FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

北朝鮮の核ミサイル攻撃が懸念されるときには、避難所へ行ってはいけない

北朝鮮ミサイル平成29年8月23日
避難北朝鮮平成29年8月23日1


北朝鮮の危機が迫る中、日本各地で避難訓練が実施されている





しかし私は日本の備えは万全でないと考えているので
みなさんに警告したい


核ミサイルが撃たれたらむやみに避難所へ向かってはいけない




なぜ避難所へ向かっては行けないかというと、日本の自治体が指定する避難所の多くは、
戦争下にはなんの防護も得られず、単に市民の全滅する可能性を煽るだけになりがちだからだ




まず公園や広場は上空からの攻撃に無防備で、最低限の防護ももたらさない
そのため、運動公園や広場に集まるのは、自殺行為もいいところだ




しかも酷いことにその場でうずくまれとかいう指示を出すような訓練も有る


また体育館や学校に集めようとする行政の判断は間違いだ日本てすぐ集めようとするけど正しいとは限らない時もある



なぜなら体育館は柱の数の都合で、爆風により圧壊してぺしゃんこになるおそれがある
その為、せっかく逃げ込んだ場所で生き埋めになる可能性が高いのだ



また、体育館、学校は採光やデザインの都合で、窓ガラスが多く、核ミサイルの爆発の光(熱線)から逃れることができないし、吹き飛んだ窓ガラスが避難者の全身に突き刺さることになる可能性が高い



なにより、体育館や学校まで移動する事自体があり得ない




撃たれる可能性が高まり次第、市街地から離れるべきなのであって、
市街地にとどまっていれば死ぬ可能性が高いからだ

コンクリートと数十センチの土で防護された場所にうずくまるべきだ





新潟県燕市の避難訓練では、水路のコンクリートトンネル部分に隠れているが、これは「次善の策」としては
なかなか良い方だと思う

しかし動画を見てもらえばわかるが公務員てみんな平和ボケしたような顔してるよねwww

とは言え、燕市を北朝鮮がわざわざ攻撃する可能性はほとんど0(ゼロ)に近い

せいぜい上空通過中に何らかのトラブルでミサイルが分解する時くらいだww


また、公園は屋外だから危険だ

むき出しになるのはやばい


なにより風圧で体が吹き飛ばされて、樹木の枝に突き刺されるという恐ろしい目にあう可能性があるのだ

特に自治体が好んで植えるイチョウやケヤキは丈夫な枝をつけるので、核ミサイルの爆風で吹き飛ぶと
ミサイルの爆風で体が簡単に「刺さる」ことになる


当然消防隊は核爆発によるEMP(電磁パルス)により通信機も車両も破損しているから、助けには来れない

なにより、核爆発後のエリアに進んで入ってくるアホはなかなかいない

だから公園へ向かうのは辞めた方がいい


また、避難訓練動画を見ていて思うのだが「ウンコ座り」では核爆発から身を守れない

なぜなら「爆発」を見ようとすると核爆発の恐ろしく強い光で「失明(運が良ければ一時的なもの)」する可能性があるからだ

もちろん「核戦争」という「ビッグイベント」を自分の目でリアルタイムで見たい気持ちはわかるが、そこはやはりうつ伏せで寝て、やり過ごすほうが正しい

服は汚れるが、背に腹は代えられない


また、よく言われる地下道や地下鉄もパニックに巻き込まれる恐れが高い

【むやみに駆け込んではいけない】


東京や大阪の幾つかの地下鉄駅は恐ろしく長いエスカレーターで降りるような駅があるのだが、混乱状態の中で、
将棋倒しが起きたらと思うと私は恐ろしい





平和な現在でもエスカレーターを駆け上ったり駆け下りたりするアホは多く、
将棋倒しの危険は常にあるしかし政府は規制しない
これがミサイル発射の警報の中だとしたらどうだろう?
おそらく将棋倒しや下敷きになり圧死する人がかなり多く出る可能性が高い
しかも電磁パルスの影響でおそらく電気は止まるので、暗闇の中で身動きが取れなくなる恐れが高い



車両の非常用電源は地下だから生き残るのだろうが、しかし「換気」が止まってしまうためボヤボヤしていると「酸欠」で
死んでしまう

一般的に空気は21%の酸素を含んでいるが、地下では換気あってこそ呼吸ができる

つまり停電した地下では「酸素の取り合い」になる可能性が否めない
換気がないので、とどまることができないのだ


北朝鮮の核攻撃を受けそうな時はむやみに避難所を目指さず、各自で安全な場所を探すしかない

土管の中とか風呂場とかトンネルの中とか、とにかくいろいろだ

間違っても公園の真ん中でウンコ座りしている場合じゃないww


自民党無為無策アメポチ


関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック