FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

ゴールデンウィーク(GW)出かける前に持つものリスト

日本人にとっても、外国人にとっても、旅はいつの時代も命がけ、もしくは永遠の別れを伴う感動的な瞬間だった

旅行に持っていく物リスト
昔の人たちには旅に出るというのは引っ越し、と同じ意味だったり、移民と同じ意味だったからだ
もしくは戦争に行く、もしくは故郷を捨てるというような意味もあった

これは戦国時代や江戸時代に限らない
例えば昭和の時代初期においても日本人の多くは実家のそばからほとんど離れなかった

移動するのは公務員とか商人、そして軍人くらいだったのだ

だから太平洋戦争で徴兵された人たちは、隣の県にすら行ったことがないまま、
中国のハルピンや大連や上海、マカオ、そしてサイパン、ベトナムなどにいきなり戦争に行ったわけだ

出征平成29年5月2日2
旅立ち
帰還201721時22分
帰還

だからみんな旅立つ前には合うべき人に会ったり神社にお参りしたりしてから旅に出かけた


現代の私たちも海外や県外へ旅行に出かけると危険に出くわす可能性は少ないとは言えある

だから、お金がある人は旅行保険をケチってはいけない

てるみくらぶのトラブルやLCCの欠航なんかに出くわす、怪我する、盲腸が発覚する

など、いろいろありうるからだ


今回は旅で持っていくものを忘れないようにリストを作っておいた
是非活用してほしいと思います

☆旅行持ち物リスト

・タオル
飲み物をこぼした時、汗をかいたとき、そして温泉に入りたくなった時、タオルは常に役に立つ

新幹線に乗っているときに家族連れが5分間に2回もジュースをこぼすのを見たことがある
もし、1回分のティッシュを使い切った時、タオルがあれば最悪の事態を逃れることができる
もしなければ横に座っている人たちの足元をビショビショのまま気まずい思いをすることになる

そして春の行楽シーズンは24度程度には暑くなる、だから汗を拭くものが必要だ、

そして「温泉に入りたくなった」とき、タオルは必要だ
なければ温泉で売っている割高なタオルを使うか不潔な貸しタオルを使うハメになる
また、地方の温泉では、タオルを売っていないという温泉もあるのだ、スーパーで買えればいいが
無ければ買えない、タオルを持っていけば「思いつき」で入湯できるわけだ

・ジュース
ジュースはケチな人は持っていって欲しい、
なぜならコンビニで変えば160円もするが前もってスーパーマーケット、量販店で買っておけば
60円節約できる
特に夫婦の場合旦那さんが喫煙者だと自販機でほいほいジョージアを買うので、
前もって買ってそれを渡せば自販機での無駄遣いを見てイライラするのを抑えられるのがよい

また家族旅行なら行きと帰りで数百円は節約できる
また、ホテルのそばにコンビニや商店の無いリゾートホテルなら、
割高なホテル内の売店か、ホテル客室のミニバーを使うハメになる

・双眼鏡
双眼鏡には価値があると私は考える
安くてもいいから持っておくべきだ
観光地の高台からの眺めを楽しむ時、遠くになにが有るか知りたい時、いろいろ便利だ
視力が悪い人の場合、裸眼では楽しめない景色もあるからだ

・サンダル
歩きなれない人は特におすすめだ
ホテルに泊まった後、コンビニに行きたくなった時、海辺に出かけた時、靴がトラブル(破れる、折れる)になった時

サンダルは便利だ

あくまでも応急処置と考えてもいいし、沖縄や海外で海辺に出かけたときにスニーカーしか無いというのは、興ざめだ
また、ホテルの使い捨てスリッパは安っぽすぎて一般的には快適と言えない

・お出かけの朝食べるもの
これはかなり忘れがちだ、出発する朝は慌ただしいしやることが多いので、満足に食事を準備する時間はなかったり、
駅の売店の食品では味気なかったり、売り切れていたり、そもそも値段が高すぎたりする

わくわくしすぎて寝れずに、朝寝坊してコンビニに寄る時間もなかったりする

だから、前もって前日に買っておくと良い

・傘

ただこれは地方から都市に向かう場合は必要ないと思います
なぜなら必要なら買えるからです
しかし、地方に行く場合は買うべきです、コンビニで買えばいいと思っても、そもそもコンビニがない場合があるので

・携帯の充電器
携帯電話の特徴として、必要な時はいつも電池が切れるという点があります
ですから充電器は必ず持って行きます

※携帯電話の電池が切れたら携帯ショップに行きましょう
ドコモショップの場合、お店に断れば、充電を無料でさせてもらえます、
また、お店にあるお茶のサーバーで、冷水、日本茶、ウーロン茶を無料で飲むことが出来ます



今年のゴールデンウィークはやや曇り気味ですが全体として全国的に天気が良さそうです
ぜひ楽しんでください(・∀・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック