FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

俺「よし、ホールフーズマーケット株買うぞおおお」 ジェフ・ベゾス「ホールフーズ買うぞおおおお」  資本主義社会怖い

ホールフーズマーケット2017年6月17日

だから嫌いなんだ!資本主義社会!

なんだよ糞糞糞

以前WFM(ホールフーズマーケット)の株を1株だけ買った

私は8証券も使っていたのだが、去年末は手数料無料キャンペーンやってたので、
ウォッチリスト代わりに1株買ってトレンドが発生したら買おうと思っていたのだ

ホールフーズ2017年6月17日午前0時30分

トレンド起きたら買おうと思っていたら

ベゾスにホールフーズさらわれた(鳶に油揚げをさらわれる)

ホールフーズ自体は「意識高い系」のオーガニックスーパーで、有名なアメリカのアニメ「サウスパーク」にも
出てきたことがある

サウスパークホールフーズ2017-06-17
サウスパークは街のジェントリフィケーションのためにホールフーズを誘致した

サウスパーク
一方ウォルマートはこうなった


オーガニックはアメリカの成長市場の一つである

何故かと言うとオーガニックじゃない食品が危険だと、アメリカ人自身が知っているからだ

アメリカの食品は酷く薬品や添加物に汚染されているので、
食べ続けると病気になる

例えば食肉や乳製品はホルモン剤や抗生物質まみれなので
食べ続けるとまだ小学生なのに巨乳になったり、太りすぎて電動カートが必要になる
ヒスパニックの人たちは自炊することを好むのだが移民2世3世は伝統的な料理から離れるので、
太り始め糖尿病にかかりやすくなり足や視力を失う

また、野菜果物も読者ご自身調べてもらいたいのだが、薬剤を使いすぎて「痛まない」ように作られている
例えば日本では果物売り場に行くとジュクジュクに熟れてしまった果物を店員さんが時々チェックして棚から外すようにしている(カットフルーツになる)が、アメリカでは文字通り「ワックス」を使うので長いことテカテカのままだ

「ワックス」は何かというと見た目を良くしたり虫を遠ざけるための薬品のことだ

パンにしても保存性をもたせるために保存料を添加している、山崎パンの比ではないほどだ


また、アメリカの世界的化学企業が作り出す数々の食品添加物の「実験台」にされているので、
全く安心できない環境だ


だからオーガニックは売れるわけ


ホールフーズはテキサス(だったかな?)のHEBというスーパーをパクって成長した企業と言われている

ホールフーズの競争優位はイメージの良さに有るので他の小売業者と一線を画する事業形態だ
もうアマゾンが買うので何言っても後の祭りだが



腹立つのは一生懸命株式を調査しても「( ・∀・)イイ!!」と思ったらこういう金持ちに買収されてしまう所だ
もちろん短期で儲かるという考え方もあるけど株価が上がっていく過程をみたいんだ僕は!


なんか「奪われた」みたいな気分になっちゃう



関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック