消費増税は既定路線、最低賃金の引き上げは前フリ

逃れることができないさらなる過酷な運命が日本人を襲う

消費増税はどうやら逃れられないようだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最低賃金20円超上げへ 2年連続、脱デフレ促す 人件費増、中小は慎重姿勢
2017/6/22 23:43
 2017年度の最低賃金は、2年連続の20円超の引き上げとなりそうだ。昨年度の上げ幅は過去最高の25円で、これを上回るかが焦点となる。引き上げによって幅広い地域や業種で時給が上向く。一方で都市部ではアルバイト・パートの募集時平均時給が最低賃金を大きく上回っている。

 厚生労働省は27日、中央最低賃金審議会を開き17年度の最低賃金の引き上げに向けた議論を始める。現在の全国水準は加重平均で時給823円。

 政府は3月に策定した働き方改革実行計画で最低賃金の時給1千円を目指し、毎年3%程度引き上げる方針を明記した。計画を策定した会議には経団連の榊原定征会長や連合の神津里季生会長ら労使トップも参加しており、審議会でも大きな異論は出ないとみられる。

 ただ、中小企業側からは大幅な賃上げは企業体力を奪うといった意見が強く、労働者側はさらなる引き上げを求める可能性もある。3%「程度」と含みを持たせており、25円とは言い切り難い。仮に今年度も3%の引き上げなら25円増の848円となり、今後も3%ずつ上がれば23年度に1千円を超える計算だ。

 最低賃金の引き上げはデフレ脱却を促す方法の一つとされる。第2次安倍政権の発足後、最低賃金の引き上げ幅は昨年度で計70円を突破した。

 その結果、中小や地方企業などで最低賃金の水準近辺で働く労働者数は増えている。改定後に最低賃金を下回る労働者の割合は00年代後半は2%台だったが、ここ数年で急上昇しており、15年度は9%に達した。

 所得が低い層も生活に幾分余裕を持てるようになり、消費拡大に寄与する。また、賃上げをきっかけに、中小企業などにより生産性を高めるよう企業努力を促す作用もありそうだ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


安倍政権は、最低賃金を上げるが「消費増税の分しか上げない」
その為、今回の最低賃金の上昇は、いいニュースに聞こえるが、実際は消費増税の為のコンセンサス作りの一貫でしか無い

例えば今の賃金水準に対して3%賃上げしても、増税されると賃上げのメリットは雲散霧消してしまう

時給が1000円だとしよう、3%賃上げで1030円になる
消費税はどうだろう?

8%時(現状)
時給1000円のときに税金は現状の80円
時給1030円になったとき、税金は82.4円


3%賃上げされても、税金も比例して上がっているだけで無害に思える

しかし、世の中そう甘くない

安倍政権は一般国民に冷たい政権なので、1030円に賃上げしたら、当然10%に増税する

すると1030円のときに税金は82.4円じゃなく、103円かかる

あれっ?

あんま賃上げ意味ない、しかもここでさらに便乗値上げまでされたら、実質的には賃金が下落してしまう?

えーと、賃金が3%上がって税金が2%上がるわけだから仮計算で1000円で計算すると


          今(8%)ーーーーー→賃上げ(10%)
時給       1000   1030            
時給あたり消費税  74        94


消費税8%の時に手取りの1000円ちょうど買い物しようとすると、税引き926円まで買い物できる
消費税10%の時に手取りの1030円ちょうど買い物しようとすると、税引936円まで買い物できる

つまり、今回の最低賃金引き上げは時給をたった10円未満引き上げるだけの施策になるだけで、
特に祝うべきことはない

週5で1日8時間だと8✕5=週40時間働くことになる、1ヶ月だと、160時間だ


九州、中国地方、東北に関しては、何の慰めにもならず、相対的に貧困化がさらに進むだけのことになりそうだ



九州の福岡以外の最低賃金の今後予測

現状(8%)715円
現状の消費税の最低賃金時給1時間あたりの可処分所得=662円
賃上げ(3%)後736円
消費増税(10%)後の最低賃金時給1時間あたりの可処分所得=669円


今回の最低賃金改正では、最低賃金水準で働くパートタイマー、アルバイト、の賃金の可処分所得がひと月あたり、1100円増加するにとどまる

なんてケチくさい賃上げなのだろう?

これでは景気回復なんて夢のまた夢だし、健康で文化的な生活なんて無理だ
日本奴隷2017年5月21日

まあ自民党政権を選んでしまう市民が悪いんだけどさ…

日本国内については引き続き景気低迷が続きそうだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント