FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

アメリカ株バリュー投資家「ほら、グロース株は下げると大変だ」グロース投資家「もうそれ持ってないよ」

バリュー投資家が誤解しているのはグロース株が下げた時、かなり大きな下落をするからバリュー投資の方がいいという考え方だ

しかし、気をつけないといけないのは、グロース投資家は下げ始めたときにはもうそこにいないので、
下げのダメージをあまり受けない

逆に言えば下げ始めた株を持っているのはグロース投資家とは言えない
Almogavers-catalans.jpg

単にグロース株とバリュー株という分類を一定の期間別で比較するのは分析不足で、
どういう取引行動を取るのかということを比較しないといけない」

グロース株投資家は昔の戦艦の艦長と違い株と運命を共にしない

その為株式のトレンドだけが忠誠を誓う唯一の対象になる


ウォーレンバフェットですら失敗したら売るのだ

彼はIBM株で失敗したがいつまでも持ち続けるなんてせず手仕舞いを初めた

IBMは確かに賢い人たちが働いている偉大な会社でこれまでもこれからも偉大な会社のはず

賢い人達が経営しているし、人工知能AIの研究でも先を読んで頑張ってきた

だけど株式投資の対象には向いていなかった

視聴している会社の株式こそが投資対象だ売上高が伸びている従業員の人数が毎年増え続けているこれこそ成長している会社だ

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック