FC2ブログ
 

米国株テクニカル分析ブログ ソシアルアドバンテージ 香港株、米国株、エリオット波動のブログ

冒険心を失った資本主義国は衰退を免れ得ない ヴェネツィア ベニス

ヴェネツィア、それは「地中海の宝石」「アドリア海の女王」と呼ばれたアドリア海沿いの干潟に作られた臨海都市である

アジア地域からの物産を中東から運ぶことで富を蓄え始め、ワイン、オリーブオイル、武具、ギリシャ語の本、ガラス製品、織物などの生産によって富を蓄えた

そもそもヴェネツィアが興ったのは争いから逃れて湿地帯に逃げてみたら意外と過ごしやすかったというのがヴェネツィアの町の始まりであるので、ヴェネツィアの運命はいつも陸上ではなく海上にあった

そのころの地中海は帆と櫂を併用するガレー船、ガレアス船を用いた交易が行われており、
風があるときには帆を張ってないときは手で漕ぐやり方で航海していた

なぜ帆船じゃないかというと地中海はヨーロッパ大陸とアフリカ大陸の内海なので季節によっては無風状態の凪が数日も続くのだ

ヴェネツィアがライバルのジェノバやアマルフィに勝っていたのはアクセスの良さだ

アマルフィやジェノバと違い、ヴェネツィアはヨーロッパの中央部(ミュンヘン、ウィーン、ミラノ)にアクセスしやすい位置にあったのだ
イタリア平成28年12月19日

さらに争いから逃げてきた人たちが選挙で総督を選ぶことで、他のイタリア沿岸の都市国家に比べて平等な(当時の基準で)考え方が広まった


この平等というのが意外と大事で、後のオランダ王国や大英帝国、フランス共和国、アメリカ合衆国が発展したのはプロシアやロシア帝国、オスマン帝国に比べて個人の平等に関する意識が高く、契約に対しての責任感が高かったからである
つまり、経済上の問題で、自分の意志で契約したことを守らないと損をする社会だったのだ

逆に経済上平等でなく、一握りの金持ち(封建領主、貴族、聖職者、商人)とその他の農奴しかいない社会では、
しばしば戦争のために年貢は上がったり家族を兵士に取られた
職人の給与も日払いだし、サービス業もチップ制なので責任感や連帯感などは持てないので契約の概念を持ちようがない
さらに商人は貴族や王に貸した金をしばしば踏み倒されたりしたので、契約なんてあってないようなものだった
契約とは貴族同士の「贅沢品」だったわけだ

平等主義は船の中にも持ち込まれていて、オスマン帝国ではガレー船を漕ぐのは奴隷の仕事だった、ジェノバでは漕手は航海ごとに給与を受け取った、しかしヴェネツィアでは漕手は自分用の貨物スペースを与えられており、自分が目的地で売りたいものを持ち込むことが出来た
そして自分の貨物で儲けるには早く目的地に着くことが大事だったので、漕手のモチベーションが高かった

ヴェネツィアでは殆どの人が交易に対して関心を持っていた
そして、ヴェネツィアの船は戦時には交易船が戦闘艦になったつまり牛革を張って火矢を防いだり大砲を装備して戦ったのだ
ヴェネツィアが平時に持っていたたくさんの貨物船は戦時にはそのまま海軍になった、だからこそ、
海上の貨物船優勢がヴェネツィアの繁栄を支え、ヴェネツィアの繁栄が海軍力や政治力の裏付けになったのだ

ヴェネツィアの繁栄は数百年続いたが、やがてその冒険心が尽きていく

海上の航海というのはGPSと天気予報、沿岸警備隊のヘリコプターの救助のない当時ほとんど運頼みみたいな仕事で、
嵐で船が沈むときにはどんな金持ちも貧乏人も平等に死ぬしかなかった


だからやがてヴェネツィアの中の金持ちたちは本質が変質していき、「海上貿易で儲ける」というやり方を捨て、ヴェネツィアに面するより内陸部の農地の所有者になろうとしていったのだ

海上での利益を捨て、農地からの配当を求めたのだ

こうして、危険だが儲かる海上貿易を捨て、農地所有者になってしまったヴェネツィア人は
やがて海上での覇権を失っていってしまった

もちろんそれはオスマントルコの強大化、アフリカの喜望峰航路の発見、イギリス、フランスの絶対王政の勃興という避けられない点が大きいが、「冒険心」を失ってしまったことが大きい

こうしてヴェネツィアは「地中海の主要国」の地位を失い、「イタリアの一部」「観光地」となってしまった


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このヴェネツィア(ベネチア)の衰退を日本企業に当てはめてみると、テレビ局なんかが当てはまる

80年代中盤のバブル経済のころ、テレビ局は我が世の春を謳歌していた

その頃テレビは最先端の放送手段で、全国の国民はテレビに群がっていたからだ

しかし今はそんなことは嘘だったかのようだ、テレビはどっかで見たような赤ちゃんハプニング映像や
動物ハプニング、ナショナルジオグラフィックの日本語吹き替えの動画でお茶を濁す
ひな壇番組が多すぎてひな壇じゃないやつを探すほうが難しいくらいだ

NTVのZIPなんかニュース番組なのにひな壇だ

TBSに至ってはテレビ局なのに不動産収入に頼って生活しているようなものだ

結局思うのだが、リスク(視聴者からのクレーム)を侵さないと儲からないというのが正しいのだと思う

リスクを犯さなくなった国(企業もか)は衰退するしかないのだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック