した者は、拘留又は科料に処する。

(合衆国軍事裁判所)証人等不出頭

10部安全保障条約の中にある制服等不当着用罪と言う罪に当てはまってしまうのだ

もしこれに当てはまってしまうと日本政府はあなたを助けるためにできる事はほとんどないし日本の弁護士もできる事はほとんどない

なぜなら日本ではアメリカ軍に関することが治外法権とされていて日本の警察や司法関係者は手出しできないようにアメリカ軍に従属させられているからだ


第3章の第10条以降は、日本の刑事訴訟法に対する特則となっている。つまり、本法に抵触する行為は日本国法ではなくアメリカの「統一軍事裁判法」で処断される。

合衆国軍隊施設等内での逮捕等の身柄拘束処分、捜索・差押・検証は、合衆国軍隊の同意またはそれへの嘱託で行う。
合衆国軍隊構成員・軍属が、合衆国関連の犯罪・公務執行中の犯罪に関して逮捕された場合には、第一次裁判権を有する合衆国軍隊に身柄を引き渡す。
合衆国軍隊による逮捕者の引渡し
合衆国軍事裁判所への証人等の出頭義務・捜査機関の証人等の勾引協力
合衆国軍事裁判所への捜査機関による証拠等提出
日本法以外の刑事事件に関する日本の捜査機関による捜査



サバゲ等でアメリカ軍の迷彩服を着ている状態で捕まるとアメリカの軍事裁判所に送られてしまうな

この場合日本側にできる事はほとんどない

身柄が引き渡されてしまうからだ

今まで逮捕者はいないようだが、今後北朝鮮情勢が緊迫してくると逮捕者が出てくるとも限らない

なぜなら戦争状態の二国間において制服は敵と味方を見極めるための重要な目印で関係ないのに着ていると言うのは国際法違反になってしまうからだ

だからアメリカ軍の迷彩服を着てはいけない

でも武装親衛隊は着てもいいwww

ホロコーストはどうなんだと言う思いはあるんだけれども法律上違反ではない

これはおまけ情報だが東南アジアのタイ王国では軍人じゃないのに迷彩服をきると3ヶ月以上5年以下の懲役を受けることになる法律がある

とにかくアメリカ軍の迷彩服を着たり買ったりするのはやめた方が良い
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック