FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

人気者の引力

 皆さんは競馬を知っていますか?
 小柄な人が体重450キロ前後のサラブレッドにまたがってするレースに金をかけるあれ、

 ジョッキーを「キテ(騎手)」、調教師をテキ「騎手が引退してからなることが多いため」
というが、彼らには人気者偏向<ここ重要というものがそんざいする。

人気者偏向というのは私のトレードの根幹を占めるもので、
5人以上の人間社会に存在する社会的な行動原理である。
詳しくは心理学の本を参照

ジョッキーたちは中学校卒業後、試験を受け厳しい訓練と減量の末、ようやく資格を手に入れる。
彼らは卒業時点ではあまり大差がない。

しかし、人気者偏向の洗礼を受けることで彼らには大きな差がつく。

まず、最初の時点で勝つべきだ、日本で一番高い山は富士山だが二番目はみんな知らない。



答えは、「北岳」だ、山梨県にある。

勝ったジョッキーは話題になりいい馬があてがわれ、更に勝つ確率が高まる、騎乗できる回数も増えれば実戦回数も増える。そうなれば更に上達し勝ちやすくなる。
そうなればなかなか勝てなかった同期との差はつくばかりだ。
これが人気者偏向の基本だ。
調教師もそうだ、最初に成功すれば人気者偏向の自己強化プロセスに入る。
そうなれば簡単にはその勢いはとめられない。

企業活動でも株の取引でも同じだ、一旦優位に立てばなかなか覆されない。

道端にある自動販売機の会社はコカ・コーラが圧倒的で、次がサントリー、ついでキリンだ、この順位は長らく揺らいでいない。
コンビニはどうか?
セブン-イレブンが圧倒的だ。

ビールは?
アサヒが圧倒的だ。

洗剤は?
花王だ。

ガムは?
ロッテだ。

本当に儲けたいなら1位の会社だけに投資するべきだ。
1位の会社に取って代わるのが難しければ難しいほど魅力的だ。

さらに、一旦株価が動き続けるとただ「人気がある」というだけで株価は本来の株価の妥当な水準より上げ始めるのだ。
そしてその株価は並みの株や平均株価などとはなんの関係もないように上げ続けるのだ。
ソレはまさにサターンロケットとセスナの違いくらいの差だ。

一般にニュースになれば下げると言われているが。
そのような株は論外だ。
あらゆる情報媒体が味方になり、全ては吉報になる。

ipodが登場した時がそうだ、少年誌や週刊誌の読者プレゼントの景品にipod
電気屋のくじびきの景品にipod
引っ越しを申し込んだらipod mini
クレジットカードをつくればipod

まさに他人の金で宣伝してもらっているようなものだ。
APPLEが儲かっているのは明らかで、ipodやiphoneの画面を覗きこんでいるいる人は大勢いた。
なにしろ、iphoneの株価アプリにはAPPLEの株価が登録されていたからきづくのは簡単だったはずだ。

人気があることでニュースに取り上げられ景品になり、まさに噂が噂を呼ぶ状態だ。
勝つことで更に強くなり、強くなることで更に勝つパターンだ。

株の良い点は全く関係のない会社の利害関係者になれるところだ。
今私達がグーグルや三菱商事に採用されるのはとても難しいし活躍もできない、だが株式を買えば「利害関係者」だ

なるべく人気者の産業のそのなかの人気者に投資するべきだ。

そうすれば莫大な富をえられる。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック