FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

地図を見ればわかるが、日米同盟はアメリカのための同盟だwww 日本列島がアメリカの前線基地になっている

自称保守派の人たちは「日米同盟は必要」「日米関係は日本の防衛に不可欠」といいはるが、



世界地図を確認すると、明らかに日本列島の方がアメリカの「前線基地」になっているということがわかる



そして韓国が前哨基地(敵と向かい合っている前線に最も近い拠点)だということがわかる
2017年8月7日アメリカ

アメリカ軍がいかに強力とは言ってもロサンゼルスから成田空港まで飛行機で11時間はかかるような距離だ

つまり、アメリカ政府にとっては日本と韓国と台灣は最初にダメージを受ける、被害担当艦みたいな役割で、
もし不利なら別に防衛ラインをグアムハワイアッツ島まで下げてもなんの問題もないような距離なのだ




トランプ大統領が勇ましいことを言っても、地理的要素は変わらない

今後北朝鮮が態度を強硬化させていくとしても、日本はパドルを漕いで逃げることができないので、
北朝鮮ミサイルの攻撃をモロにうける場所になるとかんがえられる


とは言え北朝鮮をアメリカは簡単には攻撃できない

イラク、アフガニスタンで懲りてるし、何よりもすぐ横の中国と直接韓国を対峙させると、
何が起きるかわからない

具体的に言うと、韓国と中国が直接陸路で国境を面することで、韓国が中国と経済活動を通じ、友好関係になり、
アメリカから離れていく可能性もあるからだ


実際、長い朝鮮半島の歴史の中で半島の王朝は、中国の皇帝に対してへりくだることで、国の安全を守っていた

だから、北朝鮮が態度を硬化させても簡単には攻撃するわけには行かず、
北朝鮮政府が混乱状態になり、ミサイルを発射するまでは、アメリカは簡単には動けないと私は思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック