FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

イギリスでインターネット企業に対しての風強まりそう

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国のブラッドリー・デジタル相は11日、ソーシャルメディア企業やインターネットプロバイダーへの課税案を公表した。インターネット上での嫌がらせなどに対応するオンライン安全対策の財源に充てる。
メイ首相や閣僚らは、米ツイッターやフェイスブック、グーグルといったインターネット企業に批判的で、ネット上での過激思想の拡散防止や嫌がらせの被害者支援に向けた取り組みを強化するよう繰り返し求めている。

URRE本社2017年6月28日

それは良い考えだ

かと言うとインターネットサービス企業ははっきり言って社会に対する影響もとても大きいものだからだ

さらに言ってしまうとTwitterやFacebookは本来生活する上で必要ないものがそのため課税したとしても国民に対する影響はとても小さいなぜならTwitterもFacebookも利用料が発生していないので国民はインターネットサービスに課税されたとしても失うものは何もなくFacebookに広告を出しているような企業がちょっと損する位である

現代社会においてインターネットの世界は陸空海そしてインターネット空間と言う 4つ目の世界を 創世している

インターネットの世界が現実に影響与え現実の世界もインターネットの世界に影響与えていく

相互に複雑に作用し合いもはや私たちはインターネットの世界から抜け出すことはできない

だから家に鍵をかけたり監視カメラをつけたりするようにインターネットの世界でも私たちは守りを固める必要があるだからこそインターネットサービスの世界でも生まれてしまう被害者に対してのサポートが必要なのだ

インターネットの世界ではいちどニュースになってしまうとなかなかというかほとんどの場合ニュースは消えないなぜなら大勢の人たちがTwitterや自分のブログそれから自分のホームページなどにその事件に関しての感想書き込むからその事件の関係者はその事件の記憶を背負って生きていかなくてはならない

だからインターネットの世界はリアルタイムが永遠とつながっているのだ

忘れられる権利とか言う裁判が以前あったがインターネットの世界ではおそらく難しいだろう

犯罪者Oさんは自分の起こした事件に対して名前が永遠に残るのだ

だからインターネットの被害者に対しての支援を広く行われるべきだし大きく強く行われるべきだ

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック