FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

土盛らざれば則ち倒る

くっそ、トウモロコシ風に弱すぎだろwwww

トウモロコシの原産地の中南米は風が吹かないってのか?

背が伸びてきたトウモロコシは風に恐ろしく弱い、
なんせ種がまず根を出して地面に差し込むところからとうもろこしの成長は始まるのだが、なぜかしらないが、
元種の部分がじゃまになって、地面にまっすぐ立たない(何これ?)

で、茎の外周に沿ってアンカーみたいに新たな根っこを刺して自分の茎を安定させようとするんだけど、
家庭菜園を吹き抜ける風が強すぎて、茎が揺れてアンカー刺してもすぐ抜けちゃうwww


やべっ、うちにはトウモロコシ適して無い!?


「適地適作」という考え方がある、これは「これ植えたいから」という理由で作物を植えるのではなく、その場所に適している物を植えようという考え方だ

だから水はけが悪い場合には水田を作ればいいし、乾きやすい場所には麦を植えればいいと言うふうな考え方だ


しか~し!

これに立ち向かってきたのが人類約10000年の歴史なのだ

私もなんとしてもこの強風吹きすさぶここで、とうもろこしを育ててみせーる!



実際、人間は砂漠ですら農地にしようとしてきた

サウジアラビア農地2017年6月1日
サウジアラビア

私にはできるはず、少なくともサウジアラビアよりは難易度低いはずだ(^o^)ノシ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック