FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

面接で給料聞いたら不採用の日本 DUDAで転職するなwwww

2017年5月22日午前0時21分

転職サイトのDUDAのサイトから

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
面接官に 「入社後の給与」 を聞いてもいい?

では、いきなりですがクイズです。面接で給与のことを知りたい場合、どのタイミングで、誰に、どんな言い方をするのがベターだと思いますか?

【問題1】タイミングについて
(A) 一次面接で、面接官である[人事担当者]に聞く
(B) 二次面接で、面接官である[配属先部門の管理職]に聞く
(C) 最終面接で、面接官である[決裁権のある役員クラス]に聞く
【問題2】言い方について
(A) 「入社したら給与はいくらもらえますか?」
(B) 「あくまで目安で結構ですが、現年収が○万円ですと、御社の場合ではどれくらいになるでしょうか?」
(C) 「あくまで目安で結構ですが、御社での年収のモデル例を教えていただけないでしょうか?」
【答え】 3つともおすすめできません

引っかけ問題のようで申し訳ありません。
【問題1】のほうから解説します。(A)は一次面接ですから、面接官は社会人としてのビジネススキルやマナー、企業カルチャーとの相性をチェックしています。その段階で給与や条件の話を切り出すのは早すぎます。(B)は即戦力になれるかどうかが主なチェックポイントです。管理職とはいえ現場は給与を決めているわけではありません。(C)は最終的な入社への熱意や覚悟をチェックしています。給与の話を持ち出すのは完全にマイナス評価になります。

【問題2】は、3つとも「給与」「年収」と言ってしまっています。どんなに言い方に気を配ろうと、質問の順番に気をつけようと、企業側からの評価が定まらないうちに、“もらえるもの”の話をすることにリスクが伴うからです。

よく聞くノウハウで、

面接官から「最後に何かご質問は?」と言われたら、3〜4つめの質問として聞きましょう

というのがありますが、これも、万人にお勧めできるわけではありません。相当のリスクがあることを知っておきましょう。

内定の前に給与の話をするリスク

多くの場合、具体的な金額が提示されるのは、内定が出てからです。 内定前に尋ねても、「○歳なら○万円〜○万円が目安ですが、現年収も考慮いたします」と曖昧な答えに終始するでしょう。企業の給与規定は機密情報です。内定前の応募者(社員でも何でもない人)にそうそう答えられません。

ですが、「この人を採用したい!他社に渡したくない!」と思えば、内定前でも企業のほうから「給与額は○万円で検討いただけますか?」「他社からは給与の提示はありましたか?」と打診してきます。内定が出ておらず、こうした打診もないということは、合格・不合格の微妙な線上にあるということです。そんな状況の中で、聞かれてもいない給与の話をし始めたら、「結局、仕事よりもお金のことを気にする人か。残念…」と思われてしまいます。自分からそんなリスクを抱えにいくことはありません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「おかしい」と思った点
・C)は最終的な入社への熱意や覚悟をチェックしています。給与の話を持ち出すのは完全にマイナス評価になります。

報酬すら聞かずに熱意と覚悟を持てとなwwwwナメてんのかwwwwDUDA無能ww
映画アルマゲドンを見ればわかるが、やはり報酬は大事だ

なぜなら仕事でぶつかる困難から逃げ出さないために給料があるからだ

なぜ最終的な給与の水準すら聞いてないのに熱意や覚悟が出てくるのだろう、いや、出てくるから「社畜に最適」な素晴らしい人材なのかもしれない


【問題2】言い方について
(A) 「入社したら給与はいくらもらえますか?」
(B) 「あくまで目安で結構ですが、現年収が○万円ですと、御社の場合ではどれくらいになるでしょうか?」
(C) 「あくまで目安で結構ですが、御社での年収のモデル例を教えていただけないでしょうか?」

【問題2】は、3つとも「給与」「年収」と言ってしまっています。どんなに言い方に気を配ろうと、質問の順番に気をつけようと、企業側からの評価が定まらないうちに、“もらえるもの”の話をすることにリスクが伴うからです。

お、おう、てか雇用者の立場低すぎだろwww(・_・;)
自分の給与すら聞いちゃダメとかwwwもはやマナーじゃなくて「奴隷制」と言っていい、そもそもこれ、就職面接の問答集ですよね?


なんで報酬すら聞かずに内定貰おうとしてんの?wwwwDUDAつかえねーwww


そしてここ

「結局、仕事よりもお金のことを気にする人か。残念…」と思われてしまいます


DUDA狂ってやがる!そもそも宇宙開発や未知のジャングルの探検、火星への殖民は報酬が少なくても、
応募者が多数いるが、多くの仕事は「我慢料」として、給料を払っている

そんな中で、お金より仕事を優先しろとか、日本はいつ資本主義を辞めたのさ?

給料を払わなければ誰も出勤してこない、仕事なんてそういうものだ



日本まじで腐ってる、転職サイトでこれだ

こんな草食民族はハングリーな韓国人や中国人に負けてしまうわけだwwww

自分の就職活動で報酬すら聞けないんだからwwwww
こんな民族オワッテル_| ̄|○

果物1個買う度に交渉してるインド人に勝てるわけ無いじゃんか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


北朝鮮のミサイル攻撃に備えてサバイバルグッズを準備しよう

・ナイフは爪切りや食品の調理、缶切りのオープナー、足に刺さったとげ抜きなどに使える、はさみ、爪切り、包丁はそれぞれは使いやすいが汎用性に欠ける、専用品だからだ、しかし災害時にはナイフを持つことで幾つかのトラブルに対応できる

・核爆発の後には「黒い雨」が降ると言われている、空中爆発した核弾頭が急激に気象を変化させるからだ
黒い雨には多量の放射性物質が含まれるので、それを素肌に浴びてはいけない、だから傘や合羽で身を守る必要が有る
もしこれがなければ被爆により死亡率が急激に高まる
建物内でバスの迎えを待つのは原発事故の場合だけだ、核攻撃の場合は即座に都市部から去らなければならない

・ショベルは穴を掘るためだけでなく武器にもなる、混乱した被災者を襲おうとする犯罪者から身を守るには武器が必要だ、また死者を埋葬するときにも使えるさらに排泄物を埋めるときにも必要だ

・水は飲むためというより体を洗うために使う
くちをすすぎ、顔を洗いあらゆる体の部位を洗い流し放射性物質を洗い流し被曝量をなるべく減らす為に使う
また衛生的な水は非常時には重要になる、あらゆる水道の水は汚染されるからだ
徒歩、もしくは自転車などで爆心地から15km(歩いて3時間ほど)程度まで離れてからシャワーを使い、全身ををくまなく洗う

その後さらに離れてからもう一度今度は徹底的に放射性物質を洗い流す

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック