<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

<滑稽な日本>日本では焚き火は禁止だけど原発は合法なんだ

友達からキャンプに誘われたので、キャンプ場を検索中



で、気づいたのは「直火禁止」というキャンプ場の禁止事項



何しろ日本では焚き火は禁止されている
禁じられた遊びなのだ

日本人は屋外レジャーからだいぶ昔から遠ざかっているスキー人口もスノボー人口も、
海水浴人口も減少している

理由は明白「危険なものを禁止している」からだ



だから、近所の公園でも球技は禁止、スケボー禁止、飲食禁止、写真撮影禁止、芝生養生の為進入禁止、
もう意味がわからないwwww

特に意味不明なのが「芝生養生のための進入禁止」で、たかが芝生の為に、公園に入れなくなっちゃうのだw



海水浴場も禁止事項は多く、例えば数年前行った近所の海水浴場はほんとの自然海岸だったのに、
まずテトラポットを並べまくり、次に海岸にいろいろな施設を作った
すると、いつの間にか自然海岸は「シーガイア」のプールみたいになってしまったwww





テトラポットを両脇に配置したために、中央部から波が引いていき、遠浅だった砂浜は砂が持って行かれて、深くなってしまった、また、テトラポット付近は泳力が弱い子供が引き寄せられてとても危険なエリアができた

今では毎年どこかから砂を持ってくる

砂を重機で撒くせいで、昔いた貝類は死滅してしまった

その為本当の砂浜

ができあがり、きれいな砂の浜辺が出来上がった

いくら掘っても貝殻も見つからないし、昔いたカニもいない

きれいな砂浜が出来上がった

しかし本来の海岸の景色は失われてしまった

さて、本題に戻ろう

キャンプ場は禁止事項が多すぎる

しかも役所が管理しているというのが最悪の事態を引き起こしている

役所が管理すると、なぜダメなのか、これまでの数々の第3セクターの失敗が私たちに実例を教えてくれる

まず他人の金で運営しているから本気で取り組んでいない
また、自分で「こうしたい」という意見がないので苦情に対応するばかりで、方針がない
次に上手く行っていなくてもどうでもいい
現状維持が目的なので設備投資しない
宣伝しない


まあとにかく役人の運営は最悪の運営形態なのだ


しかもダイオキシンがとか芝生がとかいうくせに焚き火台は禁止していない

焚き火台だったらダイオキシンは一緒じゃんwww

もう意味がわからんよ

キャンプ場なんて名乗るなよ

単なるテント宿泊場とでも名乗ればいい
そうじゃない?
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック