FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

保安官にボディーガードをつけろw〜オラの町にに金持ちの保安官がやってきたダニ〜

アメリカは面白い国が時々変わったニュースが流れる

自分の乗っていたバイクにはねられたり、大統領が絶対倒れないはずのセグウェイで倒れたり(ブッシュ大統領のエピソードだセグウェイの電源が入っていなかったから倒れた)というニュースで私たちを笑わせてくれる

今回は新しい保安官についてのニュースだ

バフェット氏の息子ハワード氏が保安官に、人口10万人の町の安全守る
バフェット氏の息子ハワード氏が保安官に、人口10万人の町の安全守る
masami kakuta
2017年9月16日 04:36 JST
Share on FacebookShare on Twitter
人口10万人強の米イリノイ州メイコン郡。この町に資産家の保安官がやってくる。
  ハワード・バフェット氏(62)はお察しの通り、ウォーレン・バフェット氏を父に持つバークシャーの役員だ。2014年9月から人口10万人強のメイコン郡で保安官代理を務めていたが、トーマス・シュナイダー保安官が引退したため、新しい保安官を選出するまでの間、町の安全を守る役割に就くことになった。
  バークシャーの役員として2億ドル(約220億円)を上回る株式を保有するハワード氏はもっとも、株式資産の大半は慈善団体に寄付するという。
  同氏はこの先、さらに重い役割を担うことになる。8月に87歳になったウォーレン・バフェット氏は、いずれハワード氏にバークシャーの非執行会長になってほしいと考えている。メイコン郡保安官人事については、ヘラルド&レビュー紙が先に報じていた。
原題:There’s a New Sheriff in Town -- And He’s Warren Buffett’s Son(抜粋)



ハワードバフェット氏が保安官に就任するそうだ

ハワードバフェットはウォーレンバフェットの息子なので当然ウォーレンバフェットの資産の相続権がある

だから私は危惧している

保安官が誘拐されてしまうと言うような事態だw

何しろウォーレンバフェットが金持ちなのは世界中の人たちが知っているそのため保安官であるハワードバフェットを誘拐して身代金をせしめると言うことを考える奴が現れてもおかしくないw

もちろん不安感であるハワード氏は銃を携帯しているが、油断はできない

アメリカでは警察(ポリス)と保安官(シェリフ)がいて警察は求人に応募するが、保安官は選挙で選ばれる(保安官事務所の人たちは求人に応募)


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック