FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

長期投資って言うのなら当然次来る産業に投資してるんだよね? 株式投資

「長期投資」ほど胡散臭いものはないね、
なぜなら世の中の人に聞けば5%の金利の安定株を買うより今使う方を選んじゃう

つまり一年間節約して100万円貯めて来年5万円もらえるのに、
今使う方を選ぶのだ
WFM1

もちろんそれはある意味正しい、人間には死亡リスクがあるし、株式には減配・無配リスクが有る、
それに国全体でもインフレリスクや通貨リスクがある
だから今使うことも悪い判断ではない

例えばアメリカ株はしばしば政府の思惑に左右される

円高円安を行ったり来たりするので、株価の動きより通貨のリスクが大きかったりする

しかも、これまでの経済循環を見ると日本が不景気でお金が必要なときに限ってアメリカ株も安く、しかも円高で、
円換算の持ち株の価値が下落している傾向にある

これは、アメリカ経済が弱い結果日本円が強くなり、しかもアメリカ株も下落するからだ

だからそもそもアメリカ株で長期投資するなら円高の時期に円を売っているはずで、今の時期に買うのは長期投資家ではない

さらに、長期投資というけどまるで「最後」を考えずに投資するのも「長期投資家」の不可解な点だ

「優れた企業の株は永久に売る必要がない」

これがおかしい


ほう( ^ω^)、ならダイエーやコダックはなぜ酷いことになった?
リーマン・ブラザーズみたいにハイレバレッジと景気後退で借金でクビが回らなくなったわけでも
山一證券みたいに不正に手を染めたわけでもない
実際大成功していた


これが長期投資の矛盾なのだ「優れた会社を更に優れた会社が追い落とす」これこそ経済競争であり、
盛者必衰の理なのだ

証券市場はどこもそれなりに基準が厳しく上場できるってことは「ちゃんとした」会社の証拠でも有る

実際しょうもない会社なら毎日数億円もの株式を取り引きが成立できない

しかし、常に優れたものは更に優れたものに追い抜かれることで、
先頭ランナーの地位を明け渡していくのだ

だから別に元々の企業が悪いわけでなく、新参企業が更に優れているだけなのだ

だから「永久に持つ」というのがそもそも現実と乖離しているのだ


私はポートフォリオの中に未来の産業を含めることをおすすめする

それは単にハイテク企業とか「バロンズ拾い読み」でみたとかじゃなく、
自分が「こいつはいい!」と思えるような会社の株をポートフォリオに含めるのだ

今あるトレンドに乗るのがサーフィンなら、未来の産業に投資するのは「宝箱」を開けるのに似ている
テキサス 石油

勿論トレンドを見るのは大事だが、常に未来の産業を探し回ることで、いい影響が得られる

それは新産業を探せば「上場したばかりの新しい会社」を覚えることができ、知らないからと言って買わないという先入観による悪影響を抑えることができる

株式市場で「知っているから」という理由で株を買うのは良くない
私が知らないだけで実は「偉大な企業」ということを見逃していることはよくあるからだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック