FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

イオンモールはウロウロするアホをなんとかしないといけない

イオンの客の半分は「不要な客」である



何がいいたいかというと「売上に貢献していない客」がイオンには多すぎるのだ



つまり、家族でやってきて、長くダラダラ滞在して、そのまま帰っちゃうという客だ



彼らと来たら買い物しないのにやってきて貴重な駐車場スペースを長時間占有してしまう
さらに、全然買い物をしないし、商品をベタベタ触ったり子どもが落としたりするので、
商品の毀損リスクだけは高まる
さらにスーパー部門で夕飯の材料や、食品を買い物していってくれればいいのに、
そのまま帰っちゃうからまるで売上につながらない



こういう客がイオンモールに一定数存在する

イオンと市街地の違いは自然発生意図的に作られたの違いである

別にこれは老人と若者の違いではないのだ

例えば高校生の若者のグループであってもフードコートで食事をしたり、男性一人の客でもササッと買い物して退店するので、時間あたり売上は良い場合はある

しかしおばさん同士の「見に来ただけ」の客や「ベビーカーを押して散歩代わり」の客、
これらは駐車場の回転を下げるし、店内の床を傷めるし、子どもはわめくしろくなことはない

まずイオンの金儲けのボトルネックは駐車場に有るといえる

通常の市街地では、電車バス、路面電車がひっきりなしに顧客を運んでくる

しかしイオンはその資本力により文字通り「まちづくり」をしてしまう

時計、メガネ、雑貨、衣類、アクセサリー、ファストフード、喫茶店、ペット、自転車、書店、一〇〇円ショップ、
スポーツショップ

たくさんのテナントにより、突如として町が出現するわけだ

そして多くの人は自動車で訪れるので、駐車場の回転率マネジメントこそイオンの金儲けのボトルネックになる

イオンモールの建物から近い駐車場に長時間滞在する客が停めるとその他の客は遠くから歩く羽目になる

つまりいいたいのはこういうこと
「朝からやってくるやつが、早く買い物して退店してくれないと、困る」

こういうこと

何も買わずに滞在されると、その他の顧客の満足度が下がるのだ

イオンモールでは近隣にも駐車場を準備しているが、そもそも田舎の成人たちは、
屋外300mの距離は「歩かない(これはマジ、ぜひ観察してみよう)」

だから満足度が下がるのだ

まあ若者の貧困化と公園不足が悪いんだろうけど、若い母親は子どもたちをキッズコーナーで延々と遊ばせたり、店内を走り回らせたり、売り物のドラえもんの人形をよだれまみれにしているのを放置したりしている



また、無印良品やGUなどでも全然買い物していない

それこそ「見に来た」って感じ

さらにイオンモールって手ぶらで帰るやつがとても多い気がする、カバンの中とかじゃなくてほんとの手ぶら



欲しいものがないのか?それとも金が無いのか…サル2017年5月26日


一つ言えることが有る

九州ではディスカウントストアやドラッグストアが現在大人気で夜中でもお客が多く、
たくさん買い物している

しかしイオンではそれこそGUや無印の袋を持っている人すら少ない

必需品はやすいところで買い、それ以外は控えるということか?(ごめんよくわからん)

とにかくイオンは九州エリアでは値段設定を下げるべきだ
何故かと言うと九州は賃金水準が低いので、イオンでは九州民は気持ちよく買い物できないのだ



同様のことはファミレスチェーンでもそうだ、九州はかなり貧困地域なので、全国チェーン店のガストや
高級なロイヤルホストを利用できなくなっており、自然と九州の地場チェーンのジョイフルが人気をはくしている



ウロウロしに来ただけなのか?買う金がないのか?わたしにはよくわからない

最後にイオンの品揃えだが、全般的に悪い、何故かと言うと中食が多くて自炊する人には選択の余地がないからだ
(これは店内の品揃えの面積の中での調理済み食品の面積の割合を見ればいい)

つまり「家で皿にとり分ける」ものが多くて魚の切り身や肉類の品揃えが悪いというわけだ

これでは主婦の心はつかめない

特に九州のような食文化が細分化している地域では同じ味付けを「甘すぎる」と感じたり「塩辛い」と感じるばらつきが大きい

十把一からげというわけにはいかないだろう

九州ではイオンモールはなかなか大変そうだ、人はいるのになかなか売れない

イオン九州の売上高は毎年前年度を下回っている
イオン九州売上高推移
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック