FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

公共事業が日本の経済復活のカギ 三橋貴明

んなわけねーだろバーカwwww
自民信者死ね
公共事業で経済発展できると思っているやつは知能が低いのでこのページは見なくて結構です帰れwww

三橋信者とかマジで消えろあいつはただの中小企業診断士だwww


田中角栄以降盛んに行われた日本の土木工事や箱物建設、これらは多くが無駄になった
そして地方の財政赤字の原因になった

理由は簡単「質が高すぎ」これが原因なのだ

つまり、その地域が払える維持費の水準以上の物を作ってしまう公共事業が問題なのだ
例えば、本来なら木造で2階建ての市役所や公民館でいいのに、なぜかしらんが、
過剰なものを求めてしまう

例えば補助金を受け取るという例がある

以前あった市町村合併の「合併特例債」というものがあった
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「合併推進債」と言う制度がができました。
合併推進債は「合併市町村のまちづくり等に対する財政措置」として、
事業に対して事業費の90%を合併推進債として借り入れでき、元利償還金の40%を国が普通交付税として補填してくれる制度です。(特例債は70%補填)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これは実にアホな制度で、利息の40%は国が払ってくれるとあるが、実際にはこの制度のせいで過剰な建物と設備を作ってしまい、結局維持費が想定以上になってしまった

という例が後を絶たなかった

利息の40%とは本来公共施設の建設の判断には関係なく「どの位の大きさ、設備が必要か」という本質からそれてしまうというクソ制度だった

利息を40%とあるが、それは本来関係なく「維持費いくらまでなら安全」というのこそ大事だったのに、それを無視させてしまった

さらに本来なら必要なかった道路工事や耐震補強、林道の整備などムダ使いのせいで市民の今後の負担は増加している
例が多い

鉄道の駅の整備や光ファイバーのネットワークに使われた例もある

また、無駄に設備が豪華になったせいで地元の建設業者じゃ手に負えず、結局竹中工務店とか大成建設とかがやってきて、地元には誰も使わない豪華な〇〇交流センターや、〇〇歴史館が残されてしまうのだ
そしてお金は東京に直行便である

「合併促進債」はほんと悪の制度だった

なぜ合併特例債を出したかというと、これがよく使われるやり方だからだ

つまり、補助金を出す→地元の業者じゃ手に負えない規模になる→ゼネコンが来る→自民党に票が入るというパターンが日本では作られているのだ

私たちは「公共事業をすれば景気が良くなる」と無邪気に考えるが実際は何の事はない、
「私たちに背負わされた借金を建設会社と自民で山分けしたオコボレを今もらう」と言うだけなのだ

だから公共事業をすれば景気が良くなるなんてうそうそうそ

自民は未来の種籾食ってるだけなのだwwww

これは原発立地自治体の箱物があからさまだが、例えば九州の原発立地地域ではこうなっている

鹿児島県薩摩川内市
・サンアリーナせんだい(運動場&体育館)
・せんだい宇宙館(宇宙に関する施設、ただし薩摩川内市は宇宙関連産業はない)
・川内まごころ文学館(文学について)

つまり補助金で立てさせて維持費でしばりつけることで、財政の独立性を奪うわけだ

これは他の地域の原発などでも行われていて、電力会社の施設として作ることも有るが、基本的には所有権を自治体にもたせて、維持費でしばりつける

なにしろ過剰な品質の建物なのでまず採算が合わないし維持費も払えない

そしてそれは公金で建てられているから容易には閉館されない

これが日本の停滞の理由だ、地域の自治体が自由にお金を使えなければ地域の発展なんておぼつかない、
それなのに欲しくもなかった箱物の維持費に自由になるお金が投入されることで自治体のお金が奪われるのだ


そして建設業関連が自民党に投票することで状況は深刻さを増す

地方の政治体制が固定され、お金を使うことを目的とした利益集団が作られていく、
自民議員が利益を誘導して建設業者が施工して献金する、そして支払いは住民に
このサイクルを回していく

これこそ「壟断」であり「腐敗」である

これはあなたの地元の「〇〇文化センター」「〇〇交流センター」でも行われていることだ


そしてこれらの公共施設はそもそも経済活動になんら好影響を及ぼさない
なぜなら体育館や市民文化ホールのようなものには経済波及効果なんてないからだ

さらに道路の新設もそうだ

道路は生産性を上げるがそれは限定的だ

政治家は道路ができれば変わるというがそれは嘘だ

道路はむしろ逆に地元住民を貧しくする、何故かと言うと、道路が広がるとその周囲エリアも宅地になり、
住宅地が野放図に広がる、するとそこにも水道屋下水道などを整備しなくてはならず、結局追加コストがかかるのだ

だから、財政を考えるなら既存の住宅地の流動性を高めたほうがよい

これなら下水道管も水道も分岐すればいいだけだ
Vietnamese_UH-1_pushed_over_board,_Operation_Frequent_Wind

結論を言うと三橋信者は「自分の見たいもの」を見ているだけだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック