FC2ブログ
 

<米国株アメリカ株テクニカル分析ブログ>ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、運輸株、エリオット波動、乃木坂、北野日奈子、九州のブログ

酷い企業HP・SNSの特徴

売れない企業HPで気付いた特徴


読みにくいデザイン
サイト名に企業名だけ
新着情報が更新されていない(あれ?この会社つぶれてね、最終更新日2007年ww)
商品の用途が書いてない
口コミは良いことのみのせる
「早い!スピード対応」など言葉が曖昧(今の時代常識だろ)
HPのトップページに連絡先を乗せないHPはクソ特にSBI証券お前だm9(・∀・)
社長の飯ブログ&ホテル紹介ブログ
SNSをやたら使うが全て中途半端
いらんページがポップアップする
ヘッダ画像がスライドしたりフェードして切り替わる
画像が多く重い(ページを開くのに時間がかかる)


読みにくいデザイン
色々な演出を使いたいのはわかりますが、読み安さを重視しなければ楽天とアマゾンみたいになります
凝りすぎて読みにくいデザインは一部の見込み客には響くかも知れませんが、万人受けはしません。

差別化させるためや、個性を出すために奇をてらったデザインにするのは見た人にはネガティブです。デザインはシンプルにしましょう。
1.サイト名が企業名だけ

Google検索エンジンは検索結果を、サイト名に含まれるキーワードを一つの参考として、表示します。

例えば、「健康食品 福岡」というキーワード検索の結果には、「健康食品」と「福岡」をキーワードとしサイト名に含まれているサイト順に表示しますから、。

企業名で検索する見込み客はあまりいないです。なので、サイト名に見込み客が使いそうな検索キーワードを含める必要があります。そうしないと、見込み客の検索に引っかからず見込み客をサイトに呼べません

例を出せば、健康食品の会社なら「やわたのブルーベリー」のようなかんじでないといけません
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
新着情報が更新されていない

新着情報はとても大事です。どのくらい大事かというと、ホームページやSNSにとっての命とも言えるくらいです
更新頻度は短ければ短いほど良く、常に勢いが有るように見せなければいけません
新着情報が更新されていないHPやSNS、フェイスブックは「この企業はまだあるのかな?」と不安を与えます

コレはとても大事なことです



個人のサイトでも最終更新日が数年前のまま止まっているサイトをみる事があります。そもそも何年もほったらかしにしている企業サイトでは、質問や問い合わせに対して躊躇することは間違いありません。

上場企業サイトの担当者もしくは大手の企業のIT担当者は、ほとんど常に「検索順位があがらない」「どうしたら見てもらえるのか」を考えています

実際、ソフトバンクやトヨタ、花王、日産なども、日本ではみんな知っているような企業、製品であるにも関わらず、
日夜ネット、テレビ、ラジオ上で広告を繰り広げています

これから大事なことをいいます

肝に銘じてください

「名前を知られていない企業は存在していないのと同じ」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
商品の用途が書いてない

よくメーカー系の企業で有るのですが、何か知らんが金属部品を「自社製品」と書いて画像を乗せているHPが有るのですが、あれは良くないwww

どうしてかというと、HPは自社のパンフレット的な役割も有るからです

例えばその商品を買おうとする潜在顧客以外にも、就職活動でたまたま見た大学生・高校生、それから地域の企業を取材している新聞社、業界紙記者、雑誌社、テレビ局、そして融資してくれる銀行の人みんな見るわけです

そんな人達が、HPを見たときに、こんな画像見せられたらどう思います?

2017年4月25日12時33分

は?

てなりますよね?

嘘はダメですが、「私たちはこんなとこに使われるこんなものを作っていて、とてもすごいことをしている」と、
錯覚してくれるくらいの説得力がHPには必要です

従業員の親が子どもの会社について調べた時、素人くさいHPだったら「この会社大丈夫なの?」と思いますwww

実際、HPは頻繁に作るものではないので、いざ作るならガツンとかねはらって、ちゃんとしたものを作るべきです

HPは自社ビルと同じくらい大事なものなのです
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「お客様の声」に良い事のみのせる

Amazonがここまで大きくなれたのは「レビュー」の存在が欠かせません

本来買い物は手にとって自分で重さや質感を確かめるものです

実際、インドの香辛料市場では、サンプルを齧ってから買います

現代ではその代わりに、「レビュー」を見ることで買い物します、ちなみにネットの調査では、
日本人はネガティブなレビュー(あらさがし)を見て、アメリカ人は星5つから見ていくそうですwww

かといって自分の商品のAmazonページにレビューを書き込むのは辞めといたほうがいいですね、
明らかに「こいつ内部のひとだろ?」みたいなレビューがありますしwww
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「早い!スピード対応」など言葉が曖昧

日本人はなんでこんな忙しくなったんでしょ?

昔が懐かしい、しかし今はグローバリズムとスピード化の時代です

「スピーディ」「どこよりも安く」「親切丁寧」などの曖昧言葉は閲覧者(潜在顧客)の購買意欲を動かすのに殆ど役立ちません。むしろ、曖昧なだけで良い事ばかりを書いていると胡散臭く感じます。

時間の速さを伝えたいなら、「関東地方なら24時間対応可能」とか「納期に自信ありますご一報ください090-0000-0000」と書くと好印象です

更にこれだけではまだ不十分です。なぜなら、比較対象がないため、見込み客は「依頼後24時間以内の対応」が速いのか遅いのかの判断が出来ないからです。

なので、携帯電話会社がよくやっているように、他者と比較するといいと思います


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
HPのトップページに連絡先を乗せないHPはクソ特にSBI証券お前だm9(・∀・)

業種によっては、一刻も早く連絡を取りたい会社というものがあります

例えばクレジットカード会社、それから銀行、そして証券会社

大金を扱うのだからなおさらで、連絡先が見つからないと、PCの画面ぶん殴りたくなる♡

それはどんな企業サイトかと言うと、SBI!SBI!SBI!そう、SBI証券みたいな糞サイトの運営者だ

「電話で問い合わせをするにはどこにかければいいのか」「SBI証券カード落としたらどうすればいいのか?」「サイト上でも、問題が解決できなかった時どこに連絡すれば?」が、一瞬で見つけられないHPはもれなくクソ、漏れたクソですwww

サイト利用者に最終的にとってもらいたい行動を明示しておかないと、サイト利用者は何をすれば分からず、顧客満足度を著しく低下してしまいます。

何しろ数十万〜数千万のお金がかかっていると人間は攻撃性が増しますそんなときに期待を裏切るともうアウト

実際、私は以前のトラブルの結果、SBI証券の利用を最低限にしています

では具体的にどのようにすれば良いかというと、「トップページに連絡先をでっかく乗せる」コレにつきます、サイト訪問者は何をすれば良いのかなにを考えるのかを相手の立場になって考えましょう。

またこれらのボタンは一般的には、緑色やオレンジ色の方がサイト訪問者の反応が良いと言われています。しかし、サイト全体の色彩とのバランスは考える必要はありません。要するに、ボタンは目立つ色と大きさでメインコンテンツ中の目立つ場所に設置する事がポイントです。

さらに言えば、連絡を取ってもらいやすくするべきです

本当はアップルのように、客同士で問題を解決するコミュニティページみたいなのが最高ですが、
そんなん無理なので、Q&Aページ、メールアドレス、問い合わせ先の電話番号を乗せておくのがベターでしょう

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社長の飯ブログ&ホテル紹介ブログ

「今日は島根県境港に来ました〜」「石川県に来ました〜」「三重県四日市に来ました〜」「生牡蠣食べました」「沖縄料理大好き」のような社長ブログは、企業サイトを売上に繋げるためにクソの役にも立ちません。

社長の飯ブログホテル紹介ブログほど、社員の団結力を削ぎ、忠誠心を下げるものはありません

特に空港ラウンジ利用や、海外での食事、ホテルの部屋の紹介ブログですwww

特に中小企業の社長、もしくは個人事業主のブログに多いかと思うのですが、
何しろ、社員も見ますよ?それm9(´;ω;`)

あなたのクソ会社の為に、日夜家庭を犠牲にして(もしくは家庭すら持てずに)、働く従業員たちがそれ見たらどう思うと思います?

どうせ最低賃金すれすれで、事務の女の子なんか月給15万円とかしか渡してないんじゃないの?

そんな中社長だけワインだ、雲丹だ、大阪のリッツカールトンのルームサービス、ミニバーだ、とかやってたらそらアンタ、
忠誠心なんて蒸発しますよ?

「今週はタイに行きます〜」とか「香港はね、ココがうまいんだよ」とか社長のブログに書くべきじゃないですね

あと、政治家に多いのが主義主張一切無しで、「愛媛県に行きました〜」「〇〇大臣に会いました」「地域の〇〇大会に参加しました」とかいう日記、これはまじでしょうもない

やるだけ無駄

なぜなら結局、HP、ブログ、SNSは意見を言うもの、もしくは知ってもらうためのものであって、日記なら
鍵の付いた素敵なものがAMAZONで買えるから、それに書いておけば良いのだ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SNSをやたら使うが全て中途半端

私の今のおすすめの個人店集客方法は、グーグルマップだ

というのも、無料なのに、有効活用している店舗はかなり少ないからだ

まず重要なのは、他の街から来た人は、多くの場合、ぐるなびか、グーグルマップを開く率が極めて高い

この時、ぐるなびで店を探すが、道案内はグーグルマップを使う、というところが極めて大事だ

グーグルマップは、店の情報に、ウェブサイトを登録できるのだが、
コレをしていない店が非常に多い

「やれ、絶対!」

上手くやれば、他の店を探していた空腹な腹ペコ達を心変わりさせることができるかもしれない

実際、GOOGLEMAPのお陰で店の外観までは見れても、内側、メニューはわからない
そんなときにHPを見せて、メニュー価格を確認してもらうわけだ

2017年4月25日13時28分

そして、問題はSNSを更新しないことだ

よく政治家などであるのだが「当選したらFACEBOOKの更新をやめる」これはよくないwww
政治家は良かれ悪かれ情報発信をしないといけないのに、当選したら更新は終わりwww

酷い奴らだ

同じように、企業も、アカウントを作ったからには、時々更新しないといけない


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いらんページがポップアップする

ポップアップほど人を苛つかせるものはないwww

海外サイト(Tripadvisorとか)でよくあるのがポップアップだ(けしてエロサイトではないぞwww)
これはせっかく開いても、ただの宣伝だったりするから閉じるの面倒くさいからかなわん

しかも一瞬も見ずに閉じることがよくある

結局、Youtubeの広告動画と同じで、興味がなければ見られないのだ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
画像がでかすぎる

これは私もよくやってしまう[ごめん]

なにしろコピーアンドペーストの時代だから、サイズ調整なんかめんどくさいんだもん(´・ω・`)

でも、特にアイフォンとかで見ているときに、でかい画像の読み込みはめんどくさいね

特に最近ある上半分とかで動画が始まるやつ

俺は漢だ! くにおくんかな?

閲覧者のデータ通信量まで考えるのがいいホームページ運営と言える


<最後に>

良いホームページの定義は何でしょうか?

それはわかりません

でも一つだけ言えることがあります、それは「知りたい情報をすぐ見つけられる」これにつきます



関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック