FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

レジ袋 東京都が小売業を殺しに来た

速報 > 社会 > 記事
レジ袋の無償配布「ゼロ」へ 東京都、20年までに
2016/12/19 20:17日本経済新聞 電子版

 東京都は小売店で配布されるレジ袋の無償配布をゼロにする目標を掲げる。近く発表する中期計画「2020年に向けた実行プラン」(仮称)に盛り込む見通し。小売りの業界団体などに協力を要請し、17年度にもレジ袋の廃止や有料化などに向けて協議を始めたい考え。消費者にはマイバッグの持参を改めて呼びかける。


役人てなんで役に立つアイデアを出さないんだろ?

毎度毎度現実と乖離したことばっかり提案してくる

役人のせいで日本の産業が衰退していると言っても過言ではない(建築基準法など)が今回もそうだ

全くイカれてる

サービス残業や違法献金、原発事故の放射能汚染は取り締まらないくせに

ユッケやこんにゃくゼリーは取り締まるのが日本の行政というものだ



今回のレジ袋廃止、有料化は小売業には非常に悪影響だ

外資であるアマゾンに加勢しているように私には感じる
というのも、ただでさえリアル店舗は安さの面でアマゾンに遅れを取っている
そのため、買い物が不便な都内は特に通販に頼っている傾向がある

実際、私の親戚も子どもが居るからスーパーマーケットまでいかず、配達を頼んでいる

配達ではその日の特売商品を買うことは出来ないが、便利さがそれを上回っているのだ、
米国ではすでにウォルマート、ターゲットが店舗取り置き、ドライブスルースーパー、自宅配送という多段構えで
Amazonに対抗しようとしており

日本でも今後この流れが加速していきそうだ

これまで日本ではレジ袋有料化の流れがだいぶ浸透してきたが、
店からすればレジ袋のコストを顧客添加できるから良いが、客からすればレジ袋を持ち歩かないといけなかったり、
袋を節約するために商品をむき出しで持たないといけないという面倒さが伴ってきた

今後レジ袋が廃止と有料化が進めば、小売店の売上高は下がると思う

なぜなら「エコバッグに入る分しか買わなくなる」からだ

「レジ袋を買うのが良くない」という風に消費者が考え始めてしまうと、エコバッグに入る分までで買い物をする
するとこれまで消費者がしてきた「ついつい買いすぎる」というのが無くなれば、結果的に消費の総量が減ると考えられる



こんなことを税金を使って推進するなんてホント馬鹿げてる、納税企業からすれば「お金払って自分の首を絞めてる」ようなものだ


コレを決めた役人たちは一体、月何回スーパーマーケットに行くのか?月何回自分で料理をするのか?
市民生活から乖離している役人は市民生活に口を挟むな

規制する側が、そのことをしたことがないなら規制するべきではない
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック