FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

原発のガードがら空き 川内原発は廃炉するべき

スクリーンショット原発

トレードで大切なのはガードを固めておいてから攻撃するということだ、つまり、初心者程インデックに近い投資をするべきで、熟練するに従いアクティブ(能動的)に株を選んで行くべきだ。

だから、本当に大事な資金は国債や定期預金にしておくべきで余裕資金で投資をするべきだ。

実際、ほとんどのアクティブ運用の投信よりも、30日移動平均を超えたら買い、20日移動平均を下げたら売りという初歩的な機械的トレードのほうがよいパフォーマンスを出している。

さて上掲の写真は鹿児島県の川内原子力発電所の正門だが、ガードががら空きなのが一目でわかるだろう、この門をガードしているのは警備のおじさんと監視カメラと正門の移動式の柵だけである、もし覚悟を決め、銃器などで武装した集団が襲ってくればひとたまりもない、実際、3.11以前は原発にはピストル1丁装備の警官1名しか常駐していなかった。
もちろん彼はセガールでもないし、もと特殊部隊隊員でもない。
一般の警備会社の社員の人たちも最近は増員されているが、月20万円でろくな補償も装備もない彼らに命をかけテロリストを食い止めることを誰が期待できるだろうか?
反抗

もちろん、サブマシンガン(拳銃の弾を連続で撃てる銃)をもった警戒部隊もいるにはいるがおそらくライフル(アサルトライフル)を装備してくるであろう相手には威力で撃ち負けるだろう、なぜなら賢い相手であれば防弾チョッキを着てくるからだ。

原発のようなプラントには爆弾など必要ではなく、配電盤や配管を乱射するだけで致命傷を与えることができるだろう。
zbv

さてトレードだが、トレードにおいて、自分の心の中やポートフォリオの中に飛び込んでくるトラブルという名のテロリストはしばしば致命傷を心や記憶に残そうとする。

さらに言えば、そのなにげない一回のトレードのミスが自分のプライドやこれまでの自信を打ち砕きどうすればいいのかよくわからなくなることもしばしば。
なんて

だから、形に残るやり方で、自分の考え方や、トレードのやり方を記録に残しておかなくてはいけない。
そうすれば何が悪かったのかを思い返した時にどこを直せばいいか判断する材料になる。

ガードをかためることも忘れずに。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック