FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

キャンプ行ったら案の定「野外焼肉」に成り下がった件

キャンプから帰ったので感想を書く、私が危惧したとおりになった


キャンプ場は市街地から近くのオートキャンプ場

もちろん

キャンプ場は直火禁止



トイレ・シャワーなしでテントサイトとバンガローサイトがあってバンガローの方は、
車でそばまでいけた

で、キャンプしてみたんだが、やはりオートキャンプはキャンプじゃないwwww
兵馬俑2017年4月25日午後10時12分

何だよあれwww

バンガローしか空いてなかったのでバンガローに泊まったのだが、
直火禁止だからよくあるバーベキュー用のドラム缶縦斬りのあれで炭を起こすルールだった
で、上に網を置くと



もうそれって「キャンプ」じゃなくね?

そもそもキャンプて屋外活動全般なんだけどさ、あれで肉焼いて酒飲んだら
もう天体観測も肝試しもする元気なくなるwというかアルコールで足ヨレヨレになっちゃうw



しかも横のサイトの大家族たちが子供が叫んだり走り回るにまかせ放ったらかしにするのでうるさいうるさいwww

そこには火を見つめるような時間もへったくれもなく「野外焼肉」でしかないwww

日本のキャンプ場て直火禁止のとこばかりなので「焚き火台」という金属製の台の上でしか火を起こせない
日本はアウトドア後進国なのだ



くっそ去勢された民族が日本人なのだ

しかも水道と流しがすぐそこにあるってどういうことだよww

便利すぎだろwww

それこそ食材持ち込みの屋外焼肉屋でしかないんじゃ…ww

あのドラム缶縦斬りのバーベキューグリルが良くないのは「生活感」があるところだ

つまり「非日常」はそこにはない

スーパーで買ってきたスーパードライと焼肉セット、ウインナーを食す、これが日本のダメダメキャンプなのだ

火なんて直火禁止なので、着火剤にライターで火を付けて、組んだ木炭の下に差し込み、
うちわでちゃちゃっと扇げばじきに火はつくw

「火がつかねー」とか「薪が足りねー」とかいう悩みはない

炭に火がつかないなら、単に着火剤を足せばいいwww

OTEGARUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUU!

でさ、スーパードライでほろ酔いになり、バンガローすぐ横の水道で汗だくの顔を洗っていた時、
気づいたんだ


こんなんキャンプじゃねええええ

てねwww


まずバンガローに扇風機有るし、照明が蛍光灯ってどういうことだよwww


キャンプは「野外活動全般」だけどさ…これ野外焼肉じゃんwww



他の家族見てたらオヤジは酒でベロンベロン、嫁はペチャクチャお喋りタイム、子供はあっちゃこっちゃ走り回る

だから当然家族の絆なんて深まる余地な~しww

俺は他人の子供のアハハワハハを聞かされてちょーツライ


俺が直火の焚き火を推奨するのは何故かと言うと焚き火て暗いからだ


正直現代人にとっては焚き火の明かりって暗い、だからこそ初心者は1mとかの高さの炎を起こしてしまうわけ、
だけど、暗いからいいまあもちろん周りが他の家族でいっぱいのキャンプ場なら無理だけど、
適度に空いてるキャンプ場だとする

暗いからそもそも子供は遠くで走り回れない、さらに周りが暗くて怖いから自然と親のそばに来る
それに暗闇てなんか怖いから火の方をみんな向く
で、火を前に親子でいろいろするから、親密度が上がるわけ



それは友達どうしても異性同士でもそうで、明るくないから話せる話があるわけ、
蛍光灯ありで、焼肉グリルありで飯食ってたら、日常の延長そのものでしかない


直火の禁止の理由は



地中のバクテリアが死ぬ、黒い灰が残るとか色々あるが、
なら歩く&ゴミ処分も禁止した方がいいと思う

私たちは車や徒歩の異動の間、かなり多くの生き物を踏みつけていると考えて良い、
また、ゴミも燃やした後当然灰になっているのだから、リサイクルを100%にするべきだ

そもそもネット上でよくある「炭は分解されない」という理屈がヘンで、なら地球上は山火事とか野火の度に、炭素原子を炭化物として固定され空気中から失い続けているはずだし、山や草原も少し掘れば以前の山火事の炭の層に当たるはずだがそうなっていない



まあいいや、とにかく野外焼肉はキャンプじゃねえ、そう思ったキャンプだった
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック