FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

成長限界に達したコカ・コーラ株 <アメリカ株>

企業が進出できる範囲内で、あらゆる領域に進出しきったとき

どうなるか?

おこるのは合理化である
2017年4月26日午前11時52分

今回はコカコーラの成長性についてかんがえてみよう


コカ・コーラ社は現代の世界を支配している飲料メーカーであり、
飲食店や売店などで販売されるジュースの原液の販売
そして、ボトラーと呼ばれる瓶や缶へ充填する業者への原液の販売、そしてボトラー自体の保有を
している

コカ・コーラは企業の分類的には「ピュアプレイ」と言える
つまり、特定の事業に絞って活動する企業である

特定の事業に業務内容を絞ることのいいことは、「そればっかりやる」から、
効率化が進むということである

だからこそ、コカコーラは他の食品企業の参入に耐えられたといえる

JTやキリンビール、アサヒなども頑張っているが追いつけない

だから儲かる事業に特化した企業は強いのだ

しかし、そんな素晴らしい特化企業にも問題はあり、環境の変化に弱いという弱点を持っている

たとえばKodak社の事業は、自分たちの発明したデジタルカメラによって崩壊を迎えた
それまで儲かっていたフィルム事業を捨てられなかったのだ

以前書いたかもしれないが、世界規模で成長限界まで成長した企業は、売上高成長率が
世界経済の成長率とほぼ同じになる

だから、「限界点」に達した時、経営者は新規事業に手を出すか、効率化を選ぶ


コカ・コーラは効率化を選んだ

飲料大手のコカ・コーラは25日、30億ドル(約3300億円)の節減計画に加えて年8億ドルのコスト削減も実施する方針を表明した。これに伴い2018年末までに1200人を削減する。同社はまた、数十年ぶりの大規模な戦略変更の1つとして、ボトリング業務の大部分をスピンオフする措置も進めている。
  クインシー次期CEOは、世界各地のボトリング工場の売却を進めるムフタル・ケントCEOから5月1日に経営を引き継ぐ。同社は新しい飲料の開発や提携先への原料販売に事業を集中させる収益性の高い企業としての再浮上を図っている。


実際、アメリカ企業は「効率化」が好きである

20世紀後半、アメリカ企業は新しい分野へ進出するより「メキシコに進出」することが多かった、
それは食品製造、衣類製造に始まり、電子機器、そして車だ

マイケル・ムーアの映画であったように、ミシガン州やオハイオ州の工場を閉めて
メキシコで製造すれば人件費は7分の1

さらにFTAのおかげで関税もかからない

しかし、メキシコ人は逆に、アメリカの安価な食品を買えるので、農家は採算が合わず
廃業してトウモロコシも作れない

だから、メキシコ人はアメリカの国境を超え、アメリカ南部のアリゾナ州やカリフォルニア州、
テキサス州を目指すしかないのだ

世界経済や飲料の販売量が急激に拡大することが難しい今、
今回のコカ・コーラの効率化は、取り分をどう分けるかという話でしかない

つまり、経営陣、株主、従業員の利害関係者のうち、「従業員」を減らして
経営陣、株主で金を分け合う計画に他ならない



実はこのやり方は日本でもよくやられたやり方なのだ

例えば日立とついている日立グループの子会社がいっぱいある

東芝もパナソニックもそうだ

日立は世界ふしぎ発見のときにCMでこの木なんの木の歌で企業グループ一覧を流すが
日立の企業グループはそれだけいっぱいあるのだ


こんなにある

株式会社日立アーバンインベストメント
株式会社日立アーバンサポート
株式会社日立アイイーシステム
日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア株式会社
株式会社日立ICTビジネスサービス
株式会社日立アドバンストシステムズ
日立アプライアンス株式会社
日立アロイ株式会社
株式会社日立茨城テクニカルサービス
株式会社日立インスファーマ
株式会社日立インフォメーションアカデミー
株式会社日立インフォメーションエンジニアリング
日立エーアイシー株式会社
日立ABB HVDCテクノロジーズ株式会社
日立SC株式会社
株式会社日立エルジーデータストレージ
株式会社日立オートパーツ&サービス
日立オートモティブシステムズ株式会社
日立オートモティブシステムズ&ナガノ株式会社
日立オートモティブシステムズエンジニアリング株式会社
日立オートモティブシステムズハイキャスト株式会社
日立オートモティブシステムズ阪神株式会社
日立オートモティブシステムズビジネスサービス株式会社
日立オートモティブシステムズメジャメント株式会社
日立オムロンターミナルソリューションズ株式会社
株式会社日立柏レイソル
柏レイソル 2017年4月28日

日立化成株式会社
日立化成エレクトロニクス株式会社
日立化成オートモーティブプロダクツ株式会社
日立化成商事株式会社
日立化成住電パワープロダクツ株式会社
日立化成テクノサービス株式会社
日立化成電子材料九州株式会社
日立化成ビジネスサービス株式会社
株式会社日立技術情報サービス
日立キャピタル株式会社 *
日立金属株式会社
日立金属MMCスーパーアロイ株式会社
日立金属工具鋼株式会社
日立金属商事株式会社
株式会社日立金属ソリューションズ
株式会社日立金属ネオマテリアル
日立金属ファインテック株式会社
株式会社日立金属安来製作所
株式会社日立金属若松
日立空調関西株式会社
日立空調関東株式会社
日立空調九州株式会社
株式会社日立ケーイーシステムズ
日立建機株式会社
株式会社日立建機カミーノ
株式会社日立建機教習センタ
株式会社日立建機ティエラ
日立建機日本株式会社
日立建機リーシング株式会社
日立建機ロジテック株式会社
株式会社日立建設設計
株式会社日立公共システム
日立交通テクノロジー株式会社
株式会社日立国際電気
株式会社日立国際ビジネス
株式会社日立国際八木ソリューションズ
株式会社日立コンサルティング
日立コンサルティング・グローバル・サービス・ジャパン株式会社
日立コンシューマ・マーケティング株式会社
株式会社日立産機システム
株式会社日立産機ドライブ・ソリューションズ
株式会社日立産機中条エンジニアリング
株式会社日立産業制御ソリューションズ
株式会社日立サンロッカーズ
日立サンロッカーズ

日立GEニュークリア・エナジー株式会社

株式会社日立システムズ
株式会社日立システムズエンジニアリングサービス
株式会社日立システムズネットワークス
株式会社日立システムズパワーサービス
株式会社日立システムズフィールドサービス
株式会社日立情報通信エンジニアリング
株式会社日立情報通信マニュファクチャリング
日立住友重機械建機クレーン株式会社


株式会社日立総合経営研修所
株式会社日立総合計画研究所
株式会社日立ソフテック
株式会社日立ソリューションズ
株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
株式会社日立ソリューションズ・サービス
株式会社日立ソリューションズ西日本
株式会社日立ソリューションズ東日本
日立ターミナルメカトロニクス株式会社
日立多賀テクノロジー株式会社
株式会社日立超エル・エス・アイ・システムズ
株式会社日立テクニカルコミュニケーションズ
株式会社日立テクノロジ-アンドサービス
日立電線ネットワークス株式会社
日立電鉄交通サービス株式会社
日立電鉄タクシー株式会社
日立電鉄交通タクシー
日立電鉄交通サービス株式会社(ひたちでんてつこうつうサービス)は、バス(路線、高速、観光)事業・国内旅行を対象とした観光事業・公用車運行の請負を中心としたサービス事業の3本柱に加え、グループ会社として日立電鉄タクシーを傘下に収め、交通業に特化した事業を運営している。
茨城県に鉄道路線を持っていた日立電鉄のバス事業部門の承継を目的とした完全子会社として1999年(平成11年)3月に日立電鉄バスとして設立された。日立製作所傘下の企業である[2]。本社所在地は茨城県日立市千石町2丁目14番10号である。バス保有台数は114台(2015年3月現在)。
現在は乗合バス事業、貸切バス事業、旅行業、不動産事業、ビル管理業、労働者派遣業等を行っている[1]。路線バスの営業範囲は、日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市。
日立市や高萩市周辺と東京や東京ディズニーリゾートを結ぶ高速バスや、羽田空港・成田空港のアクセスを担うリムジン路線も運行している。
常陸太田市(常陸太田市民バスの一部)、高萩市(高萩駅東地区バス)、北茨城市(北茨城市地域巡回バスの一部)のコミュニティバス運行も受託している。

日立投資顧問株式会社
株式会社日立ドキュメントソリューションズ
株式会社日立ドキュメントプリンティング
株式会社日立ニコトランスミッション
株式会社日立ハイシステム21
株式会社日立ハイテク九州
株式会社日立ハイテクサイエンス
株式会社日立ハイテクサポート
株式会社日立ハイテクソリューションズ
株式会社日立ハイテクノロジーズ
株式会社日立ハイテクファインシステムズ
株式会社日立ハイテクフィールディング
株式会社日立ハイテクマテリアルズ
株式会社日立ハイテクマニファクチャ&サービス
株式会社日立博愛ヒューマンサポート
日立バッテリー販売サービス株式会社
日立パブリックサービス株式会社
日立バルブ株式会社
株式会社日立パワーソリューションズ
株式会社日立パワーデバイス
日立ビークルエナジー株式会社
株式会社日立ビルシステム
株式会社日立ビルシステムエンジニアリング
株式会社日立ファルマエヴォリューションズ
株式会社日立フーズ&ロジスティクスシステムズ
日立フェライト電子株式会社
株式会社日立物流 *
日立埠頭株式会社 *
株式会社日立プラントコンストラクション
株式会社日立プラントサービス
株式会社日立プラントメカニクス
日立プロキュアメントサービス株式会社
日立ヘルスケア・ビジネスサービス株式会社
株式会社日立ヘルスケア・マニュファクチャリング
株式会社日立保険サービス
日立マグネットワイヤ株式会社
株式会社日立マネジメントパートナー
日立三菱水力株式会社 *
日立水戸エンジニアリング株式会社
株式会社日立メタルプレシジョン
日立メディカルコンピュータ株式会社
株式会社日立ゆうあんどあい
株式会社日立ライフ
株式会社アイイーソリューションサービス
秋田昭和産業株式会社
朝霞・三園ユーティリティサービス株式会社
アラクサラネットワークス株式会社
株式会社アルキャスト
IGNIFY JAPAN 合同会社
株式会社茨城テクノス
HCPプロダクト株式会社
株式会社エッチエスサービス
株式会社エポリードサービス
株式会社エレケア
株式会社オートテック
株式会社沖縄日立
沖縄日立ネットワークシステムズ株式会社
関西日立株式会社
株式会社関東エコリサイクル
株式会社関東日立
株式会社九州テクノメタル
株式会社九州日立
株式会社九州日立システムズ
クラリオン株式会社
クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社
クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス株式会社
株式会社KCM
五井コーストエナジー株式会社
神戸学校空調サービス株式会社
株式会社国際電気セミコンダクターサービス
国際電気テクノサービス株式会社
株式会社五洋電子
株式会社サガテック
株式会社産機テクノサービス
株式会社四国日立
株式会社四国日立システムズ
株式会社静岡日立
静岡日立冷熱株式会社
新東北メタル株式会社
株式会社セイタン
株式会社セキュアブレイン
高尾山観光開発株式会社
多田機工株式会社
株式会社中国日立
東京エコリサイクル株式会社
東日京三電線株式会社
東北ゴム株式会社
株式会社東北日立
浪江日本ブレーキ株式会社
浪江日立化成工業株式会社
株式会社新潟日立
株式会社新潟マテリアル
株式会社ニコテクノス
日木産業株式会社
日和サービス株式会社
日化トウチュウ株式会社
日本ブレーキ工業株式会社
NEOMAXエンジニアリング株式会社
株式会社NEOMAX九州
株式会社NEOMAX近畿
パレネット株式会社
パレネット2017年4月28日

株式会社ハロー
株式会社ビルケアスタッフ
株式会社ビルケアビジネス
株式会社北陸日立
株式会社北海道日立
株式会社北海道日立システムズ
北海日立電線機販株式会社
株式会社三重日立
水戸エンジニアリングサービス株式会社
株式会社真岡テクノス
株式会社山岸エーアイシー
ゆうばり麗水株式会社

夕張市 全道初のPFI浄水場を受渡
2016年07月07日
 夕張市は6月30日、北海道で初めてPFI事業で施設更新を行い、平成27年5月から供給を開始した旭町浄水場、清水沢浄水場について、PFI事業者で日立プラントテクノロジーグループの構成企業4社が出資するSPC「ゆうばり麗水」から受け取る受渡式を旭町浄水場で開催した。事業方式は、ゆうばり麗水が建設し、所有権を同市に譲渡、運転維持管理を同社が行うBTO方式。両浄水場はともに凝集沈澱+膜ろ過方式で、供給開始後、旧浄水場の解体や、周辺設備などの整備が進められていた。



日立は多角化しすぎてワケガワカラナイヨwww
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック