FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

淘汰に注意すればハイテク産業は十分投資に値する

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2015年版「少子化社会対策白書」を決定した。女性の平均初婚年齢は13年時点で29.3歳、第1子出産時の平均年齢は30.4歳といずれも1980年からの30年間あまりで約4歳上昇。若年層の所得の伸び悩みや出産後の女性の就労継続が厳しい状況が晩婚化・晩産化の背景にあると指摘した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

政府の2015年版「少子化社会対策白書」によれば今の日本では三〇歳ほどで私たちは初めての子どもを産む

もちろん前後に差はあるし、実際には19歳で出産する人もたくさんいる

私たちを生物という視点で見たときに、日本人という人種は前の世代から受け継いだ遺伝子を次世代に受継ぐために他の異性と関係を持ち産むまで30年かかると、この調査の結果で言っていい

ということになる

だから、私たちの「遺伝子の更新速度」は30年周期だ

次は同じアジア枠で台湾人を見てみよう

<社会> 2015/06/03 11:39(台北 3日 中央社)内政部統計処は先月30日、2014年の新生児とその母親に関する統計を発表した。初産平均年齢は30.5歳で、10年前から3.1歳上昇、第1子を出産した女性のうち、30歳以上の割合は57.3%に達した。2004年の統計ではその割合は28.3%にとどまっており、初産年齢の高齢化が浮き彫りになった。


台湾人も「遺伝子の更新速度」は30年周期のようだ

次はフランス
2017.03.28
仏で初産の平均年齢が28.5才に上昇
INSEEが3月27日に発表したフランスにおける初産の平均年齢に関する調査によると、初産の平均年齢は2015年に28.5才となった。初産の平均年齢は、1974年には24才だったが、以来上昇が続いている。ただし上昇幅は減速しており、1974-98年の間には3.3才の上昇を記録したのに対し、1999-2015年の間の上昇幅は1.2才にとどまった。
初産の平均年齢の上昇に伴い、第2子及び第3子出産の平均年齢も上昇している。


フランス人の「遺伝子の更新速度」は約28年周期

次はアフリカ

ナイジェリア人の初産年齢は「20.3歳」、ナイジェリアは人口爆発するとされている国の一つだ

エジプトが「22.9歳」
モーリタニアは「21.9歳」
ケニア「19.8歳」
そして
南アメリカ

コロンビア「21.4歳」
グアテマラ「20.3歳」


ここまで書いて「何が言いたい?」


と、思うだろう今回は遺伝子の更新速度と環境への適応能力について


いくつかの資料を漁ったところによると、地球上では豊かな国においては初産年齢があがり、
貧しい国では初産年齢は低いという傾向が見られた

つまりアフリカや南アジア(インド・バングラデシュ・ネパール)は初産年齢が低く
ドイツ・イタリア・スイス・ルクセンブルクは初産年齢が高い

これはもともとの国の発展度合いの問題で「大学」をでないと仕事がない場合が多いからというので、
みんな進学をするという理由が考えられる(実際、日本、韓国も初産年齢が高い)


先進国で必要とされるのは「学力」であって「学歴」であるだから、賢い人間を選抜するように社会、そして遺伝子が選ばれていくと私は考える。ちょうど、サラブレッドがその美しさや賢さよりも「走る能力」のみで選抜されてしまうようにだ

私は逆に後進国では「体力」「病気への耐性」によって社会、遺伝子が淘汰されていくし、今もそうだと考える
つまり、地元の風土病で簡単に死なない人たちを遺伝子が選別していくわけだ

で、おそらくさらに数万年もすればおそらく人間は後進国に住む人と先進国に住む人が全く別個の種になってしまうと、
私は考える

どんな違いかというとゴールデンレトリバーとシベリアンハスキーみたいな感じだ

つまり「交配はできるけど、明らかに違う」と言った違いだ

しかし、面白いのは「遺伝子の更新速度の差」

なぜなら後進国に住んでいる人たちのほうが先進国の人たちよりも、100年を通してみれば遺伝子の更新速度が早いからだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アフリカで、例えば1人目の世代が20年ごとに新しい世代をうめば、100年後には5世代目が誕生することになる

それがもし30年毎に新世代を産む(ドイツ・イタリア・日本・韓国)タイプの人種ではまだ3世代目しか誕生していない
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

つまり、遺伝子の組み換えの多様性という点では後進国の人たちの方が「肉体的な強さ」を得られる可能性が高い

これが「遺伝子の更新速度」の意味だ

言いたいことは「次の世代を産むまでの時間が短いと肉体は強くなる」と言いたいのだ


これはゴキブリや病原菌を人間がなかなか退治できないことに似ている
ゴキブリもウィルスも、常に遺伝子を短期間で「更新」し続けているので、決定打を撃たれずに生き残ることができるのだ



この考え方は産業にも応用できる

例えば原子力発電所とソーラー発電の技術革新の速度の差だ

原子力の研究というのはとても危険で、少しのミスで簡単に人が死ぬ

それにテロリストに奪われてはいけないので、本当に政府から信用されたごく一部の研究機関でしか
核物質(ウラン・プルトニウム)を扱うことはできない
それに、原子炉も毎年毎年作るというようなものではないので、製造についての技術の進歩も遅い
さらにいいアイデアを思いついたからと言って、ホイホイ試すわけにも行かない


一方、ソーラー発電のパネルはどうだろうか?
amazonで「ソーラーパネル」とさえ打ち込めば、携帯電話用の充電器に始まり、送料無料でソーラーパネルを注文することができる
ソーラーパネル2017年5月16日

つまり「興味があるなら触って試してみることができる」というわけだ

コレは大きい

実際、原子炉の断面図を見せられても何がナンノコッチャと思うだけだが
太陽光パネルで豆電球がつけば素直に感動する
2017年5月16日原子炉

これは大きな差だ

さらに設置に対する簡単さも大きい

例えば原発は東芝ですら建設費が総額いくら掛かるか、いつまでに作れるかを正確に保証する事ができない

しかし、ソーラーパネルであれば最悪自分でできる範囲でDIYしても良いのだ

だから「技術の発展速度」は明らかにソーラーパネルに分がある

研究しやすいからだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
太陽光で発電、米テスラが屋根タイルの販売を開始
2017.05.11 Thu posted at 15:56 JST

ワシントン(CNNMoney) 米電気自動車大手テスラは10日、太陽光発電ができる屋根「ソーラー・ルーフ」の受注開始を発表した。導入費用についてはインターネットで試算が可能だ。
同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が思い描いているのは「美しいうえに太陽からエネルギーを生み出す屋根」がそこかしこにある未来だ。ソーラー・ルーフの見た目は、従来からある屋根材とほとんど変わらない。
テスラの試算ではたいていの住宅では屋根の40%程度を太陽光パネルで覆えば十分で、このことがコスト削減につながるという。ただし、電気自動車を所有している家庭では、覆う割合を増やす必要がある。
マスクCEOは報道陣に対し、この屋根材は持続可能エネルギーで動く世界に向けた重要な一歩だと述べた。テスラは昨年、米太陽光発電設置大手ソーラーシティーを買収。一般消費者向けにソーラー屋根と蓄電設備、電気自動車がセットになった持続可能エネルギーシステムを提供するためだ。
テスラによればソーラー・ルーフは、さまざまな要素を勘案すればもっとも手軽に導入できるソーラー屋根だ。典型的な導入例では、費用は1平方フィートあたり21.85ドル(約2500円)程度。30年ほどで償却できるという。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 技術の更新速度は研究し安さに比例する


しかしその一方で恐れないといけないのは「淘汰」

テレビであれ車であれ携帯電話、そして家電でもそうだ

例えば私が高校生の頃NEC、富士通、ソニー、パナソニック、シャープなどはそれぞれ携帯電話を
自社開発して四半期ごとくらいの速さで新機種を投入していた

SH(シャープ)がいい、N(NEC)がいいという個人個人の機種への好みがあったほどだ

しかし、現在私たちはNECの最新スマートフォンを知らない

なぜならNECは携帯電話事業を辞めたからである

しかしながら長きにわたり、携帯電話はNECのドル箱であったのは確かだその他の富士通やシャープ、Panasonicに
してもそうだ

私たちはパンローリングの本を読むと「グロース株はバリュー株に比べるとパフォーマンスが劣る」と教えられる

しかし、それは間違いだ

なぜならグロース株とは「成長している」株のことなので、常に市場平均の上をゆく株がグロース株、
そして、成長分野の企業であるので、当然淘汰され消える企業も多い
この淘汰された企業が「見た目上」グロース株の収益性を低く見せている

しかし、思い出して欲しい、 iPhoneが出てきた時、明らかに世界は変わった

つまり変化というのは誰にでもわかるものなのだ

実際iPhoneの株価というアプリにはアップルの株価がデフォルトで登録されていたから
世界中の人たちは一度はアップルの株価を確認したはずなのだ


グロース株は淘汰と技術の発展速度に合わせて買うものである

そして持ち株が「淘汰される側」と気づいたら売らないといけない

日本メーカーの携帯電話の場合は、OSを自主開発を諦めアンドロイドにした時点で負けは決まったと私は考えていた
なぜならウィンドウズのときと全く一緒だったからだ
OSが独自でなければ独自性を出すことはできない

もしテクノロジー株を買うなら「研究が簡単」で、「技術開発」の速度が高いものの上位グループを買うと良い

その上位グループのリストはある意味海賊の宝の地図と同じくらいの価値があると言える
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック