FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

大阪で思ったことまとめ 大阪観光 困ったこと 大阪で見た

大阪は全般的に楽しかったし他の地域と違い
大阪らしい写真を撮るネタにはこまらなかった

実際、外国人が大阪を目指すのも「大阪らしさの象徴」があるからだと思う

気になった点は

まず大阪城で、城の麓から写真を撮ろうとしても、周囲の木が邪魔で城を完全に写真で捉えることができなかった所だ
かといって城の敷地内の木をホイホイ切り倒すわけには行かないというのは難しい所だ

さらに、気になったのは、大阪城のお土産屋は城とあんま関連性を感じない商品が多かった所だ

なぜなら大阪城でしか買えない商品を買いたいのに、独自性のない商品ばかりなので、
食指は伸びなかった

もうちょい「限定品」を置かないといけないと思う

なぜなら、他の駅や土産物屋、新大阪駅で買えるような商品なので「帰る途中で買えばいいや」という
発想に傾いてしまったのだ

さらに中に散々エレベーターがあるのに、城の横に出っ張りがあった所だ

だから外国人の韓国人中国人アメリカ人たちは写真に困っていた

大阪城2017年5月8日


で、気になったのは、一眼レフカメラを持っている外人の多さと、彼等の手持ち無沙汰さだった

外人の観光者は「日本行くんだからキャノン買ったろ」「日本行くんだからニコン買ったろ」という気持ちででっかいカメラを持ってくるのに、あまりシャッターポイントは少なかったようだ

心斎橋や難波とかすごい外人がいたけど、かに道楽やグリコは流石に飽きたのかな?


あと、食事について、大阪は地価が高くなりすぎたせいか、チェーン店が多かった

だから、観光客が喜ぶような「地元民がやってる」飲食店がかなり少なかった

私が行った串カツ屋も居酒屋もチェーン店だった

これにはほんとゲンナリだ

なぜなら「来たら行くべき」という店に行きたいし、チェーン店はなんか味気ない
気がかりは、トリップアドバイザーの大阪の大阪の飲食店ランキングがチェーン店ばっかりな点だ
大阪飲食店1
大阪飲食店2
大阪飲食店3


お好み焼きちとせ
一蘭
りくろーおじさんの店
一風堂
たこ焼き道楽わなか
神座
薬味堂551蓬莱戎橋本店
はなだこ
福太郎
551蓬莱JR新大阪



みんなチェーン店で、しかも博多ラーメンが2つも入っている

コレじゃあつまんないよね

さらに大阪ではジェントリフィケーションが進んでいるように見えた

ジェントリフィケーションは「貧乏人の住むエリアを地上げして、金持ちの住むエリアにかえちゃう」というもので、
古くから住む住人を追い出すので古くからの街を無機質なマンションとオフィスに変えてしまう

だから観光地でありたいなら景観を維持しないといけないのだ

東京とかがクソつまらんのは、ジェントリフィケーションの結果だ

一軒屋を貧乏人から取り上げて、マンションを建てるというモノポリーの発想がジェントリフィケーションだ

大阪は高いところから見た感じ、雑居ビル、低層住宅が多いので、悪徳政治家と建設会社から見れば、
弱ったヌーやシマウマみたいなもんだ

大阪はこれから数年で姿を変えていきそうな気がする

今のうちに見に行くべきだと思う
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック