<米国株テクニカル分析>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

核戦争で揃えるものリスト 北朝鮮ミサイルの脅威から身を守る

今回は北朝鮮ミサイルの脅威への対策をまず以前書いたものの再確認を



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

北朝鮮のミサイル攻撃に備えてサバイバルグッズを準備しよう



・ナイフは爪切りや食品の調理、缶切りのオープナー、足に刺さったとげ抜きなどに使える、はさみ、爪切り、包丁はそれぞれは使いやすいが汎用性に欠ける、専用品だからだ、しかし災害時にはナイフを持つことで幾つかのトラブルに対応できる



・核爆発の後には「黒い雨」が降ると言われている、空中爆発した核弾頭が急激に気象を変化させるからだ
黒い雨には多量の放射性物質が含まれるので、それを素肌に浴びてはいけない、だから傘や合羽で身を守る必要が有る
もしこれがなければ被爆により死亡率が急激に高まる
建物内でバスの迎えを待つのは原発事故の場合だけだ、核攻撃の場合は即座に都市部から去らなければならない



・ショベルは穴を掘るためだけでなく武器にもなる、混乱した被災者を襲おうとする犯罪者から身を守るには武器が必要だ、また死者を埋葬するときにも使えるさらに排泄物を埋めるときにも必要だ



・水は飲むためというより体を洗うために使う
くちをすすぎ、顔を洗いあらゆる体の部位を洗い流し放射性物質を洗い流し被曝量をなるべく減らす為に使う
また衛生的な水は非常時には重要になる、あらゆる水道の水は汚染されるからだ
徒歩、もしくは自転車などで爆心地から15km(歩いて3時間ほど)程度まで離れてからシャワーを使い、全身ををくまなく洗う



その後さらに離れてからもう一度今度は徹底的に放射性物質を洗い流す
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



上記は過去の記事の抜粋なのだが、これらの備えは北朝鮮の核ミサイル、中国の核ミサイルの初弾攻撃からの
「初期対応」を想定して考えたものだ

つまり、爆心地から遠ざかり、身を清められるところまで行き、うがいや顔手洗いをするための装備である

軍事に詳しい人の中には「なんで防塵マスクが入ってないの?」という意見があるかもしれない

それは正論だ、しかし私が危惧したのは「他者からの攻撃」「略奪に遭う」という恐れを抱くからだ

バイオレンス(暴力)を避けることが必要だと思ったのだ

国道や県道を歩き、安全な方向までウロウロとあるき始めた時、あなたと家族が防塵マスクをしていると、
どうだろう?

襲われる恐れがあるのだ

治安が悪化し警察などあてにならない環境であなたと家族から防塵マスクを奪おうとする奴らが襲ってきた時、大怪我をする恐れが高い

もちろん上記のリストに従うなら、ショベルを持っているはずだから、無防備とはいい難いのだが、それでも無駄な争いは避けたい

本当は日本国民全員が防塵マスクを装備するべきなのだが…

だから防じんマスクは今回外した

車両が使える場合はエアコンを作動させずに密閉状態で走って爆心地から遠ざかるようにしよう


今回は攻撃を受ける「X-day」以降の生存について考えてみよう

まず生存のため備蓄すべきは塩と砂糖、そしてアルコール類、それから野菜の種子だ

なぜなら食品の中での幾つかの種類の物資は、戦争時には常に供給を政府が管理するからだ

俗に言う配給とか食料統制とか言うやつだ

穀物、塩、砂糖、味噌は政府が流通を支配する可能性の高い物資だ

なぜなら戦闘が始まれば、生産も流通も攻撃にさらされるからだ

日本スーパーマーケット協会によると平均的なスーパーマーケットは平日、一日に2000人ほどの客数を迎える



私の経験から言っても、商品の搬入が2日止まるとほとんどの商品の棚は品切れを起こす

だから生活の基礎となる食品は絶対に確保しておくべきだ
その中で、塩砂糖アルコール類、そして野菜種子を提案したのは「保存が効く」からだ



塩と砂糖は事実上賞味期限がない

食塩は物質的には塩化ナトリウムそのものなので、腐る部分がない、砂糖は黒砂糖などはダメだが、
精製された砂糖は殺菌効果があるので腐らない、これは砂糖漬けが長持ちするのと同じだ



食塩と砂糖があれば、料理に味が無いという自体を回避できる
また、塩分不足による体への悪影響を避けることができる

またアルコール類は「消毒薬」「麻酔用」「物物交換用」を想定している

アルコールには消毒作用があり傷口を殺菌できる、また、骨折や体に爆風で刺さった木の枝などを引き抜く時、
麻酔代わりにベロベロに酔わせてから引き抜くという方法もある
また液体であるアルコールは嗜好品なので、相手に小分けしてほしいものと物物交換できる



なぜタバコじゃないのかというと、タバコは長期保存に向かず、常温保存しても品質の劣化が甚だしく、
保存に耐えられない

野菜の種子は発芽率は時間の経過とともに低下するが、植える数を増やすことでそのリスクを回避できる
私のおすすめは葉物野菜で、液肥さえやればぐんぐん育つのでおすすめだ
また、連作障害も少なく、ビタミンも豊富だ



次にオススメは大豆&枝豆で、とうもろこしと違い、地味な外見なので、
盗難に会いにくい、また栄養不足の場所でも育ちやすく、丈夫なので、周囲から見つけられない場所に植えるといいだろう



玉ねぎや人参は育つと周囲からとても目立つので、植える地域によっては収穫しようとする前に盗難にあったり、
周囲の人たちから「分けてくれ」というプレッシャーを与えられるので、争いの元になる

特に玉ねぎは地表の上で大きくなるので、盗難に会いやすいと思う

前述したサバイバルグッズのショベルは耕作する土地の開墾に役立つはずだ

慣れている人なら備中鍬がいいだろうが、運動不足の人なら、足の力と体重が使えるショベルで、
ザクザク掘り進む方が、体力的に楽だろうと思う

また、農作業時の収穫にはスイスアーミーナイフが役に立つ


殆どの戦争は5年以内で終わる

無事に生き残るには、なんとか徴兵を避けて生き残ることが大事だ

帰還201721時22分
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック