FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

AbemaTVのコメント欄が気持ち悪すぎてAbemaTVを最近見なくなった 自民党を落として安倍を落とせ

abemaTVの コメント欄のネトウヨがキモイ


AbemaTVは毎日平日夜9時からニュースを流しているスタジオにゲストとコメンテーターそしてテレビ朝日のアナウンサーが並んでニュースに対していろいろ言うのだが

これがとても気持ち悪くて私は普通のニュースが見たいんだけど気持ち悪すぎてちょっとドン引きしてしまう

と言うのもコメント欄でコメント欄がAbemaTVにはある

AbemaTVのコメント欄は特定のジャンルの人たちが大勢いるそれが「ネトウヨ」だ

ちょっとここでネトウヨについて箇条書きで書いてみようこれに当てはまるとネトウヨだ

●ネトウヨチェックリスト


・低学歴である
・田舎出身である(東北四国九州中国地方など)

・アメリカ軍が好きである(アメリカ軍に日本人が数百万人殺された太平洋戦争の歴史は低学歴なので馬鹿なので忘れている)


・自民党支持しているけど自民党の政策についてはよく知らない
・いまだに小泉純一郎のことを正しいと信じている
・いまだに小泉純一郎に親しみを持っている
・普段の言葉遣いは丁寧なのにネット上には過激なコメントを書き込む
・在日米軍は中国への抑止力になっていると信じている
・沖縄の基地は絶対に必要だと信じている
・ Twitterのアイコンに日の丸を使っている
・ Twitterのアイコンがアニメアイコンである
・日本の平和のために沖縄県民が多少不幸になっても問題ないと考える
・友人が少ない
・親族と疎遠
・愛国心があるのに守る価値があるもの持っていない
・日本は優れていると思っている無条件に

ネトウヨが気持ち悪いのは日本の経済状態がこれほどひどくなり日本の国民の人口が老人に偏りつつある高齢化を招いた小泉純一郎はいまだに崇拝しておりなおかつ小泉進次郎をなぜか親しみを持って見ているところだ

しかも不思議なことに財産と言えるような株式や繁華街の土地など価値がある財産をほとんど持っていないにもかかわらず何故か自民党を素晴らしいと考えており自民党の小さい政府のような自分に不利な政策を平然と支持してしまう

とても不思議だ

アベマテレビのアベマプライムと言う番組を見ていて思うのはネトウヨが書き込むコメントの気持ち悪さだ

「安倍さんがんばれー」「今は好景気」
「小泉最高」「小泉時代は楽しかった」
「麻生さん面白い」

ネトウヨときたらめっちゃめちゃ安倍や麻生を崇拝しているくせに実際には安倍や麻生に経済的に虐待を受けている

実際には安倍は大企業の人脈とズルズルだし麻生に至っては麻生ヒューマニーセンターといった人材サービス企業(派遣会社)や実家が経営している専門学校などで国民からの税金を自分たちの私的な学校法人にぶち込んでいるクソみたいなやつなのだ

福岡に生活したことがある人なら麻生専門学校グループ関連の医療専門学校や公務員専門学校等を見たことがあるだろう

だから安倍も麻生もただの寄生虫なのだ

そして国民の目線ではなくて金持ち目線で政治をする

だから派遣社員はまだ存在するし地方の最低賃金は東京よりも100円以上低い

だから本来ネトウヨは自民党から虐待されている存在なのだ

それにネトウヨといっても大勢の人たちはすでに働いているので現在の職場での賃上げが必要だが自民党は賃上げに対してとてもネガティブな意見を持っているなぜなら最低時給1,000円と言う水準にもっていくのが2020年を想定しているそして2020年には日本の人口の3分の1が65歳以上なので経済対策としては当然手遅れである

でもこれには言葉のトリックがあって「平均時給1,000円」であって全国一律最低時給1,000円と言うわけではないのだ

だから例によって九州や東北地方は財政的に冷遇され続けることになる

だから現実から目を逸らすためネトウヨは国防問題とか、
中国韓国がすきである

本当に国防問題の観点で見れば自民党政権の方が中韓に舐められてしまっている

領海侵犯はされるし、サンゴを取られても自民党はほったらかし

自民党の方がクソの民主より国防問題ではクソでサヨクの民主より弱腰なのだ

また、韓国に竹島を占領されててもほったらかしだし、尖閣諸島もほったらかし
尖閣諸島を中国の批判を受けながらも国有化したのは民主党だという皮肉w

ネトウヨ憤死必至の事実w

しかも尖閣諸島を東京都が買うために石原慎太郎がネトウヨから掻き集めた金は未だ金庫の肥やしでなんの有効活用もされていない

野田政権は中国の反日デモを受けても態度を変えなかった

しかし自民党は領海でサンゴ取られてもほったらかしよほど弱腰だ

〜ーーーーーーーーーーーーーーーー

集団的自衛権の議論の無意味さ

なぜなら集団的自衛権と言うものの使うタイミングについて考えてみればいい

日本を攻撃してくる可能性のある国は現在日本の周辺に2つある

中華人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)だ

この2カ国が直接的に日本を攻撃してくる可能性はとても低い何故かと言うと日本は日本海を隔ててとても距離があり九州南部も東シナ海から上海までとても離れているからだ

そのため考えられるのはまず大韓民国つまり韓国を攻撃して南下して済州島そして韓国本土全域を支配下に置いてしまうと言う考え方だ

だが韓国国内には国連軍である在韓米軍基地があり、当然アメリカ軍も南へ下って来る北朝鮮軍と中国人民解放軍を食い止めるために戦う

すると当然日本に駐留している在日米軍も日本国内の基地から韓国国内に対して物資や装備そして兵士の移動を始める

すると、当然日本国が北朝鮮軍や中国人民解放軍に対してサポートしているのと同じ状態になり当然敵扱いされてしまう

だから集団的自衛権についての議論自体が滑稽で北朝鮮軍と中国人民解放軍の場合は議論の必要もなく当然のように戦争に巻き込まれてしまうのだだから北朝鮮や中国人民解放軍の核ミサイルが日本に降り注ぐのは当然だと言える

結局のところ集団的自衛権と言うのはロシア韓国から勧められた場合にしか役に立たない限定的な条件での理屈であると言える

だからそもそも自民党が国防など考えていると考えるのが甘いのだ


ネトウヨがなぜ市民を応援するのかよくわからないそしてアベマTVのコメント欄に自民党応援するようなコメントを書き続けるのかよく分からない

自民党に投票してはいけない

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック