FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

バニラエアが車椅子の障害者差別!?違うww差別されているのは奄美大島の住民と九州の住民だ

障碍者とLCC



LCCは何を切り捨てれば良いのか?

サービス、座席の幅、従業員、航空機

LCCは航空機に関するものを斬り捨てて安く運行する航空会社で、
JALとバニラエアは時期にもよるが料金に1.5倍ほどの差がある(大きいと2倍)

LCCはコストを切り詰めることで安くしている


私は今回の事件のせいでLCCの料金が上がることを危惧している

と、言うのも奄美大島の地元の人たち、あるいは奄美大島出身者で帰省する人たちが、
不都合を受けるからだ


奄美大島は人口流出が続く地域で、その流出の多さから東京や大阪には奄美会と言われる県人会組織が有るほどだ


これ程人口流出していくのは奄美大島の人たちが差別されているからだ

奄美大島の人たちが差別されているから過疎化しているわけだ


厚生労働省によると、鹿児島県の最低賃金は715円

九州は宮崎の714円と福岡の765円以外は715円で統一されている

最低賃金九州2017年6月29日
これが九州が過疎化する原因になっている

最低賃金平成29年6月29日2
東京が932円、神奈川県930円


最低賃金2017年6月29日4
京都府の最低賃金は831円、大阪は883円、兵庫県が819円

このように奄美大島を始めとする九州地方の人たちは差別的な賃金水準を押し付けられており、
自民党政権はいつまでも最低賃金を1000円水準にしてくれない

だから、奄美大島だけでなく、九州地方の住人は差別されているわけだ、
低賃金のせいで、富を築く機会を奪われている

その為過疎化するわけだ

奄美大島の人たちは今回差別された障害者のようにたくさんの国や空港を巡るようなお金を持っていないし、
九州の多くの人たちもそうだ

だから今回差別されたと感じた車椅子の人より、九州の人たちの方が差別されていると言っていい

だからLCCのように質が悪くても「安い」航空会社は九州の人たちにはほんとありがたい

何故かと言うとJALは高すぎてそもそも「乗れない」からだ


だから今回の事件のせいで設備投資の為に値上げされたとすると奄美大島の「普通の」人たちが不都合を受ける

何故かと言うと九州の最低賃金で働いているパートやアルバイトの人たちは
1日8時間週5日のフルタイムで働いて旅行へ行くお金を貯めることはとても難しいからだ

ひと月に12万円ほどしか稼げない人が、不都合を受けるのだ


正直、障害者も平等に扱われるべきだと思うけど、奄美大島の出身者たちが盆と正月に里帰りしたり、
奄美大島の人たちが東京大阪の息子娘に会いに行きづらくなると思うとちょっと悲しい



金銭的な軸で見たときには、障害者のこの人より、奄美大島、九州の人たちの方が国から差別を受けていると言っていい



あくまで私個人の考えだけど、お金がないってのは脚が1本無いのと同じくらい不利益を受ける
例えば新幹線を諦めて夜行バスを選ばざるを得なかったり、路面電車を諦めて歩いたり
自家用車を持てず、原付バイクに乗り危険と雨に晒されてしまったりするからだ



バニラエアが奄美大島の人たちにしてくれていた最高のサービスは「安い航空券」を売ることだった

バニラエアが値上がりしないことを祈るばかりだ

腹立つのがこの障害者が自分は恵まれていると思っていない所だ、
奄美大島の人たちはこの障害者のように各国を巡るお金を持つことができない
それなのにこの障害者は、まるで奄美空港が酷いところのように言っている

しかし、賃金面から言えば、九州はすでに韓国や中国の珠江デルタと差が近づきつつ有るから、
発展途上地域と言っていい場所だ

九州715円
香港約500円
上海月収約38,000円

バニラ・エア株式会社は、日本の格安航空会社 。2011年8月31日にエアアジア・ジャパン株式会社として設立。2012年8月1日に就航し、2013年10月26日をもってすべての便の運航を一時休止した。同年11月1日に商号を現在の「バニラ・エア株式会社」に変更したのち、12月20日から運航を再開した。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック