FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

田舎者のみなさん、自民党を支持しても地域間格差は縮まりませんよ

自民党の悪政で貧困が続く最低賃金の引き上げ


<最低賃金>25円上げ 過去最大 平均時給848円
7/25(火) 23:37配信 毎日新聞
 非正規雇用を含む労働者の賃金引き上げにつながる2017年度の最低賃金(最賃)の目安額について、厚生労働相の諮問機関「中央最低賃金審議会」(会長=仁田道夫・東京大名誉教授)の小委員会は25日、全国平均で25円(3.0%)の引き上げを決めた。10月に目安通り引き上げられれば、全国平均で最賃の時給は848円となる。3%以上の引き上げは2年連続。


クソがっ!、ほんと自民党政権はなんもわかってない



地方が過疎化するのは賃金水準が低すぎて、大手の工場や金融機関、公務員など意外は一人暮らしが困難なレベルだからに他ならない



そして地方では、多くの就業者が最低賃金に近い水準で働いており、最低賃金が生活水準を大きく左右している

今回、最低賃金は引き上がる見込みだが、問題は「全国一律」というところだ、つまり、順位はそのままで、少しだけ高い最低賃金水準になる




何も変わらない

結局は何も変わらない

今後も引き続き、地方からの人口流出は止まらない

仮にもし自民党が国民や日本国内の事を考えているのであれば、地方の賃金水準をあげようとするはずだ、
しかし、自民党は絶対に、それを変えるつもりはない




dragon ash - grateful days

なぜなら自民党の議員の多くは世襲議員で、東京生まれ東京育ち、コネで入学、エスカレーターで大学へ通学、コネで形ばかりの就職をする



地方のアホ(以前の私)はなかなか気づかないが、世襲政治家は貴族制の一形態で、自分の地域の代表と思って選んだ〇〇さんの息子は単なる東京人でしかないのかもしれないのだwww
つまり、東京から送り込まれた代官みたいなもんだwww



例えば安倍総理
成蹊小学校→成蹊中学校→成蹊高校→成蹊大学、つまり生まれも育ちも東京そのもの
父親の安倍晋太郎は東京生まれ、その妻で母洋子も東京生まれ
※しかし少なくとも晋太郎氏は山口県で高校までいたから山口県出身と名乗っていいかもしれない

どうなんだろ?果たして山口県の県民の代表としてふさわしいだろうか?

まず考えないといけないのは、山口県民の幸せだ、なぜなら政治家が第一に気にする企業は、
自分が優遇しなくてもカネを受け取った誰かが便宜と忖度するはずだ

だけど山口県民の幸せはちがう、他の地方選出の政治家は自分の選挙区を大事にしようとするはずだ、
つまり、山口県選出の政治家は山口県のことを考えないといけないはずだ

しかし東京生まれ東京育ちの安倍晋三氏にそんなことできるだろうか?

山口県民は、適当なことと、金さえやれば議席をくれる「アホな奴ら」としか考えていないんじゃないだろうか?
なんでかというと「人はなんとも思っていないものを粗末に扱うことができる」からだ



山口県にはなんも愛着もなく、ただの選挙区でしかない安倍首相を「山口県出身」と崇めている
アホ山口県民には、哀れ通り越して、呆れてしまう



地方格差を縮めるつもりはない

この政府のメッセージは大きな意味を持つ

地方の賃金水準を上げないと地方から若者が転出する、と、言うことは地方に住む両親の支払った
食費学費から始まるたくさんの養育出費が、その地方では再生産されないということを意味する



これは農産物における仮想水と同じで、経済学的にはその地域の貧しさを拡大していく

また地方自治体が払った児童への支出(医療費無料化など)も、全て無駄になる


地方からの人口流出が減らなければその地方は衰退するだけなのだ

自民党を信じることで得られるものは、実態のない愛国心だけだwwww
自民党の空虚な政策では経済のトレンドを変えることはできないと思う



平成29年7月14日りばあねっと
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック