FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

アメリカの企業のプロモーション動画スゲー アメリカ株と就職とミニオンズ 

今年の高校生の就職率はここ数年で最高らしい、
ニュースでは売り手市場と言っていたが、単なる少子化だろと、私は皮肉を言う
2017年3月3日位mz

今回はアメリカの企業のプロモーション動画を見て、いかに「カッコイイ企業イメージ」を作るかについて考えてみよう

なぜ、この記事を書こうかと思ったかというと、映画「ミニオンズ」を見たからだ、知らない人のために書いておくと、
ミニオンは怪盗グルーのミニオン危機一発に出てくる、黄色くて小さくてゴーグルをした可愛い生物のことだ



彼等は人類が生まれるはるか昔から、強いボスを探していて、単細胞生物に始まり、恐竜、クマ、原始人、エジプトのファラオ(プトレマイオス)、吸血鬼、ナポレオンに着いて回っていた

彼等は常に強いボスについていく習性がある




さて、私たちはミニオンをみて馬鹿だなぁと笑うが、現代の人間がやっている事は実はミニオンズとあまり変わらない

つまり「強い人についていく」「大きい会社に入りたがる」というものだ


1説によると、世の中の全産業の7割は景気の動向に業績が左右され、自力の努力はあまり関係ないそうだ

残りの3割は何かと言うと、食品農業分野、公務員などの公共サービス、電気ガスなどの公益企業

それに私たちの多くは時代の波に逆らえるほど賢くもないしイケメンでも美女でもない

だから、私達も「強いボス」を探さなくっちゃ!

ということで、動画のはじまりはじまり~

全画面推奨



1つ目はチェサピークエナジー、チェサピークエナジーはオクラホマの天然ガス会社で、
残念ながら今は株価は下落しているが、1時期はすごかった(のよ)

この動画は今のアメリカの動画制作の基本に則って作られている模範的な動画だ

つまり

1)人種をごっちゃにして出す(白人、黒人、メキシコ)
2)子どもを配置してフレンドリーな雰囲気を出す
3)現場と事務所の映像を交互に出す
4)美辞麗句を並べる「アドバンス(前進)」「グロース(成長)」「プログレス(進歩)」
5)やたら「We」を使う


ということだ

次は資源メジャーVALE


なんか植物の成長、従業員の笑顔、デカイ鉱山機械が印象に残る動画だ
スケールが大きいことをしているんだなぁと思った
肝心の株価は上昇トレンドの最中

で、次は鉄鉱石メジャーのRIO(リオ・ティント)



「僕たちはこんなにたくさんの金属を掘ってます(ドヤア」な感じの動画だ

スケールでけー

ちなみにRio Tintoはオーストラリアの会社だ

動画に出てくる小松のトラック(960E1)は1度に330tもの鉱石を積めるお化けトラックだ

動画には色んな人種も出てくる



さて、ここで日本企業の広報動画もみておこう

日本の資源企業代表は出光だ!


お、おじさんたち、どうして誰も笑ってないの?

出光興産で働くと笑顔を奪われるの?

口がへの字口になって、なんか思い詰めているの?

しかもカメラマンが悪いのか演出なのか知らないけど、ブレすぎだろ、船の上かwww

全然楽しそうじゃねえwwwwかっこよくない

1つ目の動画のチェサピークエナジーの社員みたいに始業前に朝からサッカーとか絶対しないんだろうな「出光人」て…

こんな会社入りたくないよぉwww

おしゃ、次は銀行、JPモルガンとGS、日本からは三井住友と三菱東京UFJ銀行だ!



はい、また出た、この人種を色々出すやつwww

プロモーションで黒人を出すのはもはやお約束なのだろうか?
しかし、JPMチェースの取締役には黒人は一人も居ないということを私は明記しておこう

これは事実ではなくプロモーションなのだ

そして高層ビルのまどから外を眺めるシーンはまさに木の上から獲物を狙う猛禽類だ

次はGS(ゴールドマン・サックス)


はいはい出ました「ダイバーシティ(多様性)」アピールwww

もうお決まりのパターンだね

黒人、アジア人

そしてGSではインド人まで出してきた

そして後半は社会貢献活動やってますよアピール、うーん、リア充



さあ、次は三井住友だよ!



なんのコメントもできないクソ動画www
これに金払った三井住友の広報マジ無能www
明日の扉を開く前に広報の奴らのクビを切り落とせwww

さあ、次は三菱東京UFJ銀行だよ!



みたまえ、コレが三菱東京UFJ銀行の体質そのものだ、
「保険」「資産運用」「相続」のプロを読んだつもりが、なぜか同じ阿部寛が出てきて、「プロ」と言い張る

つまり、「同じ人間に何でも売らせる」というのが三菱東京UFJ銀行のやり方であり、
そもそもプロなんて居ないのかもしれない

そして日本の大手2行に共通するのは、従業員が1人も出てこないこと


さあ、次は小売業

アメリカがウォルマート、日本はイオンにしとこう





新鮮なりんごはこいつらが作ってます、納得行かなきゃ100%返金保証がテーマだ
やたら水滴を付けてるのがしつこい演出だが、いいと思う

次はイオン

と思ったけど、そもそも公式動画すらなかったOTZ

さすが伊勢商人、ケチだwww

さあ、次はファストフード

まずはアメリカのハンバーガーの代名詞

マクドナルドだ


これはまた、マクドナルドの主要顧客である貧乏人に照準を合わせたCMだwww

次はシェイクシャック


オバマ大統領は卑怯だろwww
しかもアメリカ人やたら並んでるけど、シェイクシャックのバーガーて食戟のソーマみたいに麻薬でも入っとるんけwww

さあ、日本からはモスバーガー


中国語が多少わかるのだが、どうも訳が変だ、せっかく褒めてくれているのに和訳しきれていない

食べてる2人の意見を訳しきれていない


もうだるいから最後は保険会社の比較で終わろう

アメリカからはトラベラーズ
日本からは東京海上だ

トラベラーズのCMは黒人女性がメガネを届けようとするが災難に巻き込まれるというもの


安く、早く、よりよくを連呼してるが、倉庫がぶっ壊れてさあ大変

だけどなんとかみんなにメガネを届けられた

このCMでは黒人、子ども、美辞麗句パターンを用いている


次は東京海上日動火災保険



はいきました、説教系wwww
ほんとこのパターン嫌い

中島みゆきの曲を聞いてる気分になるwww鬱になるわwwww

しかも、これって損害保険会社のCMとしてふさわしくないよね?
安心感も守られてる感もない


さあ、どうでしょう?

オフィシャル動画は企業のイメージづくりに大きな役割を果たします

日本企業のように子ども出しときゃOKなんてCMならダサないほうがマシです

皆さんも、興味がある企業の公式動画を確認して見てください(^ν^)面白いですよ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック