川に水車つけようや

川の流れを見ていて思うんだけど、なんで発電水車を設置しないんだろ?

もちろん一級河川とかは川幅広すぎてたいへんだが、
2級河川とかならいくらでも発電水車を設置できそうな場所がある

せっかくアホみたいに3面にコンクリートを塗りつけたんだったら水車を付けたらいいのに

日本の今の発電所では、水力火力原子力はどれも発電機を回すことで電力を得ている

そして水力意外の火力発電、原子力発電は発生させた熱でお湯を沸かしてタービンを回すという
クソ回りくどい発電をしている

日本は諸外国に比べると川が多い国だ

しかも高低差が結構あるので流れも早い

なぜわざわざ石油やガス、ウランを使う必要があるのか?

調査して一定以上の速さで流れる川には発電水車をつけるべきだ
流れが遅くても、流量さえあれば直径の大きい水車を設置すれば、
必要な回転エネルギーは得られるはずだ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント