FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

あの鐘を鳴らすのはあなた NYSEの始業ベルには意味がある NYSEの秘密 和田アキ子じゃないよ

今日はニューヨーク証券取引所であるNYSEの豆知識について


NYSE(ニューヨーク証券取引所)には象徴的な舞台がある、それは、時々ニュースで出て来るあのシーンの舞台だ


今日 午後8時42分
   ↑ココ

このハンマー持ってる人の下にあるベルが「FREED THE BELL」

ようは、「始業(取引開始)ベル」「就業ベル」

この始業ベルには3つの思想が込められているそうだ、拙い文章だが、和訳してみる、本文も貼るので不明な点は自分で和訳してほしい


Tom Farley, NYSE Group President   NYSEグループ 社長 トムファーレイ

Over the past two years, we’ve been hard at work at the NYSE completing a top-to-bottom renovation of the building to benefit the many and varied people that visit our landmark building.
この2年間、私たちはNYSEビル全体の改装に熱心に取り組み、NYSEビルを訪れる多くの多様な人々の利益になるように改装しました

One of the most visible renovations is a complete redesign of the NYSE Bell Podium.
最も目につく改装はNYSEBELLの演壇の再設計です

For more than 100 years, the iconic NYSE Bell used for our daily Market Open and Market Close ceremonies has been hidden from view,
100年以上NYSE Bellは取引開始と取引終了の毎営業日のセレモニーに使われましたが、見えないところにありました

so an important part of the project was to move our bell to a more prominent place in keeping with its historical importance.
この計画の要点は、ベルをもっと目につく場所に動かし重要な歴史を守ることです
We referred to the unveiling of our new bell as the “Free the Bell” project.
私たちは私達の新しいベルを「Free the Bell」と呼びます

As we celebrate the start of a new year, and our 225-year history, here are my thoughts on the significance of the NYSE Bell:
私たちが新しい年の始まりと私たちの225年の歴史を祝うとき、NYSEベルの意義に関する私の考えは次のとおりです:


1) THE NYSE BELL SYMBOLIZES FREE ENTERPRISE
NYSEベルは自由な企業の象徴
The capital markets are an integral part of the birth and development of our global economy.
資本市場は、世界経済の誕生と発展の不可欠な部分です。

The NYSE is proud of its 225-year history of contributing to that development by helping companies raise capital to fuel innovation, fund growth and create jobs.
.ニューヨーク証券取引所は、企業がイノベーションを促進し、成長資金を調達し、雇用を創出するための資金調達を支援することにより、その開発に貢献した225年の歴史を誇りに思っています。

We consider free enterprise the greatest good the world has ever known.
私たちは、自由な企業が世界がこれまでに知っていた最大の利益を考えています。

People and companies look to the NYSE to build the future, and there are many examples throughout America’s history from Henry Ford mass-producing the automobile, Alexander Bell revolutionizing communication, to current innovators like Jack Dorsey, Jack Ma, Meg Whitman, Indra Nooyi and hundreds of others that listed with the NYSE to fuel ideas that continue to change the world
人びとと企業群はニューヨーク証券取引所を通して将来を見据えており、彼等の中からヘンリー・フォードの自動車大量生産、Alexander Bellの通信革命、最近の起業家では、Jack Dorsey(ツイッター)、Jack Ma(アリババ)、Meg Whitman(ebay)、Indra Nooyi(ペプシコ)、そして数百のNYSEのアイデアが世界を変え続けていきます

2) CELEBRATING THE HISTORY OF THE NYSE BELL IS THE PERFECT WAY TO KICK OFF OUR 225TH ANNIVERSARY
nyseベルの歴史を祝うことは、225周年記念を祝うのに採用のやり方です


Our history dates back to the Buttonwood agreement in 1792, when 24 stockbrokers signed the New York Stock Exchange (then called the New York Stock & Exchange Board) into existence under a Buttonwood tree.
私たちの歴史は、1792年に24人の株式ブローカーがニューヨーク証券取引所(ニューヨーク株式&手形取引所と呼ばれる)にすずかけの木の下に存在することを要求したすずけけ協定にさかのぼります。
Buttonwood.png

The first bell, a Chinese gong, was brought to the NYSE floor in the 1870s with the advent of continuous trading.
最初のベル、中国のゴングは、1870年代にNYSEフロアに持ち込まれ、継続的な取引が行われました。

A brass bell later replaced the gong when the current NYSE building at 11 Wall Street opened on April 22, 1903.
1903年4月22日にニューヨーク証券取引所に上場されたニューヨーク証券取引所(NYSE)の建物が1903年4月22日に11番地にオープンした時、真鍮の鐘に取り替えられました。

We still use that same style brass bell today, and as of January 3rd 2017 it’s now showcased proudly from the front of the bell podium.The sound is so iconic that it was later trademarked.
現在も同じスタイルの真鍮の鐘が使用されています.2017年1月3日現在、ベルの表。その音はあまりに象徴的なので、後に商標を付けられた。

And in turbulent and uncertain times, the world takes comfort in the reassuring sound of our bell, such as the first trading day after 9/11 when the NYPD and the NYFD, along with Senator Schumer, then-Senator Hillary Clinton, Mayor Rudy Giuliani and Governor Pataki, rang the NYSE Bell to signal the world’s resilience and determination.
そして、乱暴で不確実な時代には、NYPD(警察)とNYFD(消防)が、シュメル上院議員、ヒラリー・クリントン上院議員、ルディ・ジュリアーニ市長そしてパタキ知事と一緒になって、9/11以降の最初の取引日は、世界の弾力と決意を示すべくNYSEベルを鳴らしました。
As we celebrate our 225th year, the historic NYSE Bell is a symbolic part of our past that we’re excited to take with us into the future.
歴史的なNYSE Bellは、私たちが225年目を迎え入れて以来、私たちの過去の象徴的な部分です。



3) OUR NEW BELL PODIUM REPRESENTS OUR TRADING FLOOR WITH THE CONVERGENCE OF HISTORY AND ADVANCED TECHNOLOGY

新しいベルの演壇が表すのは、私達のトレーディングフロアへの歴史と最新技術の収束です

As we take the NYSE into the future, we think it’s only right that we “free the bell” from its spot behind the podium and move it front and center.
ニューヨーク証券取引所を将来に向けて進めていくうちに、表彰台の背後にある「鐘」を正面と中央に移動させるのは正しいことだと思います。
In addition to relocating the bell, we’ve restored the marble wall and bell podium to its original luster while adding digital displays both on and below the podium.
ベルを再配置するだけでなく、大理石の壁とベルの表彰台をオリジナルの光沢に戻しながら、表彰台の上下にデジタルディスプレイを追加しました。
This renovation is symbolic of our 225-year history by combining the historic nature of the NYSE with modern, advanced technology - the same components of our unique, high-tech / high-touch market model.
この改装は、ニューヨーク証券取引所の歴史的な性質を、現代的で先進的なテクノロジー、すなわち独自のハイテク/ハイタッチ市場モデルの同じコンポーネントと組み合わせることによって、当社の225年の歴史を象徴しています。
With a robust pipeline of IPOs already slated for 2017, we look forward to welcoming many innovative new companies to the NYSE to experience the unique feeling of ringing the NYSE Bell from our brand new podium at the center of the global financial markets.
2017年に予定されている堅調なIPOパイプラインにより、ニューヨーク証券取引所に多くの革新的な新会社を歓迎し、NYSE Bellを世界の金融市場の中心にある新しい表彰台から呼び起こすユニークな感触を体験していきたいと考えています。

     #FreeTheBell



つまり現在のNYSEのベルは

1)自由な企業の象徴で
2)225年周年の記念
3)歴史と最新技術の象徴


という3つの理念を意味しているわけだ
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック