FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

道が広くなる程、繁華街は衰退する (地方の衰退)

 現在の日本では未開の地はもうほとんど残されていない。
 
 北海道の北部および東部くらいか。

 後はこれまで作った道路の維持管理がメインになって来る。
 つまり、交通量の多い道路を片側2車線を4車線にしたり歩道をかくちょうするなどだ。

 そして道路の拡張こそが地域を衰退させる原因になる。
 現代の道路行政は極端に「自動車優先 」になっており、歩行者用の道路は
悲しいほど狭いし、街路樹などが道を塞いでいることも多い。

これはどういうことかというと、行政自体が車での移動を推奨しているということだ。

 岐阜市では路面電車も廃止されている。

 道路が便利になればなるほど人々は「遠くの」エリアに買い物に行くわけだが、結局は国道沿いの量販店やチェーン店に集まることになる。
 そこには通常の商業集積にありそうなサービス業や飲食店の居場所は存在しない。
 例えばネイルサロンだ、小洒落た街がなくなりヤマダ電機やユニクロ、イオン、ホームセンターしかなければ誰がネイルなんかするのか?
 そしてアクセサリー類の店、これはロードサイド店は難しい、なぜならふらっと入る店だからだ。
 そして飲み屋(女性がつくかつかないかは別にして)、車移動が殆どになれば酒類の売上は望めない。おそらくこのトレンドが続くようなら地方ではみんなファミレスで酒を飲むようになるだろう。そしてキャバクラ、スナック等の店は過去の遺物になる。
 本屋も今現在のジュンク堂書店や丸善などの大型総合店は衰退し、TSUTAYA、GEOのようなレンタル店の中に売れ筋の本だけが置かれるようにだけになるだろう。

最後には街には銀行と病院と美容室と郵便局だけが残るだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック