FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

金を買っといたほうが良いのか、それともドルを買ったほうが良いのか

共謀罪法案が通ったことは日本にとって大きな変化をもたらすと思う

悪い方でだ

日本は本来テロとは無縁の国だった

と、言うのもイスラム諸国のテロリストから見れば「アメリカの後ろに立って自分の意見もなくアメリカに従属しているだけの無害な国」扱いだったからだ

つまり「いつでもヤれるけど今はほっとく」という、まあ言えば「不良グループと一緒にいるパシリ」的ポジションだったわけだ

大体日本て遠いしなwww

しかしそれを一変させたのが安倍政権だ

安倍政権はなんの恨みもないのにテロリストと戦おうとしているww
イスラム教のテロリストも、日本なんてリングの外の観客扱いだったのに噛み付いてきてびっくりしたはずだww

別に日本国は警察も自衛隊もただの1人もアルカイダやISISのメンバーを殺していないし、
アルカイダやISISも人質事件以前はただ一人の日本政府の警察・自衛隊員も殺してはいなかった

もちろん911の世界貿易センタービルの崩落に巻き込まれた日本人はいたが

だから、なぜ安倍政権が「テロとの戦い」なんていい出すのか、ワカンネ(・へ・)

もろ「ひとごと」じゃん

しかもイスラム系テロ集団は無差別ではなく明らかに欧州とアメリカを狙いに来ている

なんでそこに加わろうとするのか、意味不明だ

しかもやめときゃいいのにイスラエルに行ってISIS煽って後藤さんと湯川さんの寿命縮めてるしm9(^ν^)人殺し!

日本がテロに巻き込まれたら100%安倍総理の責任で、それ意外無い

なぜ無関係な外人に喧嘩売ろうとするのかwww

しかもイスラム国は強い、弱そうに見えるのは世界最強レベルのアメリカ軍やロシア軍と戦っているからで、
兵士の個人レベルで見れば相当強い

アメリカ軍の場合は砲撃や戦闘爆撃機からの航空支援、ヘリからの近接支援があるけど、
それに対して毎日戦っていれば強くなるのも当然

そんな奴らが日本に紛れ込んだらと思うと怖くて怖くて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

何しろ日本でテロは東京に来さえすれば宅配便とかのトラックを盗んで、渋谷のスクランブル交差点に突っ込めばいいだけなんだから超簡単
おそらく30人程度は殺せるはずだ
また、朝の満員電車に火炎瓶を放り込むというのも効果的だ、駅に到着した列車の入り口に投げれば大ダメージを与えられる、実はテロがしたいなら日本ではサリンなんて別にいらないのだ

こんな脆弱な国がテロリストに喧嘩売るんじゃねぇ(・へ・)

さて、私は今後日本の言論は弾圧されると考えるので、経済もさらに停滞すると考える

歴史を振り返ると、自由な社会にこそ富が集まり、不自由な社会には不満がたまる
資本主義がドイツでもフランスでもなくイギリスオランダで始まったのには理由がある

そこでおすすめなのが「金地金」

金地金は貴金属店でもネットでも買える

ETFと比べて地金が良いのは「奪われにくい」ところだ

ほんとの泥棒は堂々とやってくる、それは政府だ

ということわざがある

預金封鎖されても財産税をかけられても、この金地金を隠し持っておけば、いざという時役に立つ

また、金は「社会情勢が悪くなると値上がりする」というありがたい性質を持っているので、
富の保存に最適だ


ドル紙幣は世界中で流通する基軸通貨だ

例えば中国がカザフスタンに橋を建てる経済支援でも「ドル建て」で貸付されるほどだ

アメリカ意外の国が石油を取引するときにもドル建てで支払われる

しかし問題点はしばしばアメリカ政府が金融緩和をすることと、アメリカの貿易赤字のせいで、
ドル紙幣は歴史的に見て、価値を失い続けていることが問題点だ
2017年6月15日17時22分
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック