FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

昇給なしの会社は毎年貧しく生きづらくなっていくと心得よ

昇給なしの会社は毎年貧しく生きづらくなっていくと心得よ



世界の歴史上のインフレ率は大体毎年2%位らしい

という事は毎年2%昇給がなければ労働者は貧しくなっていく

旦那の会社が昇給がなければ苦労するのは貴女だ

日本の会社では昇給がない会社がとても多い





日本人は失われた時代を過ごしてきた失われた10年とか失われた20年とか言うのがそうだ



だけど実際は世界の基軸通貨(キーカレンシー)であるアメリカドルから見れば円の価値が上がっているので実際の使える可処分所得は増えていた



しかし日本の産業の主軸である輸出産業は製造業であり通貨が安いことを望んでいる

そのためせっかく日本円が高くなりみんなの可処分所得がドル建てで高くなったとしてもその効果が失われてしまう

だから日本人一人ひとりにとっては円高が得で円安がそんなのに円安が円安がいいと言う理論がまかり通る

過去20年ほど円が高くなることで実質的な昇給を得ていたのと同じ日本人なのだが円安を望む自民党が政権を取ると国民は貧しくなる



世界の状況が変わり環境も変わっているのに
いまだに日本円を1ドル120円とかにしようと政府はしている
では良くないなぜなら日本人がせっかく蓄積した日本円の価値を毀損していることになるからだ



日本円を売り介入してしまうと言う政府のやり方に本当に腹が立つ

なぜならその差額は本来なら国民が使うことができたはずのお金であって国民に帰属していて政府の好きにしてはいけないはずのお金だったのだ


日本円が恒常的に円高方向に向かっていくのは日本人が海外へ行く頻度が低いからと言うことが挙げられる

本来なら日本国民が今の中国人や韓国人のように海外旅行して買い物することで日本円の価値が再び円安に戻っていくはずなのに、日本の労働環境がひどすぎて安すぎる給料しかもらっていないし海外旅行に行けるようなまとまった休みを取ることもできない



だから海外でお金を消費することができない

海外で鞄を買ったり免税品店で酒やタバコを買うこともできない

日本人は本当の豊かさを取り上げられて本来の円高分を輸出企業が喜ぶ円安水準にするために円売りドル買い介入をされてお金を取り上げられているような感じだ

そこに来て昇給なしの会社だ

昇給がないって事は2%ずつ毎年貧しくなると言うことだ興味がある人は自分の給料を2%ずつ減らす計算を繰り返していればいい

つまり今の日本で昇給がないで働いている人は日本円の持つ円高傾向によるメリットを生かせないし円高による自分の可処分所得の増加の利益を得られないさらに自民党によって低賃金のまま押さえつけられ自民党が円安に向けるせいで毎年貧しくなっていくようなものなのだ

昇給がない会社に入ってはいけないあなたは毎月貧しくなっていくし毎年貧しくなっていく


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック