FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

クソ自民、外人に金配り歓心を買う  移民推進

日本、若年層支援に10億ドル 国連SDGs会合で表明
7/18(火) 6:50配信 朝日新聞デジタル


日本、若年層支援に10億ドル 国連SDGs会合で表明岸田文雄外相

 米国を訪問中の岸田文雄外相は17日午後(日本時間18日未明)、ニューヨークの国連本部で開かれた持続可能な開発目標(SDGs(エスディージーズ))に関する「政治フォーラム」で演説した。子どもや若年層の教育、保健、格差の是正などに取り組むため2018年までに10億ドル(約1100億円)規模の支援を実施していく考えを表明し



同会合は日本を含む44カ国が参加し、各国が映像や演説で自国の取り組みを紹介した。岸田氏は日本の目標は「『誰一人取り残さない』多様性と包摂性のある社会」を実現することだと説明。日本の地方の技術力で途上国支援を手がけるなど、「市民社会や民間企業など多様な英知を結集させ、具体的なアクションを起こす」と訴えた。



多様性と包摂性



これを望んでいる人が日本に一体何人居るんだろう?



そんなに多様性がいいなら学校でクリスマス行事をするのは信教の自由違反だし、給食で豚肉を出すのはイスラム教信者に配慮できてないからやめような



なにより日本の政治家が日本人ばっかりだからもっと黒人やアラブ人を増やすべきだと思うんだ
さらに自民党世襲議員は全員クビにして多様性に富んだ人たちを議会に入れるべきだよね?



イスラム教の礼拝の時間には他の宗教の人も休憩するべきだし、
新正月も旧正月も祝うべきだよね?



でもさ、思い出してほしい

政府が税金を集めることを正当化できるのは「集めた税金で公共サービスを行う」からに他ならない



こう頻繁に外国人に金を配り、日本人の富を世界に再分配するならもう自民党なんていらないんじゃない?

と、思う

ことわざに紺屋の白袴という言葉がある

布地を染めている人が忙しすぎて自分の服を染める余裕がないと言う意味だ


日本は海外に金を配るのが好きだけど、自国の市民が貧しいなら、陰口で笑われても
仕方がないと思う



思うのだが、移民推進するのであれば議員は自宅のハウスキーパーにパキスタン人やウズベキスタン人、ズールー人の家政婦を雇ってみれば良い



いま「なんで?」と思ったあなた

あなたは「多様性」の理解を深めていない



結局移民推進するということはそういうことで、国籍を限定することはできない



パラグアイ人の配管工、チェコ人の歯医者、ベラルーシ人のセールスマン、モロッコ人の銀行員



もし自宅や職場に彼らが来た時、あなたはどう思うだろう?

もし「外国人だから」という理由で給与や待遇、採用に区別をつけたら即「人権問題」だ

移民推進とはそうなることなのだ

パラグアイ人やコスタリカ人が日本に来るか?

可能性は大いにありうる

なぜならパラグアイもコスタリカも日本人が移民したことある地域のひとつで、条件が整えば、
逆に移民してくる可能性も普通にあるのだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック