FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

株を買うために給料から支出しているようでは投資家とは言えんだろと言う話

オオカミが人に飼われて犬になったと言われている

人間の集落によってきたのか、それともはぐれた子犬が拾われたのか?

よくわからんが、犬は人間の友達である

歯を磨かないと虫歯になるように、習慣が体をつくる

犬はオオカミほど刃が鋭くないし、毛だってゴワゴワしてない、何より目つきが戦い忘れてるような
犬種もいる

チワワなんか野生に放たれたら生き残れるのかよ?って言うような外見してる



でも人間のサラリーマンもあんま変わらないから犬のことを笑ってられないw
市民2017年5月14日今

やはり「人からもらう」と言うのは「野生」を弱体化させてしまうようだ

サラリーマンてなんていうか「依存心」が強い気がするし、ネクタイで自分の首を絞めるし、サービス残業するやつや、休みなのに会社に顔見せに来るやつとかアホアホマンは結構いる


サラリーマンは、投資に向かない

なぜなら「計画的すぎる」からだ
動物で言うとネコ科より犬科だと思う

ネコ科の動物は狩りの時、姿勢を低くして忍び寄ってから飛びかかる狩りをする
一方、犬科のリカオンやオオカミは群れでめっちゃ走って追いかける狩りをする

野生の世界では犬科の狩りの方法でもうまくいくが、投資の世界ではなかなかそうは行かない

何故かと言うと「投資の世界の生産性が低いから」

例えば人通りの多い道路に自動販売機を置いておくと、ジュースはたくさん売れる

自動販売機のジュースはドラッグストアや量販店と違い、定価だが売れる
つまり、人通りの多い地域は生産性が高い

だけど株取引はどうだろう?

たくさんチャートを見ればわかるが、上昇する時は数ヶ月で何倍にもなるが、
その以前は横ばいを何年も続けることもあり、いくらその株を研究しても儲けるチャンスはない

これはヌーが川を渡る渡河地点のそばに住んでいるワニと同じだ
ヌーは数万頭の群れで乾季と雨季の境目に異動をするのだが、
かなりたくさんのヌーが川で仲間に踏み潰されたり、溺れたりして、ワニが手を出さずして死に、
ワニのごちそうになる


株の世界も同じで、周期的な経済サイクルや個別株の値動きで、上下を繰り返す

そしてその時だけは儲かるが、その時期以外は儲からない

つまり「常に全力で追い回す」とか「一定期間ごとに」というやり方は株式市場には向かないのだ

株式市場には儲かる数ヶ月と横ばいの数年が有ることが珍しくない

ホールフーズマーケット平成29年8月4日年初来

私が実際に取引した株であるWFM(ホールフーズマーケット)だ、
ホールフーズマーケットは、オーガニック食品から始まったスーパーで、
健康的な食品を販売しているアメリカの南部発祥のスーパーだ

私が買った理由はトレンドの発生だ

そして上がった理由は「ジャナパートナーズ」という会社のアマゾンへのホールフーズの身売り話の発生だ

これにはいくつかの前兆となるニュースが有った

もしブルームバーグのニュースを見ていればあなたも公開情報で儲けられたはずだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


米アマゾン、ホールフーズ買収を昨秋検討していた-関係者
Spencer Soper、Craig Giammona
2017年4月12日 12:35 JST
物言う投資家のジャナはホールフーズ株式の8.3%保有を発表

ジャナはホールフーズに身売りの可能性を検討するよう促す

米アマゾン・ドット・コムは昨年秋に米ホールフーズ・マーケットの買収を検討したが、実際には動かなかった。事情に詳しい関係者が明らかにした。アマゾンはホールフーズの買い手候補と考えられている。
  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、アマゾンはホールフーズ買収が食料品販売ビジネスの活性化に役立つか検討したという。
  ホールフーズは以前から買収の標的と見なされてきたが、アクティビスト(物言う投資家)として知られる米ジャナ・パートナーズが株式を取得し、身売りの可能性を検討するよう促したことが今週明らかになり、観測が再燃した。アマゾンの担当者はコメントを控えている。
wf3

米ホールフーズCEOが反発、身売り迫るジャナは「欲深い嫌なやつ」


Nick Turner、Craig Giammona
2017年6月15日 13:24 JST
ジャナは今年に入り、ホールフーズ株の保有を公表。同社に対し、業務の見直しや身売り先を探すよう求めている。マッケイCEOは1980年にホールフーズを共同で創業。オーガニック食品を売りに業界大手へと躍り出たが、現在では普通のスーパーでもオーガニック食品が広く手に入るようになっている。ホールフーズの既存店売上高は7四半期連続で減少中。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


もしこの数週間の間ホールフーズを保有しているととても儲かるが、

犬科の動物の狩りのように「ホールフーズはいい株、毎月積み立てよう」などと考えていれば、どうだろう??



2017年4月第2週がジャナパートナーズのニュース発表の時期である
2017年8月5日ホールフーズ

もしホールフーズ株を積立てていたら大損している

ホールフーズは有名な会社だし、とても大きな会社で、優れている点をたくさん持っている会社だ
そして、アマゾンがホールフーズを買収する為に、バンク・オブ・アメリカなどたくさんの銀行がローンを
提供するほど(つまり借金で買ってもいい会社)の会社なのに、株では損する事があるのだ


株式の値動きはたった数日(1週間〜2週間以内のことも)の値動きが、1年間のパフォーマンスを大きく左右することが有る



だから積立てで儲かるようなものじゃないのだ



そこでだ、株取引の時には「株で儲けた金で株を買う」ということを重視してみて欲しい

何故かと言うと株で儲ける能力が有るなら資金が増えていき、次の株を買えるはずだし、
良くない株を手放すことができるということの証明でも有る

「良くない株を手放せる」というのが大事で、儲からないところへダラダラ資本投入しているだけという
無意味なことを避けることができることを意味する行動だ

逆に言うと「含み損の株をもち続けているとどうなるか?」の質問の答えは「いずれ大損する」ということだ

つまり手放すことも、見切ることもできず、動けなくなるのだ




実はわたしが「毎月の給料から株を買う」ことを忌避しているのは、
「目前の問題から目を逸らさせる」という悪影響を与えるからだ

含み損が出ている〇〇〇株が10万円分あるとする
そして次の給料日も節約して10万円分株を買うとする
その十万円は
遊ぶ金を節約して作る

2017年4月7日午前10時31分


すると、今の含み損の出ている〇〇〇株より次に買いたい$$$株の方に目が向き、〇〇〇株を上手にトレードすること
から目が逸らされ、なぜか$$$株の分析に力を入れ、〇〇〇株の悲惨な現状を見ないふりするのだ

そして悪いことにそういう時に限って$$$株が上がるから困ったことになる
〇〇〇株の含み損を$$$株が相殺してくれるわけだ

で、安心してしまう

もはやチャートすら真面目に確認しない、ついに下げトレンドに入った〇〇〇株と下げ始めた$$$株は両方とも含み損を抱える
なんて


さらに10万円分新しい###株を買う

〇〇〇・$$$株は含み損のまま、###株が株価が上がって、〇〇〇と$$$株の損をカバーしてくれることを期待し始める

###株も含み損になる

来月は&&&株を買おう買おうと、すでに現実逃避に入る
忠誠心2017年5月14日


翌月になる

遊ぶ金を節約して株を買ったはずが損しただけになるw


株を始めるときには50万円とかで始めて、規律を持って取引したほうがいいと思う

来月&&&株を買おうと予告するより勉強した方が良いww

シエ

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック