FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

日本の生産性を上げたければ経営陣を変えるべき、労働者を変えても意味がない 社会主義革命の経験

生産性を上げれば日本の景気は良くなるのだろうか?

考えてみよう

生産性とはなんなんだろう、よく大事なものだともてはやされるけどだれもその後姿を見たことはない

生産性は色々な計算方法を世界中の経済学者、経済アナリスト、経営者、経理担当者が考えている
ROAやROEにはじまり、いろいろな3文字言葉が考え出された

なら生産性を上げるにはどうすればいいんだろ?


☆例えばやること(売るもの)を増やすことが思いつく

小売店であれば店内の商品のバリエーションを増やすというのが思いつく
店舗の面積が増えなくても商品アイテム数が増えればその分顧客の買い物の需要を取り込める
また、棚を高くすれば同じ面積でも陳列数を増やせるので売り場面積あたりの売上高が上がる

バリエーションを増やすというのはコンビニがやってきたもので、レジ横の食品はおでんにくまんに始まり、FF(フライドフード)、ドーナツなど、サービスはLoppiに始まり切手の販売おせちの受付、やること売るものは増える一方だ
WFM2.jpg

またアイテム数を増やすというのはホームセンターのやり方

棚を高くするというのはドン・キホーテのやり方だ

特筆すべきはドン・キホーテで、ドンキホーテは、棚を高くして陳列することで売り場面積あたりの売上高を上げることができ、このことが繁華街への出店を可能にしている

また「繁華街」というのが重要で単に高い棚を使うなら、郊外では売上にはあまり影響がないだろう、「アルコール類や食品雑貨が繁華街で夜中でも買える」というのがドンキホーテの強さの秘密である

売り場の商品を増やすのは売り場面積あたりの売上高を上げる良い方法である



他にも生産性を上げる方法はある

☆借入金を利用する

これは「返す当てがある」という前提のもとで上手くいく方法だ
例えば消費者金融は借入金を貸出に回しているということは意外と知られていない
消費者金融は銀行から借り入れたお金を顧客に高金利で貸すことで利益を得る

消費者金融会社は顧客からの返済を回収できる能力を証明でき、顧客の信用リスクを管理できる間は、
銀行からの借り入れというレバレッジで身の丈以上の商売を展開できる

実際、日本の金持ちは消費者金融の経営者だった人が長者番付の上位にいた事を覚えている人は多いはずだ

しかし、消費者金融の金利の規制がされた後、多くの消費者金融会社は借り入れ金利と貸出金利のスプレッドの減少に悩み、三井住友の傘下に入ったプロミスのような会社も現れている

これは銀行や証券会社、貴金属取引会社が多く使っているやり方で、
例えばゴールドマン・サックスと合併したJアロンと言う会社は、短期のリスクを取ることで、
ゴールドマンサックスの社員が走り回って稼ぐより効率よく大金を儲けていた

それは、とても簡単な仕組みで、LME(ロンドンメタルエクスチェンジ=金属取引所)から引いたファクシミリで情報を得て、NYとの間でレバレッジをかけアービトラージ取り引きをするというようなものだった

当時、金属価格はロンドンが中心であり、NYの金属価格がロンドン価格に寄っていく傾向にあった
そこで、Jアロンはファクシミリでこまめに情報を送り、Jアロンは先回りしてNYでロンドン価格方向にポジションを持って、儲けたのだwww

借入金を利用するやり方は返せるあてがあるときに使うと上手くいく

☆労働力への支払いをケチる

これは「略奪」による利益と言っていい
古代ギリシア古代ローマ以前から奴隷制としてあり、アメリカの黒人奴隷、日本の社畜につながる由緒ある生産性のあげ方である

結局利益とは、利益=売上高ー経費ー税金なので、多くの産業で経費の大半を占める人件費を絞ればそりゃ儲かりますわいwww


これは別にアフリカで捕縛されたアフリカ黒人にかぎらず白人の貧乏人もひどい目にあった(今もそう)
例えばカーネギーの鉄鋼会社で行われたホームステッドストライキを例に出すと、会社はすぐに変わりの労働者を
工場に投入したので、元いた労働者は暴動を起こした

また、小売業のウォルマートでは労働組合の設立が妨害されており、設立しようと動くと即クビになる
もし拒否すると即座に警察官がやってきて力づくで排除されるから話し合いすらできないwww

ちなみにドイツのウォルマートは労働組合が強く、年30日の有給休暇をゲットしていた、
そのためウォルマートは「労働力を搾取する」というビジネスモデル構築を失敗して現在ではドイツから撤退している

日本アメリカのような「社会主義革命」を経験していない国では、しばしば労働者の権利が蔑ろにされる私たちネトウヨは「社会主義」「不可能なもの」というが、不可能かどうかはどうでもよく、ようは労働者が権利を求めて暴動した経験がある

ということが大事なのだ

先進国は多くが社会主義状態を1度は経験している

フランスはフランス革命、ロシアがロシア革命からのソビエト、東欧の社会主義国化
ドイツはドイツ革命、イギリスは第二次大戦以降の労働党の企業の国営化、

資本主義の本拠地であるイギリスですら社会主義の時期があったのだ

社会主義革命を経ることのメリットは「労働者をだいじにするようになる」というものだ
日本人が労働者を大事にしないのは社会主義革命が起きたことがないからだと言える


☆売るものを増やす
☆借入金を使う
☆労働力への支払いをケチる

日本で今使われている生産性の上げ方は「売るものを増やす」と「労働力への支払いをケチる」だ、
「借入金」はあまり使われていない

ダウ工業株と類似の日本企業を比べてみよう


COMPANY 終値 自己資本比率
 
JPMorgan Chase & Co. 86.69  10.36%
Chevron Corp. 105.83 56.85%
Caterpillar Inc. 106.81 18.25%
6301 コマツ こまつ [ 機械 ]58%
Goldman Sachs Group Inc. 222.40 10.08%
Pfizer Inc. 32.27 36.65%
Merck & Co. Inc. 63.96 43.01%
4502 武田薬品工業 たけだやくひんこうぎょう [ 医薬品 ]47.8%
E.I. DuPont de Nemours & Co. 82.48 24.64%
Exxon Mobil Corp. 81.43 50.68%
American Express Co. 80.57 12.86%
General Electric Co. 27.78 20.28%
International Business Machines Corp. 152.99 14.26%
United Technologies Corp. 120.59 31%
Boeing Co. 190.78 3.87%
Travelers Cos. Inc. 124.30 23.35%
8766 東京海上ホールディングス 15.3%
Johnson & Johnson 131.01 51.55%
3M Co. 206.54 33.02%
Walt Disney Co. 104.54 48.71%
7974 任天堂 にんてんどう  86.5%
Wal-Mart Stores Inc. 79.10 39.74%

8267 イオン 12.5%
(株)セブン&アイ・ホールディングス 41.6%

UnitedHealth Group Inc. 181.98 30.8%
Coca-Cola Co. 45.18 27.42%
2502 アサヒグループホールディングス40.01%
Verizon Communications Inc. 46.23 7.97%
Cisco Systems Inc. 31.60 52.45%
McDonald's Corp. 151.35 7.08%
Procter & Gamble Co. 87.79 46.66%
4452 花王 かおう [ 化学 ] 50.8%
Home Depot Inc. 153.16 12.53%
Nike Inc. Cl B 53.07 58.09%
VISA Inc. Cl A 95.74 60.68%
Apple Inc. 153.83 40.45%
Microsoft Corp. 71.35 41.33%
Intel Corp. 36.14 59.27%


もう夜中なのでこの辺にしとくが日本企業は上手くデットファイナンスを活用できていないのがわかる
負債は少ないといいとは限らない

負債が少ないということは「攻めの経営」ができていないとも言えるのだ

そのことによる企業の経営陣の無策のツケを労働者が払っているのが日本の現状であるといえる
借り入れの力ではなく「労働者の体力」で経済活動を回そうとしている

これが日本の現実だ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック