FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

社会が悪い方向に進んでいく時個人にできることは殆ど無い

私は自分が右翼なのか左翼なのか自分でもわからない

例えば人の下で働く時には私はどちらかと言えば共産主義者みたいな考え方をする
2017年5月21日午前0時46分

その一方で株や不動産について考える時私は自由主義者みたいに考える、つまり、
従業員一人あたりの利益率の高さや、競争上の位置づけなどを気にする


この動画を見て欲しい、アメリカでは多くの地域で水道会社に水道管の管理が委ねられている
そのため、簡単に水道を止めてしまう

私の中の多重人格は次のように考える

私の共産主義者の心「なんてことだ、生きている人間から水を取り上げるなんて酷すぎる、大体人生でお金がない時期は誰でも人生に1度や2度はかならず訪れるのに、その度に水不足で貧乏人が死ねば国は保(も)たない、貧しい人の水道代を下げるかタダで供給すべきだ」


資本主義者の心「すぐ止めろ、なぜ長い仕事のキャリアの中で貯金をしておかなかったのか?だいたいこの世でタダのものなんて殆ど無い、貧乏人は死ね、俺の水道会社の株価を上げろ」


ただ一人の人間の中にすら、多重人格がいるというのは

面白い現象だ

さて、人間の集合体である国家ではその時その時によって支配的な思想は常に循環していく、
つまり、以前の状態を否定して、次により良い(と考える)方向に向かっていくというものだ

中国が最近面白いのは、中国がアメリカに自由貿易を求め、アメリカが保護貿易をしたがるという
アメリカに取っての皮肉とも言える状況だwwww
トンシャオピン(鄧小平)がみたら驚くだろう
中国を改革開放したらアメリカが閉鎖的になってしまったのだからww
EU加盟のヨーロッパは離脱したいイギリスをドイツ・フランスが引き止めに失敗した

このように、常に循環して変化し、お互いの立場も入れ替わっていくので「何が絶対に正しい」というのは
なく、自由主義と保護主義は入れ替わり、資本主義と共産主義も入れ替わり変化していく


ネトウヨが正しいわけでも、ネトサヨが正しいわけでもない

全ては変化していく

そして、進化し、変化する社会の中で、大勢の人は翻弄されるだけ


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


北朝鮮のミサイル攻撃に備えてサバイバルグッズを準備しよう

・ナイフは爪切りや食品の調理、缶切りのオープナー、足に刺さったとげ抜きなどに使える、はさみ、爪切り、包丁はそれぞれは使いやすいが汎用性に欠ける、専用品だからだ、しかし災害時にはナイフを持つことで幾つかのトラブルに対応できる

・核爆発の後には「黒い雨」が降ると言われている、空中爆発した核弾頭が急激に気象を変化させるからだ
黒い雨には多量の放射性物質が含まれるので、それを素肌に浴びてはいけない、だから傘や合羽で身を守る必要が有る
もしこれがなければ被爆により死亡率が急激に高まる
建物内でバスの迎えを待つのは原発事故の場合だけだ、核攻撃の場合は即座に都市部から去らなければならない

・ショベルは穴を掘るためだけでなく武器にもなる、混乱した被災者を襲おうとする犯罪者から身を守るには武器が必要だ、また死者を埋葬するときにも使えるさらに排泄物を埋めるときにも必要だ

・水は飲むためというより体を洗うために使う
くちをすすぎ、顔を洗いあらゆる体の部位を洗い流し放射性物質を洗い流し被曝量をなるべく減らす為に使う
また衛生的な水は非常時には重要になる、あらゆる水道の水は汚染されるからだ
徒歩、もしくは自転車などで爆心地から15km(歩いて3時間ほど)程度まで離れてからシャワーを使い、全身ををくまなく洗う

その後さらに離れてからもう一度今度は徹底的に放射性物質を洗い流す

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック