FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

大阪で見た選択と集中の到達点

大阪の梅田グランフロント、そしてアベノハルカスを今日はウロウロした

疲れ切った顔をしてうんざりしていたのがわたし

私のような田舎者は足が進化して軽自動車や普通自動車を足にしている
だから、300m以上を歩くと「無口になる」

www
しかし思うのだが、阪急電鉄はマジ糞だな疲れても坐る場所がない

以前東京で「ジベタリアン」という地面に座り込む若者が問題になったが、あれってよく考えたら坐る場所がなく、
喫茶店に入るお金もない若者のささやかな「反抗」だったのだと思う

私のように足が退化した田舎者は、歩きで2kmも3kmも歩く都会人とそもそも「人種」が違うんじゃないかとすら思う
し思っている

ほんと都会人はバカだww
21世紀にもなって二本足で歩くなんてEDO時代かよww

グランフロント、あべのキューズモール、グランフロント



チョーつまらなかった


というのも同じようなチェーン多すぎ、ライトオンも、アメリカンイーグルも九州に有るしな、
さらになんなんあの


ショッピングモールに入った瞬間の「バター臭さ」

入り口でクロワッサンやメロンパンを売るのマジやめろwwwくさすぎる乳臭い

ほんで飲食店もチェーン店ばっかりで目新しいものはなし

グランフロントやあべのハルカスのような究極の商業施設では究極の取捨選択が起きる

つまり、家賃が高いので、これまで成功してきたような店舗しか出店できない

ということはチェーン店ばっかりになってしまうのだ

実際、グランフロントにあった飲食店の過半はチェーン店で、残りの店舗の運営会社も複数店舗を運営する
フードサービス企業である

だから、大金をかけ数百店舗も入居させたくせにつまらないのである

店舗の「必勝パターンの店舗づくり」「必勝パターンの店舗運営」をしているから「抜け目がなさすぎる」のだ

だから「以外なもの」を見つける買い物の醍醐味がないのだ

実際、大きな商業施設で「専門的な商品」を探すのは難しい

例えばアルコールランプは絶対に売っていないし、顕微鏡もない
衣類にしてもそうで売っている服の色を見ればいい

「黒」「白」「青」「カーキ」「ピンク」 で売り場の商品の過半を

占めている

そんなもんなのだ

つまり「確率」で考えればそれ以外の色を置くのは「正直無駄」でしかないのだ

だからショッピングモールは遠方からの客を呼ぶには不向きだ

昨日書いたように「なぜなら私たちは20km先のイオンには行くけど、200km先のイオンには
「絶対に行かない」からだ

中国人観光客の「爆買い」が減少したのも「同じようなのは中国でも買える」ということに気づいたからと言うのが大きい


さらに「座れる場所が少ない、人の目から逃れられない」というのも私には苦痛だった

なにしろ飲食店の前の順番待ちの椅子、トイレの前の椅子しか座れる場所が無いのだ

だから年寄り、田舎っぺにハルカス、グランフロント大阪は向かないwww

疲れたらすぐ建物から出ていっちゃうからだww

ちなみに内閣府の調査によると、2015年段階で日本国民の4人に1人が老人である
老人2017

高齢化率は26.7%
我が国の総人口は平成27(2015)年10月1日現在、1億2,711万人(表1-1-1)。
65歳以上の高齢者人口は3,392万人。
65歳以上を男女別にみると、男性は1,466万人、女性は1,926万人で、性比(女性人口100人に対する男性人口)は76.1。
総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は26.7%。
「65~74歳人口」(前期高齢者)は1,752万人、総人口に占める割合は13.8%。
「75歳以上人口」(後期高齢者)は1,641万人、総人口に占める割合は12.9%。



この大きなボリュームゾーンを逃しているのは責任問題だ

さらに客層と店舗のタイプ・格式が合ってない

客の多くは家族連れと観光客の田舎者・外国人なのに、高級品の店舗、売り場が多すぎる

実際高層階の売り場の従業員の多くは手持ち無沙汰に立っていた
(しかし彼等の姿勢が正しかったことは特筆すべき点である)それになんのアドバンテージが?


私たちはどうしても「見栄えのいい」商売をしたがるこれはしょうがない、
実際、

廃品回収で儲けるほうが飲食店で儲けるより簡単なのだが、
みんな飲食店に行ってしまう

同じように、同じファッションビルであっても「数をこなす」よりも「高級品を売る」方を選んでしまうのだ


しかし、自分のあだ名を自分で決められないように自社の立ち位置、ターゲット層は客が決めるものである

つまり、自分では「うちは高級店」と思っていても「顧客がそんなの望んでいない」ならそちらに移らないといけないのだ

これは家の構造を決めるようなものでハワイ島に「北欧住宅」を建てちゃうようなものである
ハワイ2017年5月5日
なりたい姿となれる姿は違う、そこに留意するべきである

また、あべのハルカスで感じたのは「そもそも登ってまで見る景色じゃねえ」ということだ

ほとんど「あべのハルカス展望台は金の無駄」だった

何故かと言うと、大阪は築年数の古いビルが多く室外機が大きい

だからそれらの配列?羅列を見たいかと言われても「いいえ」となってしまうのだ

NYのクライスラービルが「その美しさを外から、中からそこからの眺めを」楽しめるように、

都市は単体では成立しない


今日気づいた面白い点は、大阪人はエスカレーターは右に並ぶのに、階段は左から登るwwww

これは面白い点だった

関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック