<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

通貨の変動について注意して欲しい 円高の時こそチャンス

アメリカ株と日本株の違いはなんだろうかと考えたときに取引する通貨が違うと言うことが1番最初に挙げられる

日本株は私たちが普段使っていたり給料として受け取る日本円で買えるけどアメリカ株はそうはいかないアメリカドルじゃないと買えない

そしてアメリカドルと日本円は兌換通貨ではないので、金や銀などの貴金属の裏付けを持っていないだから毎日毎日通貨先物取引ではドルと円は毎日取引されてその価値を変動させているのだ

ドルと円の歴史についてはここでは省くが、日本企業はいつも円安のタイミングで海外投資をしてきた

本当は円高の時期に買い、で円安に触れると為替差益が出るのにだ


決断スピードが遅いのかそれとも損がしたくてそうしてるのかわからないが

私たち個人投資家はそんな事をする必要は無い
個人投資家は円高の時期にこそアメリカ株ベトナム株中国株を買うべきで110円=1ドル位の水準でアメリカ株を買うのは私はあまりお勧めしたくない

私自身もどちらかと言うとスイングトレードをしている

仮にここ数日の間に 110円水準でドルに変え買った株で利益は20%出たとしても再び日本円とドルの比率が変動し1ドル90円などになってしまえば何のためにリスクをとったのかわからないような状況だ

私は「材料」が必要だと考えている

これは今後の株式市場の先行きの支えになるようなニュースであったり政治環境の変化などだ

アメリカ株式市場は今強いが、先行きを危惧する声もある

私はエリオット波動分析だと第5波だと思っているのだけれどもう正直よくわからないw

しかし円高になった時こそチャンスだと分かっていれば何の心配もなく待つことができる
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック