FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

都市に必要なのは娯楽(1)

 が旅行で都市部に出かけて不思議に思うのは、喫茶店の多さだ。
 大勢の人がなぜこれほど発展した都市でわざわざスタバコーヒーを飲んで退屈そうに時間を潰すのだろうか?
 ちなみに私はドトールが好きだ(どうでもいい)

 ネット上では都会に住んでいることが現代人のスタンダードのように論じている意見が多いが、
私にはちゃんちゃらおかしい。
 田舎に住んでいる私は退屈なときはいくつでも楽しむ方法がある。
 
 自転車で車の殆ど走らない県道や国道をのんびり走っていると穏やかな充実感がある。
 漁港の岸壁で釣り竿をたれていると心が休まる。
 車で高速を飛ばして大声で歌うと心が晴れる。
 川の堤防でタバコを吸っていると自然にとけこんでいく気分だ。
 高台の公園から自分の住んでいる街を眺めると偉大な人間になった気がする。
 ドライブスルーで買ったモスバーガーをつまみながら海沿いの道を飛ばすと開放感が半端ない。
 個性的な飲食店も多い。
 ギターを夜中に引いても苦情が来ない

都市部ではどうか?結局金である。
 高いワインを飲んでいったいなんだというのか?あんなものラベルに金を払っている味音痴がほとんどじゃないかwww
 なら健康的に走るか?排気ガスとアスファルトの粉塵の中で?
 じゃあ踊るか?タバコ臭とアルコール臭の中で?
 じゃあジムで機械の上で走るか?窓ガラスに移る醜男(自分)を見つめながら
 では買い物でも行くか?でもよほどイケメンじゃなければ服なんてシーズンごとに5着もあれば十分だ
 さあ格安居酒屋の生中(実は発泡酒)で酔おう!!
 その後キャバクラでもいこう、最初の1時間で7000円、相手の女は中卒だけど!
 移動は電車、電車家畜の有蓋貨車、駅は現代の関所だSUICAは家畜の耳票(じひょう:家畜の個体識別用の札)、ちょっと移動するだけで200円300円を払っているのは金銭的な凌遅刑(受刑者が簡単には絶命しないようゆっくり身体を切りつける刑罰)を受けているようなものだ。
 
 こんな環境では子供がグレて当たり前、コーヒー飲んで時間を潰すしかない。
 本当の意味での娯楽が今都市には必要なのかもしれない

つづく
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック