FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

節約を極めた私たちはとうとう自分たちすら節約し始めた

デフレの原因は節約志向の高まりが大きいと言える



いつの間にか私たちは身の回りの雑貨から、口に入れる食品まで外国製になってしまったことを平然と受け入れている

元は人件費から始まった


月400,000とか500,000とかもらっているサラリーマンを派遣に置き換えようと言う節約だ


だから今は工場の生産ラインも銀行の窓口もそれから役所の窓口みんな派遣社員になってしまった

だからいろいろ困ったことが起こる

<コールセンターの恐怖>



例えば私が電化製品のトラブルでコールセンターに電話をかけるするとパナソニックや東芝日立の正社員の人は絶対にコールセンターの電話には出ない
なぜならコールセンター生産性は低い
と考えているからコールセンターの下請け会社に委託しているわけだ



そしてコールセンター会社の人も電話には出てくれない

なぜなら自分たちが出るよりも通話の内容を確認する方が主な仕事だからだ

だからコールセンター会社の人ではなくてコールセンター会社の中に派遣された派遣の人が出る

こうなるとトラブルで困っている私の声は絶対に日立や東芝には届かない

なぜならコールセンターに毎日かかってくる数千数万の通話記録の中の1つに埋もれ

さらにそれをコールセンター下請け会社の人がパナソニックや東芝に都合が良いように「問題なし」に見えるように加工してしまうからだ


それからこういうことがあった

以前街中のコインパーキングに止めた時
間違って自分の駐車している場所以外の料金を払ってしまったことがあり
コールセンターに電話してお金を返してもらおうと思った
するとサービスマンが車で来たのだがなんとお金は返せないと言う



コインパーキングの機械の中にはちゃんとコンピューターが入っていて監視カメラもあるので誰が入れたかどこに入れたかは明白なはずなのだがかえせないと言う

なぜなら下請会社だからだ

コインパーキングの管理会社とお金を集金する会社が違ったのだ

だから私は丸々お金を損してしまった

残念だけど私の怒りの声はコインパーキングの管理会社には届かないなぜなら相手はただの下請けだからだ

人件費の次はものも節約し始めた

ユニクロやその他のファストファッションが出てくる前私たちはシャツ1枚を4,000円とかで買っていた

だけどユニクロで選択肢ができた

みんなペラペラのユニクロやGUのシャツを平気で着ている

私は以前見たGUのシャツはあまりにペラペラすぎて生地がガーゼかと思ったw

思うに私たちが思っている以上に私たちは節約できるのではないだろうか?

食べ物衣類それから雑貨など私たちは節約しようと思えば即座に20% 30%節約できる

家具などもそうだ以前なら私たちは木製の棚を使っていたそれがいつの間にかアルミ製の骨組みだけの棚になりいつの間にかプラスチック製の棚まで出てきた

全てが悪い方に進んでいる感じだ

昔のタンスを見ると1枚板で作られていて重厚な感じだ、それに運ぼうとすると実際重い

そして今治のIKEAの家具を見ると軽い

何故かと言うと表面の上っ面をはいで見ればわかる

IKEAの家具は安っぽいが実際安っぽく作られていて細かく刻んだ木のチップを接着剤で固めることで作られている

言うなればクランキーだあのつぶつぶが入ったチョコだ

私たちは随分安っぽくなってしまったように感じる

いつの間にか私たちは貧しくなっていたのだ

さらに食べ物もそうでスーパーに行ってみるとわかるが外国製の食品が多い

もちろんモーリタニアで取れるタコのようにそこじゃないと取れないと言う食品もいっぱいあるのだが野菜に関してはどうだろうか?

以前私たちは中国産野菜と言うと思わず避けていた

しかし今や時代が変わってしまい中国国内で中国人が作った野菜が日本国内で中国人が作った野菜か位の選択肢しかなくなりつつある

それに実際国産野菜と書いてある飲食店の野菜だって日本で中国人が作っただけの可能性が高い

テレビに出てくる評論家や物の価値を知らない人は常々野菜が高いと言って不満を言うがそれは間違いだ


実際は逆で日本の野菜は多分とても安いと思う

何故かと言うと本当なら計上されるべき人件費を計上せずに野菜が作られているからだ

つまり農家のボランティア的な働きによって野菜が作られており本来ならすべてを時給換算してしまえば日本の野菜はもっと高くなってもいいはずなのだ

私自身の節約の話になるが

私自身は自動販売機でジュースを買う回数がかなり減ってしまった

ちょっと遠くてもスーパーやドラッグストアやホームセンターなどで買ってしまう

それに実際160円のジュースなんて飲めるのは結構ブルジョワだなぁと私は思うwww

またお菓子や食品にしてもそうだが節約しようと思えばどうとでも節約できる時代になっておりその点に関しては私はまだ助かっている方だと言えるだろう

しかし私は今後従来型のスーパーマーケットは間違いなく衰退に向かうと考えている

なぜならさらに安いものを求め始める日本人の経済感覚に従来型のスーパーマーケットがついていけない

さらにサービスを減らしていくかもしくはコンビニ方にシフトして惣菜や弁当に力を入れていくいく事で生き残りを図ることをしないと利益率の減少に歯止めがきかないと思う

今日本人はあらゆる領域で節約をしている

<自動車買い控え持ち家の減少>


自動車の買い換えるスパンも長くなったし住宅も立てずに借りることが多くなった
そして何より生物としての本能は全て子孫すら残さなくなりつつなっている


日本は自分たちの賢さゆえに滅ぶのだろうかそれとも単に愚かなのだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック