FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

下がったら?「売れ」 今日のハイテク株は軟調 ハイテク株で儲けるで

もう一度ポートフォリオを再確認することをおすすめする

株式のチャート、ネガティブなニュース、属している産業セクターの同業他社の株価、
そして平均株価との比較

長期、そして短期の株式チャートを見ればわかるように、天井圏で1年も2年もとどまるような株式はあまりなく、
天井に達すると短い保ち合いの後下げてしまうことが株式市場では通例になっている

と、いうのも、株式の値動きの天井は、その株式の値動きが上向きの「異常値」を示したところが天井なわけで、いつまでもその水準でとどまってくれると考える事自体が浅はかなのだ

株式投資では、一定期間ごとの利回りを最大化することが求められる、
なぜなら株式市場では誰も将来の株価を保証してくれないし、配当金は値動きに比べれば少なすぎるからだ

私は長期投資家ではないので、ヤバイと見たらすぐ売る、なぜなら株式を持つことが目的ではないからだ

損失は限定しなくてはいけない

昨日はKBホームが新高値を付けていたが、今日は付けていない、
興味深いのは大手3行が新高値を付けているところで、BK(Bank of Newyork)、C(Citi Group)、HSBC、が52週高値を付けている

アメリカ銀行株年初来2017年6月30日


年初来では、S&P500にパフォーマンスで勝利しているのは、CitiとHSBCだけで、JPMもGSもWFCもパフォーマンスがS&P500に負けを喫している

銀行株は強気相場の後期に上がる


私は今の時点でどの株も推奨するつもりはない

ディフェンス株と呼ばれる株も有るが、ディフェンス株で2009年に財産を守ることはできなかった

気になる人はもう一度メルクやファイザーなどの製薬株や食品株、電力株の株価がどう推移したかを確認すると良い
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック