FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

サラリーマンはなぜネクタイをするのか?

サラリーマンはなぜネクタイをするのか?


日本の夏は糞暑い、こんな熱いのに自分の首を自分で絞めるアホな生物がいる




サラリーマン

ネクタイがクソな点はいくつかある

・首を絞めるので夏暑い
・苦しいので緩めるとだらしなく見える
・洗面所で手を洗う時、気をつけないとネクタイの先がびしょびしょになるw
・まどろっこしい付け方をするので、すぐヨレヨレになる
・自分でつけたいと思っている人は少なく、むしろ「無い方がいい」と考えているのに『常識』だからみんなつけている
・シャツの上から締めるので、背中が痒い時、手を差し込んでガリガリ掻くことを邪魔する
・なんの防寒性もない
・なんの防弾性もない
・なんの防音性もない
・ポリエステルかシルクかを見分けて褒めてくれる人はあまりいないwww
・なんのアドバンテージもない
・喧嘩の時掴まれると、相手がとても有利になり、自分は首を持たれている状態になる



ネクタイの由来についてはいくつか有る

ネクタイの起源については諸説ある。 現在のネクタイの原型ができたのは17世紀頃とされる。 ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士(en)がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていたスカーフが起源である、というものがある。
ネクタイ - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/ネクタイ



寒い季節に活動するときには防寒対策が必要だ、温かい防水性があるコート、上等な衣類と下着、そして温かいブーツ、
そしてスカーフだ

首元を温めると温かいしな(´・ω・`)


しかし、私はネクタイの起源は「部下を簡単にぶん殴れるように」という考えが元なんじゃないかと考えている


何でかというと、貴族はネクタイしないからだ

貴族は蝶ネクタイのイメージだwあとはなんかよくわからんヒラヒラのやつ付けてるイメージ

ネクタイ由来2017年8月3日


だから、スーツのネクタイって結局「使用人」の服の象徴なんじゃないかと思う



関連ニュース
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
7月20日、ジャン=リュック・メランション氏率いる左派政党「服従しないフランス」が、ブルボン宮殿(フランス国民議会議事堂)の伝統を揺るがした。同議会での「(男性議員の)ジャケットとネクタイ着用の非義務化」を正式に採択させたのだ。

以来、フランス国民議会はいくぶんシュールな劇場と化している。議員の服装に関する野次合戦が相次いで起こっているのだ。

最新の標的は、フランソワ・リュファン議員(「服従しないフランス」等の支援を受けて6月の総選挙で初当選。ジャーナリストや映画監督としての経歴も持つ)だ。彼のズボンからはみ出していたシャツが、審議中の国会で注目を集めた。

下の動画でも確認できるように、リュファン議員がマイクに近づき質疑を行おうとするや否や、議場の反対側から野次が飛んできた。「おい!シャツはズボンに入れるのが普通だろう!」1人の男性議員がこう声を上げると、続いて共和党のクロード・ゴアスゲン議員が「引っ込め!」と揶揄するように叫んだ。自党の議員が批判にあっているのを見かねたメランション氏が矢面に立ち、「ここはイランではない」と、服装の規定に厳格なイランを例に出してやり返すに至った。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック